Windows 10 Mobile Insider Preview ビルド 10581公開。1週間に1度ペース。

 ありだと思います。(歓喜)

wp_ss_20151030_0002

 10/30 AM1時くらい?に、最新のビルドである「10581」が公開されました。今回はWP8.1にリカバリしなくても、そのままアップデート出来るようになっています。やったぜ☆彡

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 例によって、今回も公式ブログからBing翻訳を通して、更新内容をざっくり引用していくだけです。

•For devices upgraded from Windows Phone 8.1 like the Lumia 930, Lumia Icon, and Lumia 1520 that had the “Hey Cortana” feature – with this build “Hey Cortana” should work again in Windows 10. To make sure it’s turned on, just go to Settings > Extras > Hey Cortana.
(Lumia930、Lumia Icon、Lumia 1520が持っていた「丙、コルタナ」機能が再び動作するようになったよ。設定 > Exstras > Hey Cortana から) → (え、90やIconにそんな機能あったの……)

•You can now select photos for sharing through third party apps like Facebook, Facebook Messenger, Instagram Beta, WhatsApp etc.
(写真を共有するときに、FacebookやInstagram(β)などのようなサードパーティ製アプリから選択できるようになったよ)

•Battery life should be improved in this build. We fixed several bugs impacting battery life.
(バッテリーに悪影響を与えてたバグをいくつか改善したよ)

•We fixed an issue where you couldn’t choose some apps to show quick status on the Lock screen via Settings > Personalization > Lock screen.
(ロック画面に簡易ステータス表示を選択することが出来なくなってた問題を修正したよ)

•We’ve made improvements to text prediction and auto-correction.
(予測入力や自動修正を改善したよ)

•Video recording functionality has been improved.
(ビデオ撮影機能を改善したよ)

•Visual Voicemail sync should now work properly.
(ボイスメールの同期がちゃんと動くようにしたよ)

•We fixed the dual-SIM issues that appeared in Build 10572.
(ビルド10572で発生したデュアルSIMの問題を修正したよ)

•We fixed the issue found with Build 10572 where the Chinese Pinyin QWERTY keyboard stopped working after upgrading from Windows Phone 8.1 that our Chinese Windows Insiders reported.
(ビルド10572で、中国語のQWERTYキーボードが停止する問題?を修正したよ)

 

 こんなところでしょうか……。
 機械翻訳の内容から、更に私の補完を通しているため、どこまで正確かは不明ですが……。
 大きな機能追加はなく、バグ修正やレスポンス改善がメインとなっている模様で、いよいよ最終調整段階に入ってきたのかな?という印象を受けますね。そう遠くないうちにRTMとなると思われますので、細かい不具合もフィードバックツールでガシガシ報告して、ブラッシュアップに努めていきたいです。

広告

【速報】ジェネシスホールディングス、Windows 10 Mobile参入へ! geaneeブランドの「WPJ40-10BK/WH」を公開!【朗報】

 10/14にMSから Windows 10 Mobile メーカーの発表会があり、その場では6社(マウスコンピューター、FREETEL、サードウェーブデジノス、トリニティ、Acer、VAIO)とされていました。
 実はこのとき参考展示としてジェネシスホールディングスの端末も展示されていたようなのですが、取り上げておりませんでした。

 

んが!

 

 本日10/28、ジェネシスホールディングスは Windows 10 Mobile端末「WPJ40-10」を正式に発表し、そのスペック(一部)を公式サイトで公開しました!!

image

image

※画像は公式サイトより引用

 

 端末サイズは昨今では珍しくなった4インチと小型で、コンパクトに収まっています。4インチの需要は根強くあったため、これは嬉しいですね!

 主なスペックはCPU不明ながら(追記:PC Watch様の記事によればクアッドコア)も4インチのWVGAA、1GBのRAM、ストレージは8GBでSIMフリー、LTE対応(Band 1/3/8/19)。バッテリー容量は1,800mAhとのこと。また、本体だけで「白」「黒」の2色が存在し、そこにそれぞれ3色ずつのリアカバーが付属する模様。白の場合は「シルバー、ピンク、グリーン」で黒の場合は「ブラック、ネイビー、オレンジ」。そのうえに別売りで3色カバーを用意。な、なんという圧倒的カラバリ……!!

