NuAns NEOの最新ファームウェア「V79」の配信が、開始された、っぽい

image

 っぽいです。ぽいです。

 具体的な日付時間はわかりませんが、NuAns NEO向けの最新ファームウェア「V79」の配信が開始された模様です。

 前の記事で書いた通り、私の端末は公式サポートでV79にアップデート済みのため、ダウンロードの確認が出来ませんが、トリニティの中の人のツイートによれば配信開始されているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

 内容の具体的な紹介は前の記事でも書きましたので、そちらをご参照ください。リリースノートからの引用だけ下記に記載しておきます。バイブレーション強度の調整やON/OFF可能になっているので、これが気になってた人は要チェックです。

【1028.020.001.79】

・一部のアプリ(LINE等)で特定の機種間において通話時の音声が小さくなる問題を解決しました。
・カメラのフォーカス値が正しく取得されない問題を解決しました。
・緊急地震速報のON/OFFを設定できるように変更しました。
 設定 > システム > メッセージング > 緊急警報の設定の変更 より変更が可能です。
・ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーションの強さを大きくしました。
・ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーション動作のON/OFFを切り替えられるようにしました。
 設定 > Extras > タッチ より変更が可能です。
・カメラアプリの設定によってはカメラアプリがフリーズしてしまう問題を解決しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。

リリースノートより引用

Windows 10 Mobile Insider Preview 14376.0 の配信が開始されました

 本日6/29 AM7時頃より、Insider Previewの最新版である「14376.0」が、Fast Ring向けに配信開始されました。(久々に配信開始後すぐに記事化できました)

wp_ss_20160629_0002 image

 

 いつも通り、更新内容は公式ブログで公開されています。今回の更新も基本的にはバグフィックスとなっており、パフォーマンスや安定性の改善が含まれています。特定のWebページを開いたときの問題や、復元したときに空白のタイルになってしまう問題など、細かい対応も多いですね。

 

wp_ss_20160629_0005 wp_ss_20160629_0006

 そしてストアアプリにも更新が入りました。TOP画面とかはそんなに変わってないような感じですが、ダウンロードと更新のページが変わりました。プログレスバーの幅が変わらなくなったのはいいんですが、「利用可能な更新プログラム」の表示がえらく寂しくなりましたね……。
(あと、これは僕だけの問題の可能性も十分あるのですが、アプリの更新が出来なくなりました。何度やっても実際にはアプリが更新されておらず、また更新プログラムのチェックで出てきてしまいます。同様の現象の方がいらっしゃったら、フィードバックHubへの同意をお願いします

 

 既知の問題としては、前のバージョンからも言われているようなバックアップの形式が変わったことに関する注意の他に、EdgeでPDFを開いたときの問題も書かれています。今回のバージョンでEdgeでPDFを開いた場合、タッチでの操作が出来ず再読み込みになってしまうそうなので、注意が必要ですね。

 

 ここ最近、ハイペースでの更新が続いています。昨晩には公式でAnniversary Updateの配信が8/2からである、という情報がポロリしてしまうといった事態もあり、いよいよ正式版に向けての最終調整に入ったということでしょうか。(Mobile版も同じ日に来るとは限りませんが)(日付も正しいかどうかわかりませんが)
 私もInsider Program参加者として、ぎりぎりまで積極的にフィードバックをあげていきたいと思います。皆さんも、気付いたことがあったらどんどんアップしていきましょう!

NuAns NEOが帰ってきて、ファームウェアバージョン「V79」になりました

 

image

 おかえりなさい。(ただし↑の写真は前のやつ

 

 というわけで、先日紹介した、アップデートできなくなったNuAns NEOのサポートに自分のNuAns NEOを送って、無事に返却されてきました。送付前に自分で初期化しておきましたが、戻ってくるときも当然初期化されています。ので、戻って来たらまずはもう一度初期化し、バックアップから復元させます。

 これで何もかも元通り、とまではいきませんが、まあある程度は復元されるので、多少は楽ですね。

 

 

wp_ss_20160625_0001 (1)

 ……うん?

 

 

 

 

 

wp_ss_20160625_0002 (1)

 アイエエエエエ!?

