VAIO Phone Bizの定価が税抜29,800円に改定!

 3/1より、VAIO Phone Bizの定価が税抜29,800円(税込32,184円)に改定されました!
先日の期間限定セールと違って、今回は定価です、定価)

image

 上記画像は公式ストアから。TOPでどどんとどでかく表示されていますね。公式ストアはこちらから

 変更前の定価は54,800円でしたので、25,000円もの値下げとなります。発売から1年経過した端末ではありますが、デザイン性は高く高級感のある端末に仕上がっており、この価格なら私は「買い!」だと推したいところです。
 スペックはHP Elite x3などのハイエンドに比べれば劣るものの、Snapdragon617、メモリ3GB、フルHD液晶と、今の値段なら十分な内容になっていると思われます。

 VAIO Phone Bizに興味はあったけど値段が高くて渋っていた、という方は、この機会にぜひ。

HP Elite x3 にファームウェアアップデート「0002.0000.0026.0118」が配信開始

wp_ss_20170301_0001 image

 3/1未明より、HP Elite x3の最新ファームウェア「0002.000.00026.0118」の配信がはじまったようです。

 

 前回の「0002.0000.0023.0113」のときもそうでしたが、現時点では特に更新内容は案内されておらず、不明です。ですが、前回はその後、HP公式のフォーラムにて更新内容が記載されておりましたので(かなり後になって気付きました……)、今回も後ほど公開されるものと思われます。
 詳細は判明次第、追って追記したいと思います。

 1つ前の記事ではNuAns NEOの件を取り上げて不安な心情を少し吐露してしまいましたが、HPのように頻繁なアップデートをかけてくれるメーカーがあるだけで、少し気持ちが楽になります。
 MSとしても、Lumiaシリーズが終息していく以上はこの「HP Elite x3」が当面のW10M機フラッグシップになると考えているでしょうし、今後も本機の動向には注目していきたいところです。(無駄に2台も持ってるので尚更

 

2017/3/2 追記:
 
HPの公式フォーラムより、更新内容が判明したため追記します。

◆主な更新内容
 -カメラ
  ・フラッシュがONのときの暗い環境における画質の向上
  ・オートフォーカスに関する向上
 -キャリア
  ・APN設定の更新(Orange、MegaFone、Vodafone)
 -システム関連
  ・メモリ使用に関する最適化
  ・アプリケーション起動時のパフォーマンス向上
 -その他
  ・HP Elite x3用Barcode Scanner Jacketのサポート

◆既知の不具合
 -アプリ関係
  ・Continuum接続時に外部ディスプレイでSkype for Businessが起動できない
 -ネットワーク
  ・デスクドックのLANポート使用時のUI設定画面は、RS2(Creatours Update)以降から利用可能になる
 -セキュリティ
  ・ロック解除に失敗しすぎるとデバイスがロックされる。これは https://account.microsoft.com/devices.から解除可能

 とのこと。
 カメラのオートフォーカスに関しては、毎回何かしらの調整が入っている感じですね。初期ファームウェアと比べるとかなり改善していますが、調整を続けてくれていることは嬉しい限りです。

新しいNuAns NEOはAndroid版でしたね……

NGワード:今更

 

 というわけで、もう一週間以上も経ってしまいましたが、今更感あふれまくりですが取り上げてみます。といっても、言及するほどのことは、時間が経ってしまったのでもう特にないのですが……。

 NuAns NEOの新型端末「NuAns NEO Reloaded」は、残念ながらAndroid端末となりました。ReloadedのW10M版は、ありません。

 2/20の発表よりも少し前にフライングでAmazonのページが公開されてしまう、というハプニングもあったため、事前にわかってはいたことでしたが……。

 

◆W10M版は今後どうなるんでしょう

 まず、販売自体は継続するようです。
 これに伴って、W10M版の値段はこれまでは4万円以上しておりましたが、現在は公式サイトで29,800円で購入可能 (本体のみ)となっております。大分買いやすい値段になりましたね。
 また、NuAns NEOシリーズの特徴である、付け替え可能なTWOTONEカバーについては、Reloadedモデルと互換性があるようで、どちらでも使用可能となっております。これはありがたいですね。