 具体的な発売日や価格は不明ですが、価格はPC Watchの記事の予想価格ですが12,800円の見込とのこと。(この価格の根拠は不明ですが) 訂正:プレスリリース内にて市場予想価格12,800円と掲載されておりました。失礼しました。

 

 

 6社でも歓喜してたところに7社目まで登場となり、いよいよ僕の財布がやばいことになりそうですが、発売時期などの続報に期待です!!

 

 

W10M最新情報

本日から開催の IT Week にて、サードウェーブデジノス製 Windows 10 Mobile 端末が実機展示される

 本日から千葉の幕張メッセにて開催される IT Weekの 第5回 スマートフォン&モバイルExpo 秋 にて、ドスパラを手掛けるサードウェーブデジノスの出展ブースに、Windows 10 Mobile端末「Diginnos Mobile DG-W10M」が展示されるとのことです!

 この端末が一般向けに公開されるのははじめてのことで、実際に手に取って端末をさわれるのであれば、数値としては公開されていない重さだとか厚さなどを、体感でですが調べることが出来ます。
 このイベントは商談イベントですので入場には登録などが必要です。幸いにして、僕は仕事がら入場チケットを持っていることと仕事的な余裕があれば参加予定だったため、チェックしてきたいところです。(ただ、展示会会場での写真撮影はメディア以外はNGだったような?なので、写真は撮れないでしょうけども)

 

 IT Week……実機展示…… うぅっ 、 頭が……

残念ながら違いましたね→本日27日、13時からFREETELが新製品に関する記者会見。KATANAクルー?

28日 追記:
 残念ながらKATANAシリーズではありませんでしたね。次の発表会に期待しましょう。
(追記ここまで)

 すっかり記事にするのを忘れていたのですが、23日にFREETELが公式メルマガを通じて伝えたところによれば、27日13時から記者会見を開くそうです。主題として「新機種の詳細と発売日・新サービスについてご案内」となっております。

 FREETELは先日、Androidの「MIYABI」などをリリースしたばかり。となると次はいよいよWindows 10 Mobileではないでしょうか!? KATANAシリーズの詳細と、そして発売日が発表されるのではないでしょうか……!?
 と、要注目な記者会見になりそうです。備えよう。

 尚、KATANAシリーズの一部スペックなどは公式ページから確認できます。過去記事でもやりましたが、おさらいとしてもう一度、スペックを引用しておきます。

 

◆KATANA 01

名称 FREETEL KATANA 01
OS Windows 10 Mobile
CPU クアッドコアCPU(詳細不明)
RAM 1GB
ストレージ 8GB
画面、解像度 4.5インチ IPS液晶
854*480
カメラ 裏:5MP 表:2MP
バッテリー 1,700mAh
寸法 不明
価格 19.800円

 

◆KATANA 02

 

名称 FREETEL KATANA 02
OS Windows 10 Mobile
CPU クアッドコアCPU(詳細不明)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
画面、解像度 5.0インチ IPS液晶
1280 * 720
カメラ 裏:8MP 表:2MP
バッテリー 2,600mAh
寸法 不明
価格 29.800円

FZ-E1、次期アップデート予告 ※

 ただしソースは英語サイトのみ。

 

 ここ最近、一気にWindows 10 Mobileの気運が高まりつつありほんわか気分な僕でしたが、ふと、MADOSMAの前の救世主、我らがFZ-E1はアップグレードどうなるんだろうと思いまして。何やらFZ-E1改(防爆仕様のやつ)が出るだとかなんとかそんなニュースなら見た覚えがあるんですけども、10になるかどうかはいまいちはっきりせず。

※余談ですが、ここで言ってる防爆ってのは爆発に耐えられるって意味じゃなくて、爆発の原因にならないという意味ですよ。具体的には、ちょっとした火花だけでも爆発が発生しかねないような危険な場所で、その火花を発生させたりしないように……という感じらしいです。

 閑話休題。

 何はともあれ、ネットでうろうろしているときにふとFZ-E1の海外向け公式ページにたどり着き、戻るボタンを押そうとしたのですが……

 

image

……ん?

