Windows 10 Mobile Insider Preview 15240.0 公開開始。絵文字の追加&更新、とバグフィックス。

wp_ss_20170810_0002 image

 日本時間で8/10より、Insider Previewの最新版である「15240.0」が、Fast Ring向けに公開開始されました。更新内容は公式ブログで確認できます。

 

 今回の更新では特に新機能はありませんが、絵文字が一部、追加/更新されています。

◆新規追加された絵文字

image

 

◆更新された絵文字

更新前↓
image

更新後↓
image

※絵文字の画像は公式ブログから引用

 

 また、Outlookカレンダーの説明が記事内にありますが、これは多分新機能ではなく、ただの操作説明です。(中国語の旧暦表示に関する説明と思われます。更新前のバージョンや通常版のバージョンでも普通に出来ますね)

 

 バグフィックスとして、
  ・SDカードにインストールされているアプリの更新時に、エラーコード「8007000B」が表示される問題
  ・通知でWindows Updateのアイコンが表示されない
 という問題が解消されたようです。
 アプリ更新時に表示されるエラーコードが「80070057」となる場合はまだ未解決であり、またHP Elite x3での優先Continuum接続時の不具合(画面向きが保存されない)も未解決のままです。

 

 7月に、Fall Creators Update向けとしては最後のBug Bashが行われており、Mobile向けの更新はほぼゼロと悲観的に思われていましたが、Bag Bashが終わってからのほうがMobile向けには更新が活発になった気がします。(活発、とは言いすぎですが)
 海外サイトなどをご覧になってる方はご存知でしょうが、この夏には「ビジネス向けの更新」があると、まことしやかに噂されています。ここ最近の更新がもしかしたらそれなのかもしれません。しかし、正直に言ってしまえば大した更新ではありません。ようやく追加された新機能の「Continuum接続時に画面向きが変更できるようになった」というものだって、それだけ?感が否めないですし。
 ビジネス向け、と最初に聞いた真っ先に思ったのが「Continuum接続時のマルチウィンドウ対応」なんですが、さてはて……。

 まだ今後に機能追加の更新が予定されているのか、それともただの噂で終わるのか。MSのやる気を確かめるためにも、実に気になるところです。

Windwos 10 Mobile Insider Preview、Fast Ring向け「15237.0」と、Release Preview向け「15063.502」が公開中

 少し出遅れたので、一気に2つ分。

 

◆1.Fast Ring向け「152370.」……バグフィックスのみ

wp_ss_20170803_0001 image

 日本時間で8/3のAM7時くらいから、Fast Ring向けに「15237.0」の公開がはじまっています。詳細はいつも通り公式ブログで確認できますが、今回はMobile向けには特に新機能は無く、バグフィックスに収まっています。

 バグ修正の中では、最近のビルドから発生していた、カメラ起動時や画面向き変更時に少し真っ暗な画面になることがある問題の修正、HP Elite x3でSDカードが抜けたと誤認識される問題の修正、などが含まれています。
 SDカードの件は、私の場合はInsider Previewでは発生しておらず、また7月の月例アップデート以降発生しなくなっていたのですが、まだ発生していた人にとっては助かる修正となりそうです。

 既知の不具合としては前回同様、HP Elite x3で有線でのContinuum接続時に画面回転向きを保存してくれない問題、SDカードにアプリをインストールしていると更新時にエラーになる問題、アプリ更新時に失敗する問題があります。
 特に、SDカードにアプリをインストールしている場合に更新に失敗する(エラーコード:8007000B)と、アプリの更新時に失敗する(エラーコード:80070057)については、フィードバックHubを見ていると、遭遇している人が多いようです。
 前者の場合は、アプリを一度本体に移動させてから更新し、その後SDカードに戻すという回避策が。後者の場合は一度古いバージョンのアプリをアンインストールするという回避策がそれぞれ案内されていますので、現象に遭遇している方は試してみましょう。以下に、その手順を説明しておきます。

 

【アプリを移動する手順】

 設定 > アプリ > アプリと機能
 を開くと、インストールされているアプリ一覧が表示されます。フィルターをかけることで、インストール先を絞り込むことが可能です。今回の場合、SDカードにインストールされているアプリを探したいので、「SDカード(D:)」を選択しましょう。

image wp_ss_20170806_0003

 

 次に、移動させたいアプリを選択します。
 選択すると「移動」というボタンが表示されますので、これを選択します。移動先を聞かれるので、「このデバイス」を選択し、移動ボタンを押します。

image image

 

