ついにスクスタがリリースされたので、どっぷりハマってます

 

 HTC U12+ を使い始めて、1年以上が経過しました。今でも私のメイン端末であり、大事に使っています。大事に使っていますが、酔っぱらって帰った日に勢いで?ガラスフィルムを剥がすという凶行をしたりしましたが、はい、大事に使っています。剥がした理由は私にもわかりません。

 

 さて、そもそもこの端末は私がとある3Dゲームを行うための端末として選んだものです。そのゲームの発表があったのが2017年、リリース予定とされたのが2018年、実際にリリースされたのが2019年9月末・・・と、長く長く待たされたわけですが、やっとリリースされたので、どっぷり遊んでいます。正直このままなかったことにされるのも覚悟してた。

 

 そのゲームこそが、そう。

 

Screenshot_20190925-212311

 ラブライブ スクールアイドルフェスティバル オールスターズ

 今日は下手糞ながらもこれのレビューでも・・・。というわけで今回はただのオタ記事です。興味ない人はここで回れ右。

 

◆動作環境

 どうもイマイチはっきりしませんが、少なくとも、HTC U12+ では3D最高画質設定で動いてくれます。ほっと一安心。あとでSSも載せますがライブシーンでは3Dで動くため、それなりのスペックは要求されそうです。ただ一応、低スペック用の設定もあるみたいなので、下限がどのあたりなのかは不明です。
 ただ、重めの演出のシーンなどでたまに短い時間ですがカクつくことはあります。そこはまぁ仕方ないかなと割り切ってます。そういうのが許せない人はやはりiPhone・iPadでのプレイになるんですかね。

 

 

Screenshot_20190926-121744 Screenshot_20191006-204827

 左:一括ダウンロード前
 右:一括ダウンロード後

 インストール直後は容量小さいですが、初回起動時にデータのダウンロードがありますので、一括ダウンロードするとまあそこそこのサイズになります。ってーか本家スクフェスが思ってたよりデカいことに驚きました。

 

◆ゲーム内容

 公式でも言われてることの繰り返しになりますが、これは音ゲーではありません。一応公式では「リズムアクションRPG」とうたっています。RPGといっても、ドラクエとかFFみたいにモンスターとバトルするわけではないですが。

Screenshot_20191006-175759

 紹介はゲームサイトの記事とか見てもらったほうがはやいのでここでは軽くにしておきますが、「キャラを育てて」「ライブ編成して」「ストーリー・ライブをクリアしていく」という部分はスクフェスと一緒です。ただしそのライブ部分がスクフェスと大きく異なってます。

 スクフェスではノーツをタップミスするとスタミナが減り、0になるとライブ失敗でした。ノーツ処理をミスしなければクリア可能、という進め方。しかしスクスタはノーツ処理を成功した場合でもスタミナが減ります。もちろんスタミナが0になるとライブ失敗扱いです。
 スクフェスのスタミナと違って、スクスタのスタミナは行動力的な扱いなわけですね。なので、ある程度成長させてからじゃないと高レベルのライブは出来ない・・・といった形。

 また、ノーツをタップする数も2つまでしかなく、ノーツ数もスクフェスに比べるとかなり少ないです。ノーツ処理の種類としては、タップ、長押し、同時押し、フリックの4種類で、これが2つ分しかこないので、ノーツに関してはスクフェスより難易度はかなり低いです。代わりに、ノーツ処理とは別に、「SPスキル」と「作戦の切り替え」という操作があります。
 SPスキルは、ゲージが溜まったら発動できる必殺技的な感じ。作戦切り替えは、ライブメンバー編成時にキャラのタイプを固めておくことで「ダメージ軽減」や「ボルテージアップ」(ボルテージ=スコア)といった効果が発動する仕組みで、ライブ中にこれらを切り替えながら進めていくわけです。

 こういった要素が「RPG」と公式がうたった由来でしょう。
 やってみるとわかりますが、最初は確かにとっつきにくいですが、慣れてくるとそんなに難しくないです。(私見ですが、スクフェスやアイマス等の普通の音ゲーに慣れてる人ほど、最初は違和感があると思います)

 

Screenshot_20190928-161052

Screenshot_20190928-200657

 ストーリーはUIこそ違いますがスクフェスと基本は一緒で、「シナリオを読む」⇒「ライブパートをクリアする」⇒「次のシナリオを読む」という流れ。シナリオを読んでいけば新しい楽曲が随時開放されていくスタイルです。一般的やね!