 

image
>2015/10/23、の文字

 

 なん……だと。

続きを読む

Acerが日本で出すW10M端末はハイエンド「Jade Primo」と確定

image
※写真は PC Watch の記事からの引用

 10/21にAcerがAndroidの「Liquid Z530」の発表会を行いました。なんとその中で Windows 10 Mobileに関する話も出た模様で、Acerが開発中の Windows 10 Mobile端末「Jade Primo」のターゲットに日本も含まれていることを明言しました。

ソース:PC Watch 日本エイサー、ハイエンドWindows 10スマホを国内投入

 

 先日の記事では「恐らくこれ(Jade Primo)が来るんじゃないかなと思っています」なんてのんきに書いてましたが、本当は自信が無かったんですが、まさか本当に来るとは……!!

 

◆Jade Primo とは

image
※画像はWindowscentralの記事より引用

 9月のIFAにてAcerが披露した、Windows 10 Mobile端末です。この端末はかなりハイスペックになっており、CPUにはヘキサコアのSnapdragon 808、メモリは3GB、5.5インチの1920 * 1080な解像度をもちリアカメラは20MP、といった具合です。昨今のAndroidにも引けを取っておらず、よくある「Windows Phoneはスペックが低い端末しかない」という揶揄に真っ向から対峙できるレベルです。
※まあ皆さんご存知の通り、Windows Phoneはさほどスペックが高くなくてもサクサク動きますけども

 

◆本当に日本で出るとは……

 しかし、私はこれが日本で出るとは、本当は思ってませんでした。
 先日の記事で「これが来るんじゃないか」と書いていましたが、そのこころは「出たらいいねーうんでもどうせ日本では出さないよねーうん知ってる知ってるーでも期待するぐらいはいいよねー」といった感じで、期待半分あきらめ半分程度の気持ちでした。
 というのも、日本ではまだSIMフリー市場のニーズは小さいものです。徐々にその気運は高まってきているものの、全体から見れば2~3割程度のパイを、各社が奪い合っている状況だという記事を、先日読みました。しかもそのほとんどは「ロースペックだけど安価な端末」によって占められている、と。(SIMフリー端末という名前よりも「格安スマフォ」のほうがよく見かけるぐらいですからね)
 そんな、ただでさえ牌の少ないところに、ハイスペック機を出しても本当に売れるのでしょうか。
 もちろんスペックが高いほうがいいというのはそうですし、需要自体はあるでしょう。が、ハイスペックということは当然、値段も高くなります。3大キャリアのように割賦購入や2年縛りなどで実質負担額を抑えるといったことも難しく、手を出しづらいと考える人のほうが多いのではないでしょうか。

 しかしその一方で、Windows 10 Mobile端末であるならば、せめて1機種でもいいからハイスペック機がほしいと思っていました。理由はもちろん「Continuum」に対応するためです。
 ContinuumはWindows 10 Mobileの目玉機能の1つで、特にビジネス側から需要がありそうな機能です。(実際、周囲で気にしている人はそれなりにいました)
 ですが、動作させるには条件(CPUとか)があるようで、少なくとも結構なスペックを要求されるであろうことはわかります。ハイスペック機は前述の理由でメーカー側が出し渋る可能性が高く、ましてや国内ではまだまだシェアの小さいWindowsスマフォでとなると……。そう心配しておりました。

 なので、今回のAcerの対応には、心底ほっとしました。前述のように、ビジネス界隈からの需要を見込んでいるのかもしれません。まあ何はともあれ、「折角Windows 10 Mobileが日本で複数機種出てもContinuumが使える端末が1機種もない!」という、最悪の事態は避けられたわけです。よかったよかった。

 

 

 まあ、マウスコンピューターも時期モデルではContinuum対応機を出したい、というようなことを言ってくれていましたけどもね。

 

 