 ボタンを押したあと、「移動中…」というステップが終われば本体に移動完了です。そしたら、ストアを起動してアプリの更新を済ませましょう。

 尚、本体からSDカードへ戻す場合も、手順は一緒です。フィルターを「このデバイス」にして本体のアプリ一覧から目的のアプリを探し出し、移動ボタンを押します。移動先の選択肢で今度は「SDカード」を選ぶだけです。

image

 

 毎回これをやるのは面倒くさいですので、早く修正されてほしいところですね。

 

 

 

◆2.Release Preview向け「15063.502」

wp_ss_20170802_0001 image

 日本時間で8/2ごろから、Release Preview向けに「15063.502」の配信がはじまっています。こちらはいつも通り、バグフィックス中心となっています。更新内容はコチラで公開されています。この内容は8月の月例更新にて正式版にも含まれる内容になる予定です。
 配信されてから少し時間が経っているため日本語訳済みなので、確認も簡単ですね。基本的にはPC向けとしての情報しか記載されていませんが……。

 尚、8月の月例更新は、日本時間だと今週の水曜日、8/9の予定です。備えよう。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15235.0 公開開始。久々にMobile向けに新機能が……!

wp_ss_20170727_0003 image

Insider Previewの更新で記事書くのが、ずいぶん久しぶりな気がします。

日本時間で 7/27 AM2時より、Insider Previewの最新版である「15235.0」がFast Ring向けに公開開始されました。更新内容はいつも通り公式ブログで確認できます。そして、今回は久しぶりにMobile向けにも新機能が追加されています!

Continuumへの機能追加です。

 

 

 

 

◆Continuum 時の外部ディスプレイでポートレードモード(縦向き)をサポート

 

 

え、ああうん、それも確かに必要なものだと思うけどさ。思うけどさ。マルチウィンドウ対応はまだですか……?

 

とはいえど、久々の新機能ですので早速確認してみましょう。
更新を適用したのちに、Continuum接続を行ったあと、 設定 > システム > ディスプレイ と開いていきます。

 

 

wp_ss_20170727_0005 wp_ss_20170727_0007

めっちゃ文字化けしているのはひとまずスルーして、縦向きを選択して、下にある「Apply」ボタンを押します。メッセージも文字化けしていますがスルーして、OKボタンを押します。
本来ならここですぐに反映してくれるのが理想なのですが、残念ながら、一度切断してもう一度Continuum接続しなおしましょう。(※HP Elite x3で有線接続の場合は、切断せずそのまま本体を再起動してください)

 

 

image

接続しなおすと、今度は画面が縦向きの状態になっております。

 

wp_ss_20170728_0002 wp_ss_20170728_0003 wp_ss_20170728_0005 wp_ss_20170728_0004

当然ですが各アプリも縦向きレイアウトで表示されます。こうしてみると、まんまPC版Windows 10のタブレットモードですね。One Coreの息吹を感じます。

 

尚、本機能は現状「HP Elite x3」での有線接続では外部ディスプレイを切断すると向きの設定が保存されない、という既知の不具合があります。回避するには、上記にも記述したように、向きの設定を変更したあとでContinuum接続を切断せず、そのまま電話を再起動することです。

 

 

 

◆PCのWindows 10は、AndroidとiOSとの連携強化

普段はPC側のInsider Preview内容には触れない当ブログですが、少しだけ。以下蛇足です。
今回の更新で、PC側はスマートフォンで開いているページをPCに共有する機能が追加されました。実際に試したわけではないので公式ブログの内容ベースですが、PCとスマフォをリンクする設定を行ってスマフォにリンク用アプリをインストールし、ブラウジング中に共有メニューからそのアプリを経由してPCに転送する……という流れのようです。

この機能は現在、Androidだけで使用可能となっているようです。今後はiOSでも使用可能になるようです。(多分、アプリの審査待ちなんでしょうね)

 

……で、我らがWindows 10 Mobileは特に記述がありません。おかしいやろ。
過去のWP8.1では、IEで開いていたタブを共有することが可能でした。その機能はWindows 10になった際にオミットされ、現在では不可能です。
ですが、タブの共有にしろ今回のようなページ送信にしろ、やろうと思えばWindows 10 Mobileでも十分可能なはずです。何より、同じMSアカウントを使用していれば色々なものがPCと同期されているんですから。

