天才のひらめき

「完成」へようこそ。

 出だしがMTGネタですが、今回はT-01B/IS02関連の記事です。

 個人的には超お気に入りであるT-01Bですが、やはり不満点というものはどうしても存在します。静電式モニタしかり、バッテリの持ち具合しかり、WMそのものの不満点しかり……そして「ストラップホールが存在しない」という点も、です。
 ストラップホールについては過去いろんな方々が試行錯誤し、その結果として大体以下の方法が取られることが多いみたいです。

1.裏蓋の爪にひっかける

 裏蓋の、スピーカー用の穴のすぐ横にある、本体に引っ掛けるための爪。ここにストラップを通してスピーカー穴から外に出し、本体に装着するという手段。
 特別な方法を用いることなくストラップを取り付ける手段ではありますが、問題としては紐の太さが細くないと無理なことと、爪が折れる危険性があること。
 また、つけるときにもやや力を入れて押し込まないといけないこともあり、ちょっと勇気のいる手段です。ちなみに私は当初この方法で付けてたのですが、蓋を外すときに取れなくなってしまい、無理やり押したら蓋の爪が折れてしまいました。

2.本体の溝にひっかける

 爪が折れてしまってからはこちらの方法でつけていました。
 バッテリーの下のほうに「▼取り外し用ツメ」と書いてある部分のすぐ右側に、本体に何に使っているのかよくわからない溝があります。ここにストラップの紐を通して、スピーカー穴から出して使用する方法です。
 1の方法よりは頑丈に固定できます。その理由というのがバッテリー本体によって紐が押し付けられる形になるからなのですが、逆を言えば、付け外しの際にはバッテリーも付け外さねばならず、またストラップをあまり強く引っ張ると衝撃でバッテリーが少し浮き上がって、その影響で本体の電源が切れることがあるので、ちょっと危険です。

3.裏蓋に穴をあける
(画像なし)
 スピーカーホールの右側に、小さな穴をあけ、そことスピーカーホールを通して取り付ける、というもの。前2つに比べれば強度も安全性も高いのですが、自分で加工をするという手間が必要なことと、穴と穴の位置が近すぎると壊れかねない心配などもあります。そして、一度やってしまうともう二度と元には戻せないという点もあります。
(とはいっても、蓋単体ならDocomoで買えるらしいですけど、今も売ってくれるのかは不明です)

 また、これら手段を取らずとも、サードパーティー製のカバーを買えばそれにストラップホールがついていることも多いため、カバーを付けて使う人にはそれで事足りるとも言えます。
 しかしそのカバーも、モノによってはストラップホール部分が存在しないものもあります。

 前置きが長くなりましたが、今回紹介する方法ならばカバーに穴がなくてもでき、且つ強度も問題ないレベルの方法です。この方法は過去記事のコメントにて通りすがりさんが教えてくれた方法で、実際にやってみて1ヶ月がたち、問題なく使用できているので今回記事にしました。通りすがりさんありがとうございました!

 で、その方法ですが、

 クリップを使う方法です。
 よく書類とかをまとめるときに使われている、あのクリップです。種類によっては太いやつなどもありますが、あまり太いものだとうまく閉まらないと思いますので、小さめの細いやつを用意します。
 後は説明不要かと思いますが、画像の通りにスピーカーホールに紐と通してから裏蓋の内側でクリップに取り付けます。

 外側から紐を引っ張ってみると、この通り。クリップは蓋を閉めれば縦になることはないため、抜けてしまう心配もありません。後はこのまま蓋を閉めてやれば、

 この通り。
 裏蓋にかかる負荷は、爪に引っ掛けるよりも安全ですし、また強く引っ張ってもバッテリーがずれることは多分ないでしょう。取り外しもクリップに通す手間以外は簡単で、加工なども全く必要ありません。強いて言えばクリップだけ用意する必要がありますが、家の中を探せば1つくらいあるでしょう。私はこれやりたいがために買いましたけど!(実験には会社のやつを使いましたが)
 T-01BやIS02を店頭で見かけることはもうほとんど無くなりましたが、それでも今後新たにこの機種を手に取った人や、現在のストラップのつけ方に不満がある人にはオススメです。
(試してないけどT-01Aでも通用するかもしれないですね)
⇒報告が書き忘れ遅れましたが、T-01Aでは無理でした。

以下余談:OD-10Zさんの使用例

 正規の裏蓋をつけず、代わりにSuicaカードを入れて、Vis-a-visさんところのカバーを付ける。

 カードの位置を下のほうによせ、ドッキング。スピーカーホールからはクリップの一部と、Suicaの一部が見えていますね。こうすることで擬似オサイフケータイです。といっても、少し感度悪くなるので、場所によっては読み込みにくくなりますけど。(自分の場合、通勤定期としての使用が9割なので改札さえ通れれば問題ないので、特に気にしていませんが、たま~に引っかかります……)
 あとこれは個人の問題ですが、オートチャージにしていないので、チャージの度に毎回蓋を外さなければならないので面倒です。そのうちオートチャージに切り替え予定。

広告

堕落した良心

(MTGの話題オンリー)