 

 ということで、なーんか復元に時間かかるなーと思ってたら、見慣れぬメッセージが出てきました。別端末でInsider Previewに参加している関係で復元操作をすることは割と多いですが、こんなメッセージは初めて見たので、少し動揺。

 ですが、スタート画面はレイアウトもばっちり直ってましたし、アプリもちゃんと再インストールされており、設定も復元可能なやつはちゃんと復元されてました。とりあえずは問題なさそうなので、このまま使っていきますかね。

image

 

◆V79

【1028.020.001.79】

・一部のアプリ(LINE等)で特定の機種間において通話時の音声が小さくなる問題を解決しました。
・カメラのフォーカス値が正しく取得されない問題を解決しました。
緊急地震速報のON/OFFを設定できるように変更しました。
 設定 > システム > メッセージング > 緊急警報の設定の変更 より変更が可能です。

・ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーションの強さを大きくしました。
ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーション動作のON/OFFを切り替えられるようにしました。
 設定 > Extras > タッチ より変更が可能です。

・カメラアプリの設定によってはカメラアプリがフリーズしてしまう問題を解決しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。

リリースノートより引用

  ということで、このバージョンからは緊急速報のON/OFFとバイブレーション設定のON/OFFが変更できるようになっています。設定項目の位置からして、前者はOS標準機能として、後者はカスタマイズ部分となりますね。(バイブレーションのON/OFFはInsider PreviewではOS標準機能に昇格しており、Anniversary Updateで正式実装されるものと思われます)

 

 

・緊急速報

 まあ、基本的にOFFにすることは無いでしょうが、確認してみましょう。案内にある通り、設定 > システム > メッセージング を開くと、確かにありました。ちょっと目立ちにくいですが……。
※ちなみに、この設定はSIMカードが刺さっていないと出てきません。受信できないSIMもダメかも?

image

wp_ss_20160626_0003

 残念ながら警報をテストする(音を鳴らしてみる、など)機能はありません。また、聞いた話レベルですが、この警報はマナーモードのときだと音が鳴らない、つまり端末の音量設定に依存しているようです。
 警報の仕組み自体はOSに組み込まれているものですから、OS側での対応が必要ということになりますね。テスト機能も音量設定に依存しないようにするのも既にフィードバックもあがっていますので、皆さんも是非、「賛成」票をいれて修正される可能性をあげていきましょう。

 

・バイブレーション

 こちらは好みによって意見が分かれるところなので、ON/OFFが設定できるようになったのは素晴らしいですね。案内通り、設定 > Extras を開くと、そこに「ナビゲーション バー バイブ」というものがあります。これですね。

image

wp_ss_20160626_0005

 ここでON/OFFが切り替えできます。表示されているように、設定を適用するには再起動が必要になります。ここら辺はMADOSMAと一緒ですね。また、MADOSMAの場合はバイブレーション強度も変更可能でしたが、NuAns NEOはON/OFF切り替えのみのようです。

(参考:MADOSMAの設定画面)
wp_ss_20160626_0001

 

 

 尚、このファームウェアバージョンは今後、通常のアップデートでの配信も行われます。今回のサポートの対象になっていない人でもちゃんと受け取れる(はず)です。時期はまだ不明ですが、アップデートが待ち遠しくなりますね。
(私の場合は、アップデートが配信開始されても検知できないので、私は配信開始時すぐには気付かないかもしれません)

Windows 10 Mobile Insider Preview 14732.0が配信中です

 前回の記事を投稿した数十分後に、新しいPreview版「14372.0」の配信が開始されていました。数十分て。

wp_ss_20160624_0001 image

 更新内容はいつも通り公式ブログにて公開されています。

 とは言っても、今回は本当に細かいバグ修正だけの模様。特に新機能は見当たりません。ただ、このバグ修正によって安定性やパフォーマンスには向上が見られるとのこと。Fast Ringに設定しているならば、極力あてておくようにしましょう。

 

 3日も経ってから何言ってたこいつ。

Windows 10 Mobile Insider Preview 14371.0、配信中。海外ではウォレットアプリに、”あの機能”が……!

 wp_ss_20160622_0001 image

 6/22より、Insider Previewの最新版である「14371.0」が、Fast Ring向けに配信開始されています。(追記:本記事投稿直後に、14372.0の配信が開始された模様です) 今回も特に新機能はなく()、バグ修正がメインとなっております。主な修正内容は例によって公式ブログで確認できます。
 リストにはのってませんが、MADOSMAでInsider Previewを当てたときに、再起動後にモバイル回線が繋がらないことがある現象が改善されているようです。僕の場合は稀にしかおきませんでしたが、頻発していた人もいるようで、そういう人にとっては朗報ですね。

 また、今回のバージョンからバックアップ形式に変更があります。このため、最新のInsider Previewで取得されたバックアップ内容を10586.xxx系列の正式バージョンに復元しようとすると、うまく復元されないのでご注意ください。

 大分、更新頻度が高くなってきています。
 細かいバグが残ったままのリリースも当然増えてきますので、既知の問題を事前にしっかり確認しておくことも大事ですし、何かバグを見つけたら、フィードバックHubで報告していきましょう。

 

◆ ※ ←なに?