 また、ITmediaの記事によれば、

先代ではWindows 10 MobileをOSに採用したが、「(購入を希望する)ユーザーにアンケートを取ったところ、(OSとして)Androidの方が良いと答えた人が非常に多かった」(トリニティの星川哲視社長)ことと「Windows 10 Mobileでやりたいことは(先代で)ある程度やれたので(Windows 10 Mobileを搭載する)2作目を作る必要性は現時点ではあまりない」(同)ことから、Androidに変更したようだ。

トリニティ、「NuAns NEO [Reloaded]」を発表 念願の「おサイフケータイ」搭載 – ITmedia より引用

 とのこと。
 Android版を求める人は、初代発表時から多くいましたので特に驚きはありませんが、W10M版の2作目を作る必要性は今のところない、とはっきり言及があった模様です。トリニティも会社としては大手というわけではありませんし、大手のようにぽんぽんと端末を発売することはないでしょうから、NuAns NEOとしての次のW10M機は期待できないでしょう。
 残念ではありますが、正直なところメーカーとしてこの選択は正しいでしょう。

 

 苦境が続くW10Mですが、ここにきてまた一つ、痛いダメージを受けています。

 トリニティ社長の星川氏のTwitterなどを見ていると、MSの対応にもどかしさも感じます。個人的にも、W10MだけでなくInsider Previewに関することでも色々と不満を抱えている状況なので、MSには強く文句を言いたいくらいです。
 この状況を挽回できるよう、またトリニティから再び新しいW10M機が出てくるような、そんな策をMSが行ってくれればよいのですが……。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15043.0が公開中。今回はバグ修正が中心の模様。

wp_ss_20170225_0001 image

 

 日本時間で2/25 AM3時頃より、Insider Preview最新版である「15043.0」が、Fast Ring向けに配信開始されました。

 更新内容の詳細は、いつも通り公式ブログで確認できます。今回はMobile向けには新機能は特に何もありません。PC向けにもわずかにあるばかりで、次期大型アップデートである「Creatours Update」としての新機能実装は、ほぼ終わったものとみてよいでしょう。今後はバグ修正や安定性の向上が中心のPreview版になると思われます。
 となると、Continuum for phonesのときにマルチウィンドウに対応する、という話は次の大型アップデートに持ち越し、となりそうですね。期待していた機能だけに、実に残念です……。

 

 今回の修正で、Bluetooth画面を開けなかった問題の対応、無線Continuumが使えなかった問題の対応、画面回転が効かなくなることがある問題への対応、Outlookメールやカレンダーのライブタイルが更新されない問題への対応……などなど、様々な不具合が修正されています。
 一方で、かねてから存在する既知の不具合である「音声パックがダウンロードできない」「ウォレットアプリに新しいカードを追加できない」という問題は継続中のようです。

 

 もうすぐ正式な「Creatours Update」の配信時期になります。少しでも不具合を減らせるよう、積極的にフィードバックを投稿していきたいところですね。

VAIO Phone Bizがお買い得! 期間限定で3万円で買える公式フェア開催中

wp_ss_20170215_0007 (2).png

VAIOのオンライン公式ショップにて、VAIO Phone Bizが3万円で購入できる公式フェアが開催されています!
(画像はVAIOオンラインショップから)

定価54,800のところ、今回のフェアでは24,800引きの、「30,000円」で買えるというもの。(税別)
かなり破格のフェアです。期間は本日2/15から2/19までの限定となっています。

もうすぐNuAns NEOの新型も控えていて出費を抑えなければならないこの時期に、狙いすましたかのようにこのフェアを開催するVAIO……きたない、じつにきたないぞ!

 

wp_ss_20170215_0006%e3%83%a2%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%af

じつにきたない。(白目)

HP Elite x3 を買いました。Re;

WP_20170207_20_53_26_Pro

 

 2 台 目 。

 

 

 というわけで。Twitterのほうでは既に呟いてましたが。
 年末に落として破損してしまった HP Elite x3(写真右側)でしたが、修理に出そうとしたところ新品が買える価格だったので、思い切って新品で購入しなおしました。馬鹿じゃないのこいつ。

 

 今回は前回の トラウマ 教訓を生かし、純正の耐衝撃ケースをつけています。
 この耐衝撃ケース、本当に落としたときのためだけの目的で購入したのですが、実際に実物が届いてから思わぬメリットがあることを知りました。

 

 

 

image

 

 意外! それはストラップホール!!