◆発売時期や具体的なスペックは不明なまま

 さて、価格に関する話もそうですけど、気になるのは投入時期です。
 ですが、記事によれば未定とのこと。「MicrosoftがWindows 10 Mobileを正式にリリースしない限り弊社も決定できない」そりゃそうですよね。

 端末そのものについてはほぼ完成品のようですし、スペックはそのうち出てくるでしょう。発売日もそうですが、あんまり高価格になりすぎないよう、ドキドキソワソワしながら今後の動向に注目したいところです。

 

W10M最新情報

Windows 10 Mobile Insider Preview ビルド10572公開。前回の更新から1週間もかからずに。

 いいぞ、僕がFast Ringに求めていた更新速度はこれだ……!

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 10/21 AM7時くらい?に、最新のビルドである「10572」が公開されました。前回の10549公開が10/15ですので、1週間かからないうちに更新されたことになります。過去、W10Mの更新は早くても1か月くらいかかっておりましたので、これは実にいいペースです。(Fast Ringの名に恥じないですね)

 今回も10549と同様に、一度WP8.1へロールバックしてからでないと適用できないパターンです。尚、今後は直接アップデートできるように修正されている模様……?

 主な更新内容は以下の通り。圧倒的に英語力がない僕は、たんに公式ブログからのコピペとBing翻訳結果を貼り付けるだけでお茶を濁すのであった……。

・Get missed call notifications and send texts on your PC with Cortana
 (不在着信通知を取得し、コルタナを備えたPCでテキストを送信)

・Skype messaging, calling and video experience
 (Skypeメッセージング、通話やビデオ体験) (を改善した)

・Cortana improvements
 (コルタナの改善)

・Offline maps
 (オフラインマップ) (をSDカードに保存できるようにした模様)

・Photo app improvements
 (フォトアプリの改善)

・Storage settings improvements
 (ストレージ設定の改善)

 また、これ以外にも複数の修正が行われております。こちらをコピペるのは躊躇われるので、公式ブログをご確認ください。

MADOSMA のファームウェア更新 1.0.0.12、配信開始

wp_ss_20151020_0001

 

 10/9に予告されていたMADOSMAのファームウェア更新が、10/20 AM2時より開始されました。米MS側で何故か配信開始が遅れていたようですが、無事に配信開始となりほっと一息。

 更新内容は次の通りです。(FAQ の予告から引用)

(1) 4G/LTE 接続に時間がかかる場合があるのを修正しました。

DOCOMO通信網に接続する際、初期接続段階から「携帯ネットワーク接続プロファイル」の持つAPN情報を使用するよう、設定を変更しました。
SIM交換後の初回起動の際、何らかの理由でSIMと異なるプロファイルを選択後に正しいプロファイルを選択された際、等に限り、引き続き時間がかかる場合がありますが、端末再起動後、または約10分後にLTE接続された後は発生いたしません。
(APN情報が反映される前に通信網にリジェクトされ、T3402タイマーによる待機に入るのが要因です)

(2) ノイズキャンセリングが誤作動する場合があるのを修正しました。

特定環境下において音が抜ける、等の不具合を修正しています。

 

 そろそろWindows 10 Mobileの準備などで忙しいと思われる中でも、こうして細かくてもちゃんとアップデートしてくれるマウスコンピューター様には、本当に感謝ですね。

 

【速報】Windows 10 Mobile InsiderPreview ビルド10549公開、ただし

 最新のビルドである「10549」が公開されました。(その前は10536)

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 ただし!

 現時点(15日3時)で、10536から直接アップデートすることは出来ません!
 何やら重大なバグが見つかったとのことで、まずは8.1からの直接アップデートがサポートされるとのことです。一度8.1にリカバリしたうえで、Insiderを当て直すことで適用できる流れです。

 尚、今回のビルドでは電話版Cortanaの日本語版が使用可能になっている模様。(まだ未確認ですが)

公式ブログより……
Cortana now works for Insiders in Japan and in English for Insiders in Australia and Canada.