 新機能はない、と書きましたが正確にはあります。が、それはまだ一部でしか使えません。その新機能とは「タップ&ペイ」……要はNFCでの決済機能です。いわゆるおサイフケータイ的な機能です。
 ただあし、現時点ではこの機能が使える機種は限られている(Lumia 950、Lumia 950 XL、Lumia 650)ようです。クレジットカード情報を端末に登録してNFC決済機にかざすことで決済可能になる、という内容の模様。下記記事に詳しく解説されています。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10 Mobileスマホがおサイフになる日は近い? – IT media PCUSER

 

 記事中でも開設されているように、銀行側の仕組みなどはApple PayやAndroid Payと同じものを使用しているとみられるとのこと。ということは、これらが日本でも対応されれば、W10Mも対応可能な可能性がとても高いということになります。
 もちろん、MS側の対応も必要ですのですぐに、というわけにはいかないでしょう。そもそも日本でNFC決済ができる環境自体がほとんど整っていません。また、NFC対応機でも必ずしも全機種で使えるかどうかも現時点では不明なため、可能性は未知数です。
 が……それでも、もしもからきっと、と期待してしまうのが人のサガよ。今後の朗報が飛び込んでくることに期待したいところです。

Windows 10 Mobile Insider Preview 14364……じゃない、14367.0の配信がはじまっています

 あ、ありのまま起こったことを話すぜ。

「俺は14364.0の配信開始の記事を書かなきゃと思っていたら14367.0の配信が開始されていた」

 な、何を言っているのかわからねーと思うが云々。(飽きた)

 

 

wp_ss_20160615_0002 (1) wp_ss_20160617_0001

image

 

 と、いうことで、6/17より、Insider Previewの最新版である「14367.0」が、Fast Ring向けに配信開始されました。間に「14364.0」という別バージョンを1つ挟みましたが、これといった新機能はどちらにもなく、バグフィックスがメインとなっております。

 14364.0の変更内容はこちら

 14367.0の変更内容はこちら

 目につきやすい修正点としては、
・電源OFF時に表示されるメッセージが「ご利用ありがとうございました」となってましたが、「Goodbye」に戻りました(不評だったため)
・クイックアクションボタンの表示順が上下逆になっていた問題が修正されました
 などでしょうか。

 新機能というほどではないですが、Continuum時に外部モニタ側に背景画像を選択して設定できるようになったようです。これは、縦横が逆に表示されてしまうことがある問題を修正している最中にそうなったようです。「これ、もういっそユーザーが設定できるようにしね?」「イイネ!」みたいなやり取りがあったのでしょうか。楽しそう。

 

image

 そして、クイックアクションボタンを押したとき、上記画像のように少しだけ「ON」「OFF」のステータスが表示されるようになりました。点灯状態でも十分判断できていましたが、これはこれでOKですね。(1~2秒ほどで元のアイコンに戻ります)

 

 モタモタしている間に2つ分公開されてしまうという大失態。しかし、逆に言えばそれだけFast Ringの更新頻度が高まりつつあるといも言えます。いいぞもっとやれ。そして、Insider Program参加者の皆さんは、フィードバックHubからフィードバックをガシガシ送っていきましょう!

Windows 10 Mobile 10586.420(正式版)、配信開始

 毎月恒例。

 6/15 AM2時頃より、Windows 10 Mobile最新版「10586.420」の配信が開始されました。

wp_ss_20160615_0004

 

 更新内容については、海外のフォーラムに掲載されています。今回も英文です。bing翻訳先生、お願いします。(ただし下記には英文のまま引用)

・Reliability, performance and stability improvements.
・Improvements to Cortana, including a fix for a problem that sometimes resulted in a crash when performing a search, and corrections to inaccurate times after Daylight Savings Time (DST) on meeting cards and reminders.
・Fix for a problem that could result in unexpected battery drain while syncing mail using IMAP.
・Improvements to the Maps app, including better stability, improved accuracy, and reduced latency with driving directions. 
・Improved reliability of syncing text messages from the phone to the cloud.
・Reduced amount of time it takes some phones to completely power off after “Goodbye” disappears.
・Fix for a problem that caused some phones unable to re-add a primary Microsoft account without resetting after upgrading from Windows Phone 8.1.
・Fix for a problem that caused some phones unable to install keyboard and languages without resetting after upgrading from Windows Phone 8.1.
・Reduced the number of days a phone can go without restarting to receive an update from 14 days to 7 days.
・Fix for a problem that caused the phone to stop ringing from an incoming call, if interrupted by an SMS.
・Fix for a problem that caused Project My Screen to stop working on some phones.