正直なところ、Windows 10 Mobileのシェアはかなり低いですから対応が後回しにされるのは仕方ないと思う面もあります。ですが何も触れていないというのは、正直、Windows 10 Mobileに対して何もする気が無いようにしか見えず、MSに対してかなりイラつきを覚えます。
本件に関してはTwitter上でも、元Windows Phone開発担当のJoe Belfiore氏が、「Windows 10 MobileとPCのリンクは既にサポートされている。WEBページ送信機能は最初のテストシナリオだ」的なツイートをしています。確かに現時点でもPCとW10Mとでリンクがされていますし上述した通りなんですが、このテストシナリオについては含まれていませんし、今後どうなるのかもさっぱりです。このツイートは何の説明にもなっていません。

先日流出したCShellのように、MSがMobileに対してまだ何かしらの挑戦を行おうとしているのは間違いないでしょう。ですがその内容はあまりにも隠され過ぎていて、ユーザーの不信を強く招いているのも事実です。せめて、今後のロードマップ等なにかしらの公式声明を早々に出してもらいたいところです……。

Windows 10 Mobile Release Preview版「15063.447」が公開されています

wp_ss_20170628_0001 image

 

 6/28から、Creators Updateの「15063」向けに、Release Previewの最新版である「15063.447」の配信が開始されたようです。

 Release Preview版ですので、いつも通り来月の月例アップデートの候補になるビルドと思われます。そのため特にこれといった変更は見当たらず、内部的なバグ修正にとどまっていると思われます。

 ちなみに先月はRelease Previewが「.332」だったのに対して正式版は「.414」と、Release Previewにしてはやや大きくズレていました。今回はどんなもんでしょうかね。(ここだけ気にしててもあまり意味はありませんが)

Windows 10 Mobile は CShell によって生まれ変わる?

 Creators Update後、Mobile向けのInsider PreviewはPC版の「16xxx」番と違って「152xx」になっており、更新内容もバグ修正のみで新機能が一向に追加されておりません。そのため、一部では「MSはWindows 10 Mobileを諦めるつもりだ」といった、不穏な意見を見かけるようになっておりました。
 しかし、もしかしたらそんな不安を払拭してくれるかもしれない展開が、急にやってきました。

 

◆きっかけは、ビルドの誤配信

wp_ss_20170602_0004

 先週の金曜日の朝に、何やら見慣れぬビルドが配信されておりました。上記画像のように複数のビルドが、それも名前に「Xbox」を含んでいるような、いかにも怪しいものが。
 これ自体は、MSの誤配信によるもので、本来は配信予定のなかったビルドとのこと。このビルドは適用しないようにと注意勧告がでていました。万が一適用してしまった場合、再起動を繰り返す状態になるためWDRTを使ってリカバリするしかない、適用はしてなくてもダウンロード完了してしまっているとデバイスをリセットしないといけない、という状態になるため、中々に阿鼻叫喚でした。(私はDL完了までいってしまってました)

 それだけなら、ただの一騒動で終わるだけだったのですが……。

 実は、このとき誤配信されたビルドの中に、適用することで更新が成功してしまうものが紛れていたというのだから驚きです。

 

◆「CShell」で再構成されたされたW10M?

 それは海外でWindows 10 Mobile情報を取り扱っているサイト 「Windows Central」 によって報告されました。英語のサイトですので翻訳サイトにかけながら読むか、あるいはもっと手っ取り早く、下記の動画を見てみてください。英語わからなくても見てるだけで大丈夫です。

 

 

 

 

 はい。

 ええ、もう、「えっナニコレ!?」ってびっくりしました。

 翻訳サイトで翻訳しながら読んだので、間違っているところもあるかもしれませんが……。
 まず、この新しいUIについて Windows Central では「CShell」と呼称しています。これによって、PC、モバイル、XboxやHoloLensに至るまで共通のUIを提供する、というもののようです。
 このビルドは前述の通り、先週金曜日の誤配信ビルドの中に紛れていたものだそうです。表記は「16212_arm」だったとのこと。興味深いのは、このビルドはLumiaデバイスに適用した場合は無限再起動に陥るものの、HP Elite x3ならば正常に起動した、というところでしょうか。
 MS製のLumiaデバイスではダメ、というところ、非常に気になります。今までのInsiderビルドは、Lumiaを中心に調整しているものだと思っていましたので。

 