 ええそうなんです。HP Elite x3の少ない不満点の1つであった、「ストラップホールがついていない」という問題が、このケースを付けることで解決するのです。ただ、ストラップホール用の穴が上部にしかありません。私としては下部にあったほうが嬉しかったのですが……それでも無いよりは遥かにマシです。

 

 

◆破損したほうのHP Elite x3の今後

 さて、問題の1台目のほう。こいつは、もともとSIMカードやSDカードの認識が怪しかったものの、加えて画面は割れてはいるものの基本的な動作には影響はなく、実験機とすることにしました。具体的には、Insider Preview端末として使用していきます。

 Insider Programのページに記載のある、サポートされる端末リストには HP Elite x3の名前は載っていません。ですが、実は去年の9月に、Insider Programでおなじみドナ氏が、こんなツイートをしています。

 

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 

 なので、HP Elite x3も一応Insider Preview対応端末(のはず)なので、通常版とInsider Preview版の両方をHP Elite x3でチェックしていくことにしました。特に、指紋認証についてInsider Preview版で試すにはHP Elite x3しか選択肢がないわけですし、そう、これは仕方ないことなんですよ。

 

 

 落としていなければ、こんなことには……。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15031.0が配信開始。

image

 日本時間で2/10 AM8時頃から、Insider Previewの最新版である「15031.0」の配信が、Fast Ring向けにはじまりました。

 

◆今回のビルドでの変更点

image

 「共有」メニューのアイコンが変更されました。

 

 

 以上!

 

 

 はい、本当にこれだけです。
 もちろん、細かい不具合修正等は他にもあります。Edgeが横画面にならないことがある問題やGrooveで音楽再生を「再開」したときに不安定になる問題の対応、etc…

 既知の不具合としては、設定画面からデバイスページ  (訂正:正確には、 設定 > デバイス > Bluetoothとその他のデバイス でした)を開くとクラッシュするようです、。これによって、Bluetooth機器の追加などが行えないとのことですので、可能ならばアップデート前に追加等は済ませておきましょう。

 詳細はいつも通り、公式ブログから確認できます。

 

 そろそろ正式Releaseも視野に入ってきているころですし、新機能よりも安定性や改善を優先してほしいところです。今後も新機能追加の頻度は低くなると思います。多分。(ところでContinuum時にマルチウィンドウ化、という機能はまだなんですかね……)

新たなるNuAns NEO。詳細は2/20の発表会にて!

 既にいくつものサイトで取り上げられておりますが。(完全に出遅れました)

image

 

 トリニティは2/20に、NuAns NEOの後継機種となる新端末の発表会を行うことを案内しています。

NuAns NEO 新製品発表会を開催 – トリニティ(公式サイト)

 

 

image

※画像は公式サイトのニュースページより引用

 

 現時点では、端末に関する情報は何も公開されていません。外観、スペック、搭載OS、発売次期や価格など、気になるものは多々ありますが、いずれも非公開です。

 初代NuAns NEOは、そのデザイン性の高さや国内W10M端末でははじめてContinuum機能に対応していたことなどから、各方面から高い注目度を得ていました。今回発表されるという後継機種にも、熱い視線が注がれています。

 実際、私もかなり気になります。今度はどんなデザインになるのか、初代NuAns NEOのカバーは流用できるのか全く別物になるのか、価格やスペックはどの程度のものになるのか、そもそもW10Mなのかという不安もありますが

 

 また、2/20に行われる発表会は、公式ブログや下記Twitterによれば、ブロガーでも参加可能になっているようです。

>プレス・メディアという書き方をしておりますが、フリーランスの方はもちろん、関連ブログを書かれている方もご参加いただけます。「媒体名」のところにブログURLを入れてお申し込みください。基本的には、3ヶ月以上継続しているアクティブなブログサイトであること、取材していただいたら記事を掲載していただく事などを前提にご案内いたします。また、今回は内容の都合上、情報解禁時間の設定がありますので、守っていただく必要があります。