 

 ぱっと見た感じではバグフィックスメインで、新機能は特にないと思われます。手元の端末がまだ更新途中なので細かいところは見れておりませんが。気になるのはマップアプリの安定性向上や「goodbaye」表示後の時間が長い件への対応、またWP8.1からアップグレードした場合の不安定な挙動のいくつかが解消されたことでしょうか。
 Anniversary Updateまで特に大きな機能追加は無いと思われますが、バグ修正や安定性向上などが含まれておりますので、なるべく適用しておきましょう。念のためのバックアップも忘れずに。

一部NuAns NEOでアップデート出来ない問題に、メーカーのトリニティがサポート開始。対象者は要確認やで!

image

 初期出荷モデルのNuAns NEO向けに、4月にOTA配信ではなく直接ファームウェアを焼き込む形でアップデートを提供されて以来、その後のOSアップデートが受け取れないという自称が多発しておりました。
 かくいう私のNuAns NEOもその症状に遭遇しており、今でもOSバージョンは10586.164で止まったままです。

 トリニティはこの原因の調査をされており、今回は該当する方を対象に無償でのサポートを開始する、と発表しました。

 

 

◆具体的な対象端末

 設定 > システム > バージョン情報 の画面を開き、詳細部分で、

1.OSビルドの番号が 10586.318 より古いこと
2.ファームウェアリビジョン番号の末尾が 62である こと

image

 

 上記に該当する場合は、トリニティへ着払いにて送付することで、不具合が解消されたファームウェアバージョン「V79」へと更新された状態で返却されます。ただし、端末は一度完全に初期化されますので、必要なデータや設定などは必ずバックアップを取得しておきましょう。
 送付時にはSIMカードやmicroSDカードを外しておくなどの細かい注意事項もありますので、公式の案内を必ずご確認してください

 

◆V79の更新内容

 ということで、アップデート出来ない問題がついに解決するわけですが、それと同時に他の修正もV79では行われており、内容がリリースノートで公開されております。以下引用。

【1028.020.001.79】

・一部のアプリ(LINE等)で特定の機種間において通話時の音声が小さくなる問題を解決しました。
・カメラのフォーカス値が正しく取得されない問題を解決しました。
・緊急地震速報のON/OFFを設定できるように変更しました。
 設定 > システム > メッセージング > 緊急警報の設定の変更 より変更が可能です。
・ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーションの強さを大きくしました。
・ナビゲーションバーをタッチした際のバイブレーション動作のON/OFFを切り替えられるようにしました。
 設定 > Extras > タッチ より変更が可能です。
・カメラアプリの設定によってはカメラアプリがフリーズしてしまう問題を解決しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。

リリースノートより引用

 カメラ周りの細かい不具合やナビゲーションバーをタッチしたときのバイブレーションON/OFF、強度変更、そして緊急地震速報のON/OFFが可能になる、などなど。これらの更新内容も興味深いところです。
 「緊急地震速報のON/OFF」機能はVAIO Phone Bizでは実装済みらしいのですが(未所持のため確認できておりませんが)、オフにする機会は早々ないとは思いますが、どんな画面になってるのかちょっと期待ですね。出来ればアラーム音のテスト再生とかも出来るといいのですが。
 尚、このV79がいつ頃OTAで配信開始されるのかはわかりません。開始されても私の端末では検知不能です。V62ではない人は、Twitter等でアンテナを張っておくとよいかもしれませんね。

 

 ということで、V62をあててからOS更新が受け取れなくなった人にとっては朗報となります。思ったよりも時間がかかったことや一度初期化されてしまうなどの辛い面もありますが、ひとまず解決となりそうでほっとしました。

 

 

「最近、記事化遅くない?」と自分で自分に突っ込みたくなる。

Twitter公式アプリが更新され、W10Mでもアンケート機能が利用可能に

 UWP版のTwitterアプリがアップデートされて、W10Mでもアンケート機能が使用できるようになりました。やっとか。

wp_ss_20160610_0005 (1)

