Insider Preview 15014.1000 が配信開始されて、時間が経ってしまいました。

 皆様いかがお過ごしでしょうか。私は元気に社畜生活中です。

 

wp_ss_20170120_0002 image

 はい、ということで、凄く今更ですが、Insider Previewの最新版「15014.1000」が、日本時間で1/20 AM8時くらいからFast Ring向けに公開されております。私はそのころ絶賛デスマ中だったので、反応するのがすっかり遅れてしまいました。テヘペロ。

 更新内容はいつも通り公式ブログで確認可能です。

 前回の15007.1000は1か月くらい待たされましたが、今回の15014.1000は1週間程度で配信されました。来月にはバグバッシュもあるようなので、これからは更新頻度がまた高くなっていきそうですね。

 

◆ストアにて電子書籍の販売が始まる ※

image

 今回のInsider Previewでの目玉機能は、ストアでの電子書籍の販売開始でしょう。この電子書籍は購入後はEdgeで読めるようになるようです。もちろんMobileも対象です!
 キーワードの検索はもちろん、特定ページをブックマークしたりどこまで読んだか覚えて置いたり、また、オフラインでも読めるとのこと。行間調整やフォント・テキストサイズ変更などのカスタマイズ機能も盛り込まれており、なかなかに気合が入っている模様。

 ただし使用可能なのは米国内に限ります。まあ、まだPreview版ですからね。正式版までには日本にも来るでしょう……来るよね……来るのかな……。(不安)

 

 その他の変更は主にPC向けのものが中心となっています。Mobile向けには細かい修正等として、15007で一部デバイスで再起動を繰り返す問題への対処、ライブタイルでHTTP画像を取得しているもののスピード改善、通知欄のボタンを右揃えで統一、など。

wp_ss_20170124_0001 wp_ss_20170120_0004

(← 従来のボタン配置 → 15014でのボタン配置)

 

 既知の問題として、一部端末(Lumia 635、636)で手動輝度調整が出来ない、メール通知をタップしても開かない、Edgeがランドスケープモード(横画面)にならないことがある、アクションセンターの「非通知モード」が機能しない、などなど。
 Edgeの問題はすぐに画面をロックしてロック解除してみてほしいとのこと。非通知モードについては、アイコンを長押しすると設定画面にジャンプできるので、そこでオンオフしましょう。こちらでの操作は問題なく出来ています。

image

 

 

 あと、前回のブログで書いた「アプリのリセット機能」に関する現象解決してませんでした。それとも私の環境が変なだけなのかもしれませんが……近々、時間を見つけて一度端末初期化して、確認してみようと思います。

広告

Windows 10 Mobile Insider Preview 15007.1000 が配信開始。今回は更新内容が多い!

wp_ss_20170113_0005 image

 1/13 日本時間でAM8時ごろという、いつもとは大分イレギュラーな時間帯からでしたが、Insider Previewの最新版である「15007.1000」がFast Ring向けに公開されました。ビルド番号もついに15000番台に突入ですね。

 更新内容はいつも通り、公式ブログで確認できます。
 日本語訳してくださっている方もいらっしゃいますので、こちらもご参考までに……。

 

 詳細はそちらで確認していただくとして……。今回の更新でポイントとなりそうなものを、いくつか抜粋してみたいと思います。(個人的に思ったところです)

 

・OS更新を35日間遅らせる機能

 何らかの理由によって、OS更新タイミングを遅らせたいことはあると思います。特に企業などだとそうでしょう。今回のビルドより、更新タイミングを35日間遅らせるオプションが追加されました。

wp_ss_20170114_0004 (2)

 設定するには、設定 > 更新とセキュリティ > システムの更新 にある、「更新プログラムの設定」欄の詳細オプションを開き、「Pause Updates」設定をオンにします。

 ただし、この機能は本来はEntertprise版向けの機能として案内されています。現在の15007ビルドではEnterprise版でなくても使用可能になっていますが、これが意図したものかどうかは不明ですが(テストのためにわざと使えるようにしている?)、将来的には通常版では使えない機能だと思っておいたほうがいいでしょう。

 

・Bluetooth設定ページと接続デバイスページの統合

wp_ss_20170114_0012 wp_ss_20170114_0013

 何か新しくできるようになったわけではないのですが、ページが1つにまとまり、わかりやすくなったかと思います。そんだけ。

 

 