 気がつけばもう1月も終わるのですね。2月になればいよいよ「ミラディン包囲戦」が発売されるはずですが、結局ミラディン参入後の環境ではまだ1度しかデュエルしていない僕です。
 ミラディン環境といえば感染、感染といえばファイレクシア、ファイレクシアといえばヨーグモス様。公式サイトを見てたら、ヨーグモス様の代わりに新たな機械の父祖が登場するらしいじゃないですか。まさかのカーンでしたけど。(とはいえ、ミラディン発売前後あたりからこの予想はありましたが……)

 カーンといえば、あのキチ○イPWことウルザの灯火を持っていたPW。そのウルザはといえば、打倒ファイレクシアのためならば非人道的な行為に手を染めることも厭わず、次元1つすらも犠牲に、最後には自らをも兵器の1部品として運用してのけるほどにファイレクシアを憎んでいたはず。
 そんなキ○ガイPWのウルザ(大事なことなので2回言いました)の灯火を受け継いでいたカーンが、カーンがまさかの機械の父祖化フラグを建てているわけですから、いろんな意味でワクワクして仕方ないです。もともとMTGはイラストと背景世界に惹かれて手を出したのですが、その当時のブロックはメルカディアンマスクス。ちょうど、あの「ウェザーライト・サーガ」の後期に入る辺りですが、そこから必死になって背景ストーリーを調べて胸を躍らせていたのを今でも覚えています。
 今後のMTGは背景世界からもますます目が離せなくなりそうで、期待です。

Φ

踏み荒らし

・こまけぇこたぁいいんだよ!!@MTG LifeCounter
・SlidePuzzle for WM

 それぞれ更新しました。
 更新点は以下のとおりです。

◆こまけぇこたぁいいんだよ!!@MTG LifeCounter Ver1.00
(当blog内での紹介記事は後日更新します…)
・β版 ⇒ 正式版になりました(かといって何か変わったわけではありません)
・1人用画面と2人用画面の操作性となるべく統一させました
・各マナシンボルごとに長押しメニューを追加
 ⇒白マナシンボルの上でタップ&ホールドするとポップアップメニューが出て、「白マナをクリア」が表示される、といった具合です。
・確認用にショートカット一覧をオプションメニュー内に配置しました
・オプションでの画像選択を、標準のファイルダイアログから標準の画像ダイアログに変更しました
 ⇒詳細は最後に

◆SlidePuzzle for WM Ver0.12β
・画像選択ダイアログを、標準のファイルダイアログから標準の画像ダイアログに変更しました(プレビュー表示されます)
 ⇒詳細は最後に
・画像選択後、プレビュー画面にて画像サイズを調整可能に(簡易)
 ⇒「横幅あわせ」「縦幅あわせ」「調整しない」の3種類から選択可能です。
  この機能の追加に伴い、オプションメニュー「画像サイズの自動調整」は廃止になりました。
  ただしINIファイルの更新はありません。
・オプション「起動時に自動的に開く」を廃止しました。(INIファイルの更新はありません)
・オプション「画像読込のデフォルトパス」を追加しました。(INIファイルの更新はありません)
・フォルダ選択ダイアログとして、「FileDialog.dll」を使用させていただきました。
 ⇒「画像読込のデフォルトパス」を指定する際に使用します。
  FileDialog.dll公開してくださっているmikiofuku様、本当に感謝です。
・ヒント表示時、現在パネル移動回数と完成度を表示するように追加しました。

◆標準のファイルダイアログから標準の画像ダイアログへの変更について(プログラム的な話)
 当初、ファイル選択用のダイアログはOpenFileDialogしか存在しないのかと思っていたため、T-01Bの「NX! UI」で壁紙を選択する際に表示されるサムネイル表示のダイアログは、東芝独自のものだと思っていました。あれが便利だったので、いつかはダイアログ作成にも挑戦する日が来るのだと思っていました。
 ところが先日、ふとまったく別のことを調べている際に、このページにたどり着きました。ページの真ん中よりちょっと上のあたりで、画像選択ダイアログについて触れられており、SelectPictureDialogなるものの存在を知りました。ページのタイトルを見ると「WM5.0の新機能」とある。あれ、もしかして標準であのダイログ持ってるの……?と思って試してみたら、参照の追加をして見事に普通に出てきました。
 今まではCompact Frameworksの不便さに不満ばかりでしたが、ちゃんとこういう機能もあることを知っておかないと駄目ですね……。WMの利点である「過去の資産」をちゃんと生かせていなかった、ということで反省です。
 反省は反省として受け入れますが、何はともあれこれで大分画像選択がしやすくなったと思います。SlidePuzzle for WMはもともと暇つぶしの際にでも使ってほしいと思っていたアプリなので、これで皆さんの暇つぶしがより楽しいものになっていただければ幸いです。

※ちなみに、前にIS02スレでSlidePuzzle for WMクリアできないという方がいましたが、理論上は一応クリア可能なパターンしか表示されないようになっています。あと自分のベストスコアは176回です。最初にクリアしたときは800回オーバーだったのですが、デバッグで何百回もやってたらずいぶん早くとけるようになりました。