 

Screenshot_20191003-164918

 ライブパートは、前述の通り3Dで動作します。割とヌルヌル動いてくれますね。3DモデルはSSで見るより実際に動いてるのを見たほうがきれいに見えます。画面に色々な情報が表示されていますが、そこらへんはチュートリアルでちゃんと説明してくれるので、ご安心。

Screenshot_20191006-184716

 ライブの動作設定は「3D」と「2D」があり、3Dはさらに最高、高、通常、軽量とわかれています。手持ちの端末に応じて設定を切り替え可能です。2Dにするとミニキャラが並んでるだけの本当に軽い画面になりますが、このミニキャラも若干動くので、これはこれで見てて楽しいです。

 

 で、この3Dのライブシーンは割と気合が入っていて、
 ・楽曲にかかわらずキャラが選べる(μ’s、Aqours、虹ヶ咲学園の混在可能)
 ・誰をどこに配置してもOK(全キャラが全曲全位置のライブモーション設定されてる)
 ・衣装も各キャラ個別に設定可能
 となっています。なので好きな楽曲を好きなキャラで組み合わせてライブさせることが可能です。

 

Screenshot_20191006-181804

 例えばこれは3人それぞれ、衣装がバラバラですね。(あとポーズでわかる人もいるでしょうが、楽曲は「Strawberry Trapper」で、この面子は誰も参加してない曲ですね)

 

 

Screenshot_20191006-175737

 これは各学校が混在してますね。
 こんな風に自由に組み合わせてライブが出来るので、これだけでも結構楽しいです。

 

 

image

Screenshot_20191006-214226

 同一キャラばかりで編成すると、流石に1画面に同一キャラは1人までのようで、残りのメンバー分はその曲のデフォルトメンバーが表示されるようですね。

 

 さて、背景のライブステージですが、初級中級上級でそれぞれ別のものになっています。初級と中級は少し違うな程度なのですが、これが上級になると特別なものになり、特に演出がかなり豪華になります。これは是非とも見て欲しいレベルです。例としてここでは「Strawberry Trapper」で紹介します。中級の場合は・・・

Screenshot_20191006-181804

Screenshot_20191006-182408

Screenshot_20191006-182144

 こんな感じです。

 

 これが上級になると、

Screenshot_20191006-180801

Screenshot_20191006-180857

Screenshot_20191006-181548

 

 こうなります。もはや別物レベルじゃねーか!!

 しかしまだキャラが育ってなくて上級なんてまだ無理・・・という人もご安心を。MVモードがあり、こっちを使えば上級でなくても特別ステージのライブが可能です!

image

Screenshot_20191006-182916

 MVモードだとUIが非表示になるので、鑑賞ならむしろこっち一択ですね。

 

 

◆2週間ちょいやってみた感想

Screenshot_20191006-181337

 どっぷりハマってます。(タイトル回収)

 まずプレイ前にスクスタに抱いていた「ラブライブシリーズの、新しい音ゲー」という幻想は打ち砕かれました。繰り返しになりますが、これは全然別のゲームです。
 確かにライブシーンでは音ゲー要素はあるもののそこまで重要ではなく(ノーツ処理に限っては「オートプレイ」で自動化できるぐらいですし)、キャラ育成と編成や作戦切り替え、SPスキルの発動タイミングなどが重要になってくるゲームだな、と。なるほどRPG・・・と唸ったものです。

 個人的にはかなり楽しんでプレイしています。

 ただし「それを受け入れられるかどうか」で、このゲームの評価は人によって大きく変わるんじゃないでしょうか。私は全然OKでしたし、楽しんでやっていますが、音ゲーじゃなきゃ嫌だ!という人にはあわないんじゃないでしょうか。
 とはいっても、純粋な音ゲーとして新しく作るんであれば、スクフェスと競合してしまうわけなので、この選択はありじゃないかなー、と。