 アンケート機能自体はiOS版、Android版ではとっくに使えるようになっていたものの、W10M向けには提供されていませんでした。時間はかかったものの、今回からようやく使用可能になったようです。

 

image

wp_ss_20160610_0002 (1) wp_ss_20160610_0003 (1)

 ツイート投稿画面にボタンが追加され(赤い四角でかこったやつ)、こちらを押すことでアンケート作成画面になります。あとは質問と回答選択肢を記入してツイートするだけ。

 

wp_ss_20160610_0004 (1)

 アンケート内容の表示、投票も当然できます。

 

 

 他にも細かい修正も入っているようです。UWP化してデザインが刷新され、割と好評な公式アプリですが、少しずつでも機能も追い付いてきているようです。Push通知も受け取れますし、ひとまず入れておくべきアプリですね。

 

 

 

 ただ、今回追加された機能で動画の自動再生を行うかどうかのオプションがあるのですが、

 

image

 設定の、

 

 

image

 おすすめユーザーのカスタマイズ

 

wp_ss_20160610_0009 (1)

 中にある、っていうのは、わからなかった。最初わからなかったよ!

Windows 10 Mobile Insider Preview 14361.0 の配信が始まっています

wp_ss_20160609_0002 image

 6/9 より、Insider Previewの最新版である「14361.0」の配信が、FastRing向けに開始されました。今回はPC版と同時配信のようで、新機能はPC版がメインの模様。例えば、Edgeブラウザで「LastPass」というパスワード管理アプリの拡張機能が使えるようになったとか、Windows Inkの改善だとか。これらはPC向けの話です。

 詳細はいつも通り、公式ブログで!

 

 その他は基本的にはバグ修正です。んー今回は特にこれといって目新しいものは無さそうだなぁと思いながら、修正内容をぼんやりと機械翻訳で眺めているときに、ふと目に留まった項目がありました。

・You can now use the keyboard with one hand with additional 5-inch devices such as the Lumia 640 and 830.

 ……ほう?

 

◆5インチ端末でもキーボード位置が可能に!

 上記を意訳すると「Lumia 640や830などの5インチデバイスでもキーボードを左右に寄せられるようにしたよ!」とのこと。同機能は既にOS標準で実装済みですが、使用するには一定サイズ以上の画面であるなど条件がありました。
(少なくとも、5インチより大きくないとダメです。ただ、5.5インチのEveryPhoneでは出来ず、5.2インチのLumia950では出来ているので、他にも条件はあるようです)

 で、今回のビルド番号からは5インチ端末であるLumia 830や640でも出来るようになった、とのこと。そして我らがMADOSMAも5インチサイズなので、可能となっておりました!

wp_ss_20160610_0010 ※10キー表示の場合

wp_ss_20160610_0011 ※QWERTYキーボードの場合(言語切り替えボタン無し)

wp_ss_20160610_0009 ※QWERTYキーボードの場合(言語切り替えボタン有り

 

 寄せ方は、キーボードの種類によって微妙に長押しするボタンが異なりますが上記画像を参考にしてください。デフォルトは中央になっており、左寄せ、右寄せが選べるようになっています。が、

wp_ss_20160610_0012 ※左寄せした状態

wp_ss_20160610_0013 ※右寄せした状態

 ほとんど寄ってないよ!ぜんっぜん寄ってないよ!!

 もっと大きい端末で寄せるとわかるレベルで寄ってくれるのですが、うーんこれは……。

 

 また、左右に寄せるだけではなく、キーボード位置を上下に移動させる機能も使えるようになっております。ただし上下移動はQWERTYキーでの操作が必須になっているためご注意ください。

wp_ss_20160610_0014 wp_ss_20160610_0005

 手順としては、スペースキーを押したままにして上下に移動させるだけです。長押しをすると、上記画像のようにキーボード全体が枠線で囲まれますので、あとは移動させてから指を離すだけです。
 また、同じ手順でスペースキー長押ししたあとに左右に寄せることで、先ほどのキーボード左右寄せも出来るようになっています。

 

 キーボード位置の移動機能をインチサイズに関わらず使えるようにしてほしい、というフィードバックを投げたことがあります。今回はそれが限定的ではあるものの実現されたわけですが、思ったよりも左右に寄ってくれず、残念です。
 とはいえど、あまり寄せ過ぎてボタンサイズが小さくなるとそれはそれで問題ですし、調整が難しいというのもあるのでしょう。今後のバージョンアップで洗練されていくことに期待したいところです。