公式ブログから引用

//platform.twitter.com/widgets.js

 ブログからの引用部分にも記載の通り、ブロガーでの参加には条件があります(緩いですが)ので、参加を検討されている方はご注意ください。

 ちなみに私は参加できません
 その日には前々から決まってる、どうしても外せない仕事の用事がありまして……なんかいつも、この手の出来事は仕事に邪魔されるなぁ……。(血涙)

 当日は私は職場から情報を追いかけるだけになりますが、興味のある方は是非とも参加してみてはいかがでしょうか。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15025.1001 が配信中。そしてBug Bashも開始。

image

 2/3より、Insider Preview最新版となる「15025.1001」が、Fast Ring向けに公開されました。同ビルド番号のPC向けが2/1に配信開始されていましたが、数日遅れですがMobile向けも追い付きました。

 更新内容はいつも通り公式ブログで公開されています。

 ざっくりとした更新内容としては……

・Edgeでの電子書籍ファイルの読み上げに対応(ストア以外のEPUBファイルや、日本語にも対応)
・Edgeに表示される絵文字がフルカラーに対応
・フィードバックHubに「コレクション」機能の追加
・モノラルオーディオへの対応

 といったところ。
 フィードバックHubの「コレクション」機能については、Insider Preview以外の端末でも確認可能です。フィードバックHubのバージョン1.1612.10251.0以降からとの案内になっているのですが、手元では、正式版ビルドの端末の1.1611.3471.0でもコレクションは見えています。

wp_ss_20170202_0002

image image

 こんな感じで。
 去年末からMSがいきなりはじめた、フィードバックを翻訳して流し込んできているものが対象のようです。そのフィードバックが何のフィードバックを取りまとめたものなのか、が見えるようになっていますね。
 取りまとめてくれるのはいいのですが、翻訳の質がくs……低いのと、これによって他のフィードバックがどんどん流れていってしまうので、別枠でやってほしいというのが本音です……。

 

 また、他にも多くの不具合が修正されております。「非通知モード」のクイックアクションボタンが効かない問題は解消しております。
 また、前に当ブログでも取り上げた「アプリのリセット機能に関する不具合」も一部改善されたようで、UWPに関しては正常に動作するようになったと思われます。Siliverlightアプリに関しては相変わらずダメのようですが……。

 

◆Bug Bash(2017/02)の開始

 そして、今回のビルド配信後より、17年2月度のBug Bashが開始されました。(公式ブログでもアナウンスが出ています

 期間は2/11いっぱいまで(太平洋標準時で。日本時間だと2/12 17時まで)とされています。参加する場合は、既にフィードバックHubのクエストにいくつも追加されていますので、これらを確認し対応していきましょう。
 アナウンスにもある通り、Bug Bashには基本的にはFast Ring向けのビルド(いまだと 15025.1001)で参加することが望ましいです。
(※参加方法について…… 基本的には、フィードバックHubのクエストに表示される手順に沿って機能を試し、クエストの「完了」ボタンを押してアンケートに回答することで進めていきます。また、関連するフィードバックも投稿してください。もちろん既存のフィードバックがある場合にはそれに同意票を投稿していきましょう)

wp_ss_20170204_0001 wp_ss_20170204_0003

 クエストは英語内容のままになっています。また、一部は開発者向けの内容になっており、コーディングが必要となるものもあるそうですので、注意しましょう。今後もクエストは追加されていくようですので、定期的に確認していきましょう。

 

 タイミング的に、恐らく今回のBug Bashが「Windows 10 Creatours Update」正式配信前の最後のBug Bashになると思われます。Insider Program参加者の皆様は、是非がんばってまいりましょう。

HP Elite x3 にファームウェアアップデート「0002.0000.0023.0113」が配信中。

日本時間で2/1より、HP Elite x3向けに最新ファームウェア「0002.0000.0023.0113」が配信開始されました。


前回のバージョンは「0002.0000.0018.0105」でした。あまり大きく変わったわけではなく、バグフィックスなどに収まっていると思われます。半日ほど様子を見た感じでも、特に変更点らしいものは見当たらないですね。
とはいえど、発売直後のカメラ等のアップデートから続いて、継続的にアップデートしてくれている姿勢には好印象を覚えます。今後のアップデートにも期待ですね。