 

image

 動画の中でも確認できるように、このビルドではスタート画面で、タイルの変更メニューが全てコンテキストメニューで表示されています。これはPC版のWindows 10と同じですね。そして、正方形の大きなタイルも設定できるようになっていること、ライブタイルを一時的に停止することが可能になっているのが目につきます。これも、PC版と同じことが可能になっているようです。

image
 このビルドではスタート画面の横向き表示が可能になっています。タイルが左右いっぱいまで広がるわけではないようですが、長らく要望されてきた横向き表示なので、これだけでもちょっとした感動を覚えてしまいます。

image

 アクションセンターについて、こちらもPC版に大分よせてきたなという感じです。クイックアクションボタンが画面下部に移動しております。これは、片手での操作がしやすくなったというメリットがあるものの、見た目的に違和感が強いですね。

 

image

 そして、Continuum。
 去年末に発表されていた、マルチウィンドウ対応が実装されています。ぱっと見では心配していたほど重くはなさそう(多少もっさり感もありますが、許容範囲かな?)です。開ける数も上限は無さそうで、Continuumの実用性がぐんと高まったように感じます。

 これらのUIは、あくまでもPreview版であること、ましては本来は公開する予定のなかったものです。つまり最終決定のデザインではありません。なのでまだ変更になる部分も多々あるかと思います。

 

◆このビルドに何を思う?

 現状で、このビルド(16212)はまだ配信されていません。ましてや配信されるのかどうか未知数です。
 Continuum時のマルチウィンドウに関しては、スペックを要求されるでしょうから、もしかしたらこのビルドは現状、HP Elite x3でしか動かないものなのかもしれません。(Lumiaだと無限再起動になるとのことですし……)

 このビルドによって推察できることは色々あります。Lumiaで動かないビルドがあるということからもMSが今はそれほどLumiaデバイスを優先していないこともわかります。このビルドが現状のWindows 10 Mobileにそのままやってくるのか、それともARM版Windowsとの統合の一環で作っただけのものなのか。
 最終的に提供されるものは、Windows 10 Mobileとはまた別のものとして出てくる可能性も、もちろんあります。考えれば考えるほどにあらゆる可能性と、それを否定する可能性とが相反しながら脳内を駆け巡っているのが正直なところです。

 

 ただ一つ、「MSはまだあきらめていない」ということについては、間違いないものだと、今の私は確信しています。

Creators Update Release Preview版「15063.332」が公開されています

wp_ss_20170529_0001 image

 Creators Updateの来月の月例更新分と思われる、Release Previewの更新が配信されています。(数日前からなのですが、気付くのが遅れました)

 先日の記事でも紹介したように、Creators Update非対象の端末でも一部の機種では、Insider Previewの「Release Preview」を有効にすることで、Creators Updateを適用できます。その影響もあって、Release Previewによって一足早く最新版を享受できるようになったわけです。
(Release Previewは、Insider Previewの中でも特に遅い・安全なリングで、正式配布候補にもっとも近いものです。特に問題がなければそのまま正式版になりますが、極稀に、正式版では別ビルド番号になることがあります)

 

 とはいっても、要はただの月例アップデートですので、特に大きな変更は見当たりません。いつも通りバグ修正がメインと思われますので、余裕があるときにあてればいいでしょう。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15210.0 公開開始

wp_ss_20170505_0002 (1) image

 日本時間で 5/5 AM2時より、Insider Previewの最新版である「15210.0」の公開が、Fast Ring向けに開始されました。

 ……とはいっても、今回かなり小規模な不具合修正のみにとどまっており、大きな変更は行われていません。更新内容は公式ブログで確認できます。

 

Changes, improvements, and fixes for Mobile
・We fixed an issue with the Glance screen where the time was not updating.
・We fixed the token issue so when your device syncs to the service, text messages should show back up.

Known issues for Mobile
・The copyright date is incorrect under Settings > System > About. It shows as 2016 when it should be 2017. Thanks to the Windows Insiders that reported this!
・In some cases, the WeChat app may crash on launch.

公式ブログより引用

 思わずMobile部分を全文引用してしまう程度に修正点は小さいです。Lumiaシリーズに搭載されているGlance Screenの修正と、テキストメッセージのバックアップからの復元に関する修正のみのようです。
 一方でPCのほうは多岐にわたって手が入っているようです。Mobile版はブランチがわかれており、PC版とは違うビルド番号を歩んでいます。今後大きい変更が入るタイミングで同じビルド番号になると思われますが、それまでしばらくの間は、退屈なInsider Previewが続きそうですね。