 そろそろ製品リリースも見えてくるころですので、パフォーマンスチューニングなどもされてきていると思われます。これからはバグだけでなく、そういう部分にも注目しながらフィードバックしていきたいですね。

Windows 10 Mobile 発売メーカー、一気に増えて計6社に

 グローバルの話ではありません、日本での話です。

 

 10/14にMSが行った Windows 10 デバイス関連のイベント「Windows 10 Partner Device Media Briefing」において、 Windows 10 Mobileの開発メーカーとして、既に発表済みの3社(マウスコンピューター、プラスワンマーケティング、サードウェーブ)に加えて、新たに「トリニティ」「Acer」「VAIO」を発表しました。
 これで、国内でW10Mの発売を表明しているメーカーは計6社となりました。

 

◆トリニティ

NuAns「NEO」を発表 (公式サイトプレスリリース)

 今までは、iPhone向けの周辺機器などを手掛けていたメーカーとのことで、今回のW10M端末ではじめてスマフォ端末の発売を手掛ける模様。端末デザインも自社設計とのことで、そのデザインはAndroidでも見かけたことのないタイプの斬新なデザインで、各社のニュース記事の中でも特に注目されています。

image ※engadet記事より引用

 

 また、NuAns NEOの公式ページが既に公開されております。まだ情報はありませんが、写真から、この独特の背面も4種類のバリエーションが存在していることがうかがえます。

image
公式サイトのスクリーンショット

 

◆Acer

 Acerは既に海外でWindows Phone端末を複数展開しておりますが、この度日本でも正式に取り扱う運びとなりました。ただし、今回の発表ではどの機種を取り扱うのかまでは不明です。

 AcerのWindows 10 Mobile端末としては、先日発表されたばかりの 「Jade Primo」という端末があります。こちらは、Continuumにも対応したハイエンドモデルとなっており、恐らくこれが来るんじゃないかなと思っています。

image
※画像はWindowscentralの記事より引用

 尚、Jade Primoの主なスペックは以下の通りです。(参考までに)
CPU:Snapdragon 808
RAM:3GB
画面:5.5インチ 有機EL
解像度:1920 * 1080
カメラ:デュアルLEDフラッシュ対応21MP(リア)、8MP(フロント)

◆VAIO

 SONYから分離しWindows PCでは高い評価を得ているVAIOが、ついにWindows 10 Mobileスマートフォンの世界へやってきました。VAIO Phone(Android)?いえ、知らない子ですねェ……。

 今回の発表の中では特にこれといって端末が出たわけでもスペックが出たわけでもありませんでしたが、なんだかんだでネームバリューはかなりのものですので、一番の注目株です。
 ただし、広報によれば「B2Bメインでの展開」を考えているとのことで、コンシューマー向けに発売されるかどうかは定かではありません。これは入手が困難かもしれませんね……?

 

 

◆ちゃっかりドスパラのスペックが公開されてる

 ついつい、新メーカーのほうばかりに目が行きがちですが、同日付でサードウェーブのW10Mスマフォのスペック情報が一部、公開されておりました。(リンク先はプレスリリース)

 まだすべてのスペックが記載されているわけではありませんが、MADOSMA とかなり似たスペックになる模様。ストレージがMADOSMAよりも多いくらいでしょうか。あとは価格が「お求めやすい価格」になるとのことで、結構安い値段で出てくるかもしれません。

 

 

◆Windows 10 Mobileからの日本

 マウスコンピューター様がMADOSMAを8.1端末としてリリースしてくれたおかげで、メジャーバージョン的には7、8、そして10と途切れることなくリリースが続きそうです。しかしご存知の通り、国内では長らくWindows Phone 8が出ていなかったこともあり、Windows 10 Mobileリリース後も加速までには時間がかかるんじゃないか、と心配しておりました。
 しかしこの通り、一気にメーカーが6社にまで増え、展望はだいぶ明るくなってきました。まだまだ油断は出来ないことは重々承知のうえですが、今後の盛り上がりに、より一層の期待が高まります。

 あ、あと先日公開したWindows 10 Mobile端末(日本向け)の一覧表を、更新したので、また下に貼り付けときますね。画像ですけど。

W10M最新情報