 育成要素も、最初は色々勝手がわからず詰まったりしたものの、ある程度したらなんとなくわかってきて、アイテム不足に悩まされながらもどうにかやってます。

 

 ただ、難易度を含めたゲームバランス調整は、まだまだ詰めていかないといけないな、と感じています。

 ライブに関しては序盤、スタミナが無さ過ぎて初級でのプレイばかりになってしまい、これが結構モチベーション的につらいのでは……と思います。いっそ中級まではスタミナ切れても失敗扱いにはしないけどデメリットあり(報酬ちょっと減るとか)、にするなどの対応があったら嬉しいかな、と。もちろん上級は問答無用で失敗でいいですけど。上級だし。

Screenshot_20191006-184130

 キャラを育てるためのアイテムが、各キャラごとにあまり変化がなく(使う素材の種類に差はあれど)もう少し変化に富んだスキルツリーが今後出てくると面白いなと思います。

 で、問題はアイテムの「銀マカロン ★3」です。
 あまりにも、あまりにもゲーム内での入手手段が限られており、これは今のところ全キャラで求められる上に、「ストーリー開放」などのどん詰まりになる位置で大量に求められ、そこを開放しないと先に進めない・・・ということから、育成が停滞するというストレス源になっています。
 幸い、運営側から「早々になんとかする」的なコメントは出ているので、今後の改善に期待したいところです・・・。

Screenshot_20191013-141945

 ・・・てなことを書いてたのが10/6なんですが、投稿しないでしばし 放置 推敲している間に、公式からアナウンスが出ていました。これによれば、

 ・全難易度での各マカロンのドロップ率調整
 ・初級、中級でのマカロンドロップ数増加
 ・「ストーリー開放 → 覚醒 → 衣装開放」を「衣装開放 → ストーリー開放 → 覚醒」の順に変更
 ・衣装、ストーリの開放で必要な★3銀マカロン数をそれぞれ60から10、40から10へ減少

 とのこと。これは助かりますね・・・でも緩和し過ぎにならない?大丈夫?という不安も若干あります。今後まだ変動はあるかもですね。調整ってむずかしい。

 

 

◆改善要望的な

 あとは地味~~~な改善要望的なものとして、下の画像の赤枠にあるようにホーム画面でしか出てこない左側のメニューバーを、右下のメニュー押したときにも一緒に表示してほしいです。左側のメニューバーの内容に用事があるときに、いちいちホームを経由しないといけなくて面倒くさいです。

image

image

 

 それと、ゲスト設定はプロフィール画面からしかいけなくてわかり辛かったので、できればアイドル一覧のメニューからも行けるようにしてほしいなぁと。

Screenshot_20191006-220805

 あと細かいとこだと、

 ・ライブの難易度選択は、画面が切り替わったあとも、最後に選んでた難易度を維持してほしい
 ・ゲストで選ばれた場合に何かしらのボーナスが欲しい(経験値5とか小さくていいんで)
 ・LPの上限をランクに応じてアップしてほしい(現状、ランクあげてくメリットがない)
 ・操作性は悪くないけど、もーちょいロード時間改善されるとうれしい
 ・主人公にビジュアルつけてほしい(これは賛否わかれそう)
 ・なーんか、UR排出率かたよってません・・・?(既に同キャラが何回かかぶってる)
 ・ことりちゃんURが全然でない不具合があります

 

 いずれにせよ、まだ始まったばかりのゲーム。待たされた分、ユーザー側の期待も大きくなっていて、運営は大変だろうなぁとは思いますが今後の発展に期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、余談ですが。

 SPスキル使うと、センターの3人がアップになって特殊なアクションを行ってくれるのですが。そこに同一キャラがいる場合、ライブで表示されているデフォキャラに置きかわるわけではなく、その分の表示が減ります。

 

 どういうことかというと、

 つまり、

 

 例えばセンター3人が「千歌、曜、千歌」の場合、1人分減って「ようちか」になり、

 

 

 

Screenshot_20190928-114039

 こうなります。最高かよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中