ヴェズーヴァ

 後悔はない……。
 今までの旅に……これから起こる事柄に……ぼくは後悔はない……。

 もう起こったあとですが。

 逝ってしまったモニタの代わりを探すために秋葉ヨドバシによったのに、気が付いたらauでIS02の新規契約手続きをしていました。
 どうしてこうなった……!

 いや。
 いや落ち着こう。
 元々IS02のほうが色合いは好みだったし、元々検証機としてもう一台欲しかったし、元々何かあったときのための予備が欲しかったし、限定品の革ケースの予備も欲しかったし(付いてきた)、元々ボーナスでもう一台買うつもりだったし!!
 購入手続きが数日早まっただけのこと! 何の問題もありません。
(余談ですが、えらいauショップが混んでいたので何事かと思いましたが、IS01の発売日だったんですね。店員さんに01と02それぞれの今日の売上を聞いたところ、IS02が約40台以上、IS01は100台以上くらいだったようです。01も前評判は不評の割に、意外と売れてますね)

 では比較。
 まず以前の内覧会デモ機と実機の違いで「受話口横の遠近センサー有無」と「画面下部のボタン位置がずれた?」と書きましたが、すまんありゃー嘘だった。
 まずセンサーの件ですが別の写真をよく見てみたところ、本体の色が黒くてわかりにくすぎますが。
 そしてボタン位置も、ほぼ同じ位置にあるものと思われます。IS02のほうはパネルとボタンの間に謎のシールがありますが、それの有無で若干位置を錯覚していたもようです。というわけでIS02は、内覧会でのデモ機と実機でほぼ違いはなしです。……今更誰得な情報ですが。
 T-01BとIS02の違いもほぼ無しです。例によってテザリング可否とプリインストールアプリ以外は、ほぼ99%一緒と言っていいでしょう。1%は裏蓋の違い分です。文字位置が違う程度ですが……。ああ後は謎のシールくらいでしょうか。

 ついでに、液晶保護シートについて。
 T-01Bにはアスデック社製AR液晶保護フィルムを、IS02にはバッファロー社製の保護フィルムをつけています。両者の違いを主観でまとめてみました。

・共通
  付け外して洗うことでリフレッシュ可能。

アスデック社製AR液晶保護フィルム
・良いところ
  モニタだけでなく、その周辺部分も保護できる。
  カメラレンズ用のシートもついている。
・気になるところ
  デカすぎて貼り付けるときギリギリ。
  指の滑りがちょっと悪い。

バッファロー社製保護フィルム
・良いところ
  モニタサイズにぴったりのサイズ。
  指の滑りが滑らか。
・気になるところ
  サイズがギリギリすぎる。
  カメラレンズ要のシートがない。

 結論:どっちもどっち。
 や、個人的にはバッファロー社製のほうが気に入りましたが……。

広告

兄弟戦争

 本日、無事にau版の「IS02」も発売されたようです。iPhone4? ナニソレオイシイノ?

 しかし、auのほうが先に発表してたのにdocomoが先に出しちゃう、となったためにどうなることかと思いましたが、いやよかったよかった。
 ボーナスが入ったらIS02も買いに行こうと思います。
 ボーナスが入ったら。
 大事なことなので2回。
 実際のところ、色のデザインはIS02のほうが圧倒的に好きなんですよ。docomoはいっそのこと、黒いほうは全部真っ黒にしてくれればよかったのに……。

・アプリ開発
 デモ版というかα版を自分のに入れて日々テストしてます。
 エミュだと処理が重すぎて断念してた機能も、実機では高スペックのおかげでサクサク動くから実装する方向に戻したり、など順調です。ただちょっと厄介な問題もあったりするので、もうしばらく色々試してみようと思います。何より、まだ大きな機能が未実装なままなので、とても公開できる段階じゃないです。
 来月の今ぐらいにはβ版を出せるといいなぁ……。

 余談ですが、WindowsFANさんがIS02の発売について現時点でノータッチなのを見ていると、流石にちょっとauの人達がかわいそうに思えてきました……。

連合の秘宝

 昨晩、仕事帰りに買ってきました。
(ロック中の画像。背景はMTG「無限に廻るもの、ウラモグ」)
 この写真取ってるときに気付いたんですが、内覧会のときとは微妙に仕様が変わっているようですね。(IS02ではないので確実ではないですが)
 気付いている点としては、本体上部のスピーカー部分の左側に、センサーが付いたことと、本体下部の3つのボタン(通話キー、Windowsキー、ホームキー)がちょっと小さくなっていること。センサーは遠近を図っているようで、近くに物体があるときはタッチパネル操作が無効になるみたいです。要は、通話時に頬が当たって誤動作起こすのを防止しているのですね。

 付属品として先着限定の革製カバーとかももらえました。
 値段は機種変更で約3万7000円。結構しましたが、そこはあの、ボーナスに期待! ってことで……。

 家に帰ってきてからずっと弄りっぱなしですが、やはりというかなんというか、デフォルトの状態では使いにくいのは事前情報の通りでした。ただ、そんなに思ってたほどではない、かな……。
 あとiモード.Netのアプリですが、デフォルトで入っている奴は電話帳との連携が出来ないって書いてあったので非常に憂鬱だったのですが、フリーアプリで連携機能有、絵文字も対応のアプリがあったのでそっち入れてます。(imMailer
 こういう融通の利きやすさこそ、WindowsMobileの醍醐味ですよね。