・アプリのリセット機能 ※ただし使わないことを推奨します

 インストールしていたアプリが「なんか調子悪い」とか「起動しなくなった」とかの現象が、まれにあります。そういうときは再インストールしたりすると直ることもあるのですが、そんなことせずともそのアプリをリセットして初期化できるようになりました。
 リセットする場合は、OSの 設定 > システム > ストレージ からアプリをインストールしてあるところ(本体orSDカード)を選択し、アプリとゲームを選択します。深いよ!回想深いよここ!!
 なので、 設定 > Apps > Apps & features からでもOKです。こっちは今回の15007から追加されたメニューですね。そのうち翻訳されるでしょう。

image image

 リセットしたいアプリを選択し、「詳細オプション」を押すと、リセットボタンが表示されているので、これを押します。設定等も含めて全て消える旨の警告が出るので、OKならばボタンを押します。

image

 少し経つと、リセット完了になります。完了するとデータ容量が0バイトになって、リセットボタンの横にチェックマークがつきます。

 

image

 ……ん?0バイト?

 

 

wp_ss_20170114_0006

 

 あれ、消えてる……。(対象アプリ名:Y!乗換サーチ ですが、一覧に存在しませんね)

 

 

 ということで、この記事書いてる時に気付いたんですが、この機能を使うと一部のアプリはデバイス上から消滅します。恐らく、Silverlight系のアプリ……要はWP7.x時代の古いアプリ……だと消えているように感じます。

「それなら最新のアプリ……UWPとか……だけでやればいいんでしょう?」と思ったのですが、実は、UWPアプリの場合でも、

image

 すごく……ダメそうです……。

 

wp_ss_20170114_0011

 アプリ一覧には一応残っています。杞憂だったか、と思って起動しようとすると、なんと立ち上がりません。そしてアンインストールしようとしても、何度「アンインストール」を押しても消えてくれません。

 

 何個かのアプリで簡単に試した感じでは、

・Silverlight系の古いアプリは消滅する
・UWP系の新しめのアプリはアプリ一覧に名前こそ残っているが起動できず、事実上消滅している。

 という状態でした。これあかんやつや……。
 尚、アンインストールについては本体再起動後には出来るようになりました。

 ということで、今回のビルドで実装されているアプリのリセット機能についてですが、今回のビルドではバグを含んでいるようなので、使わないことを推奨します。

 本件、フィードバック済みですので、よろしければ投票をお願いします(フィードバックHubが起動します)。次のビルドでは直ってるといいなぁ。

 

 

 他にも細かい更新はあります。そして既知の不具合もあります(いつも通り、公式ブログの後ろのほうに書かれています)。
 久しぶりの新しいビルドをどんどん使っていって、フィードバックを送信していきましょう。

NuAns NEO の最新ファームウェア「V95」が配信開始。テザリングやContinuumの不具合が修正される!

 1/13より、NuAns NEOの最新ファームウェアバージョンの「V95」が配信開始されました。

wp_ss_20170114_0003 image

 性格なバージョン番号は「1028.020.001.95」です。今回の更新により、「モバイルホットスポット(テザリング)が出来ない場合がある不具合」「Continuum接続が出来ない場合がある不具合」に対しての改善が行われているようです。
 これら現象は私の手元では発生していませんでしたが、Twitter等を見ていると、発生している人は色々試しても解決できず苦労されていたようですので、これで一安心ですね。

【1028.020.001.95】

・モバイルホットスポット機能(テザリング)で通信ができない場合がある不具合を解決しました。
・Continuum接続が出来ない場合がある不具合を解決しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。

公式サイトのリリースノートより引用

 

 アップデート前には、念のためバックアップを取っておくことをオススメします。また、今回は前回「V92」であったような、スケーリング設定が初期化されるといった現象は無いようです。

月例更新、Windows 10 Mobile 14393.693の配信開始

image

 1/11より、Windows 10 Mobile 正式版の「14393.693」の配信が開始されました。
 新年一発目の月例更新ですね。

 いつも通り、月例更新はバグ修正やセキュリティ・信頼性向上となっており、新機能の追加はありません。更新内容は現時点では英語版のみ存在し、日本語版も追って公開されると思われます。

 更新内容について、英語のままですが下記に引用します。

Improvements and fixes

This update includes quality improvements. No new operating system features are being introduced in this update. Key changes include:

・Improved the reliability of Groove Music playback in the background, App-V, video playback and Remote Desktop.
・Addressed issue where after successful fingerprint authentication on a device with the screen off, the screen does not turn back on.
・Addressed issue where only one input device works when you connect two similar input devices to the same machine.
・Addressed issue in the App-V Connection Group that allows users to have access to pieces of functionality that they were not designated to for access.
・Addressed issue that prevents users from selecting multiple certificates simultaneously through the UI.
・Addressed issue where the Request Control function does not work with Remote Assistance if the user being assisted is on Windows Server 2008 R2 or Windows Server 2012.
・Addressed issue that prevents a smart card module from pairing with a contactless smart card reader.
・Addressed issue with license conversion of Server Core from evaluation version to a retail version.
・Addressed issue that prevents users from opening Internet shortcut (.URL) files with Internet Explorer when Enhanced Protected Mode is enabled.?
・Addressed issue that prevents users from logging on if a device has been away from the corporate network over a period of time.
・Addressed additional issues with Microsoft Edge, clustering, Internet Explorer, Windows Update, input devices, facial recognition, Logon, Hyper-V, PCI bus drivers and Windows Kernel.

If you installed earlier updates, only the new fixes contained in this package will be downloaded and installed on your device.

 ざっと見た感じ、「Grooveの信頼性向上」、「指紋認証成功時でも画面がオンにならないことがある問題への対処」、あたりはちょっと気になることがあったので、どの程度改善されているのか期待したいところです。

 

 余談ですが、先月の更新から今月の更新までの間、久々に一度もInsider Previewの更新がありませんでした。PC向けには昨日「15002」が配信されかなり大量の更新があったようですが……。
 おそらくMobile版もそう遠くないうちに来るとは思いますが、PC版は今回かなり不安定とのことで、Mobile版も久々に不安定なバージョンになるかもしれないですね。おらワクワクしてきたぞ! 備えよう。

Microsoft Windows Insider MVP を受賞させていただきました

 新年早々から休日出勤に明け暮れる日々です。うぉォおん、俺はまるで社畜だ!(納期間近なため、今だけの話です。ホントに)

 

 新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

 

◆Microsoft Windows Insider MVP

 はい、ということで新年最初のびっくりがこちらになります。Windows Insider MVP(2017年1月期)を受賞させていただきました。(MicrosoftのMVPって何?という方は公式サイトWikipediaをご確認ください)

 今回受賞させて頂いたのは「Windows Insider」という、これまでのカテゴリよりもよりコンシューマー向けにと新設された、新しいカテゴリーとなります。(去年7月ごろから)
 これまではこのカテゴリーでの受賞者は、既存カテゴリーの再編等で移動してきた人が中心だったようです。が、2017年1月期からは初受賞の人らも出てきており、私もその1人のようです。

 この1年間でやってたことなんて、ブログ書いてW10M使いまくってフィードバック送りまくってくらいだったので、まさか受賞するとは思ってませんでした。初受賞なのでまだ右も左もわからない状態ですが、やることに変わりはないです。今後も引き続き、ブログ書きながらW10M使いまくってフィードバックを送り続けるだけのことです。
 これからも引き続きよろしくお願いします。(読者の皆様方)

 

 

 受賞したはいいものの、まだAward Kit(記念の盾とか)を受け取ったわけでもなく、また新設カテゴリーのためかMVPを探すページなどにも載っていないため、特にこれといって実感がわいていない、というのが本音です。うれしいんだけど、テンションあがらねー!
 そんな感じの新年1発目の記事でした。それでは今年も、W10Mにとってより一層すばらしい1年となりますように。

 

追伸:公開していいタイミングがいまいちよくわからなかったのですが、なんかべつにOKっぽかったので、少し出遅れての公開となりました。てへぺろ。

アプリ プライバシーポリシー

◆使用する情報と用途について

本アプリでは、「最寄り駅検索」機能にて端末のGPS機能を使用して現在位置情報にアクセスします。
これは、現在位置から近くにある駅を検索するためだけに使用・送信され、この情報を保存したり個人を特定するために使用することはありません。

本機能は、アプリの 設定 > 位置情報を使用する をオンにした場合にのみ有効となり、オフしている場合には使用されません。

最寄り駅の検索に関しては、以下の通りです。
・Ver2.201以降 では、 SimpleAPI 最寄り駅Webサービス のWebAPIを使用します。
・Ver2.000~Ver2.102 では CH3COOH(酢酸)様 のWebAPI「最寄り駅検索API」を使用します。
・GPS情報を使用するAPIへと送信しておりますが、端末や個人を特定できる情報は含んでおりません。

上記内容に納得いただける方のみ、「最寄り駅検索」機能をご利用ください。

 

改定履歴:
 2017/07 Ver2.201からの最寄り駅検索API変更に伴う追記・変更