 自作アプリもまだ6割くらいの完成度ですが入れてみました。動作は軽快で何の問題もないんですが、保存時になんかエラー出たりとか、やっぱりエミュじゃわからなかった問題が何点か出てきてます。これからは実機でのテストを行っていこうかなーと。
 ただ、この土日は確実に、弄り倒すだけで終わっちゃうんだろうなぁ……。

選択

 現場の都合で早く帰れる日だったので、いそいそと秋葉原のヨドバシ行ってきたら予約開始してました。
 実機も1台あったみたいです。
(自分が行ったタイミングでは、他の人が説明受けながらじっくり触ってる最中だったので、触れませんでしたが……)

 色は悩んだ末、白を選択。
 チタニウムブラック?のほうは、キーボード部分が銀色っぽい配色だったんですが、なんか微妙だったので。それにIS02と被るし。

 何はともあれ、これであとは発売を待つだけです。あぁはやくアプリ完成させないと……。

日中の光

 今日出かけたついでにDoCoMoショップによってみたら、T-01Bのモックが置いてありました。
 もしやと思って近場のビッグカメラにも行ってみたら、そっちにも置いてありました。
(船橋駅近くのDoCoMoショップとビッグ)

 ポイントが付くからビッグで予約しようと思ったんですが、残念ながらまだ予約は開始していないようです。曰く、正式に発売日が決まってからじゃないと……とのこと。
 むぅ。残念。
 明日辺りに仕事帰りに秋葉のヨドバシにも行ってみようかと思います。

IS02内覧会に、WM機を持たない男が潜入(後編)

 前述の通り、後編は画像中心です。
 ただほとんどボケボケの画像ばかりだったことと、アクシデントによる出遅れからあまり必要のない画像ばかりになってしまったので、サイズ比較用に撮った画像を載せる程度に留めておきます。
 ということで早速一枚目。

 比較対象はフリスクさん。
 たまたまポケットに入っていたので……。
 画像からもわかる通り、縦幅はフリスク2個よりも小さい程度。

 横幅はフリスク1個とほぼ一緒。
 このサイズなら意外と余裕で胸ポケットに収まります。
 ただ他の方々も指摘している通り、ストラップを通す穴は無いので、屈んだ際に落としてしまう危険性があるので注意が必要かと。私は今の携帯をよく落とします。

 その携帯(SH905i)との比較画像。
 片方がえらいボケてますが、キーボードを出した状態との比較です。

 そのキーボード部分の拡大写真。
 キーボードの操作性ですが、見た目からは打ちにくそうだなと思っていましたが、両手親指打ちだと意外と打ちやすくて驚きました。ただ、やはりやや癖があるキーボードなので慣れるまでは打ち間違いも多そうです。そんなに気にするほどではないとも思いますが。

 裏面。
 カメラ機能はそんなに試していませんが、普通~な使い心地。
 動画も同じようなもんです。
 裏蓋を開ければバッテリーと、microSD挿入口があります。microSDはバッテリーを取らないと出し入れできない構造になっていたのが不満です。この薄さ故仕方ないことなのか、他のWMもそうなのかはわかりませんが、ちょっとというより結構不便かと。
 あと個人的には裏蓋は外し難くて戸惑いました。画像で言うと左側の縦筋凸部分に指を当てて、結構力を入れて画像右方向にずらすと開くのですが、これが結構硬くて……。何回かやっているうちに、壊してしまうんじゃないかとハラハラすることが何回かありました。

総評:個人的には期待以上
 WMは動作がもっさりしている、という書込みを多く見ていたので不安もあったのですが、全然気にならないくらいヌルヌルと動きました。SnapDragonさんスゲー!(余談ですが、例の自作アプリは起動に1秒もかかりませんでした、なんじゃそりゃ)
 静電容量式の操作感はスライドさせるときは快適でしたが、細かいタッチなどでは、やはり不便さが目立ちます。特に自分は指が大きいので思うようにクリック(タップっていうんでしたっけ?)出来ず、イラッ☆とすることが多々。
 でもまぁ独自UIのNX!は結構使いやすそうですし、何よりキーボード付きってことの魅力は大きいです。
 ネット閲覧もスムーズに出来ましたし、初WM機を求める人にとっては満足いく性能だと思います。少なくとも自分はこの日の夜、寝付くまでえらい時間がかかりました、興奮しすぎて。
 (※ただし初スマートフォンの場合はそうではないと思います。WM機の不便さをある程度知っていて、それらの解決方法等を自分で調べる気がある人でないと無理かと。 私自身、初WM機で初スマフォなんですけどね……)

 とりあえず以上です。
 あとは発売を待つだけなのですが、いつになったら出るのやら……。
 うわさではDocomoの「T-01B」が来週の6/18に出るかもしれないソース)とのことですが、個人的にはテザリング制限がないのと色合いが好みという理由からIS02のほうが先に出て欲しかったんですけどね……。
 まぁボーナス出たら両方買うからいいんですけど!

未達への旅

ここ2週間ほど、ネットワークに障害が発生していたためネットに接続できませんでした。(プロバイダ側の問題だったみたいです)
金~日と実家に戻ってる間に回復していたみたいです。
内覧会のレポート後編は近日アップします。ものすっごく今更感が漂ってますが!