タイルのカウント上限の豆知識

 というよりトリビア。

 WindowsPhoneのLiveTileでは、カウント数を表示することが可能です。この機能も、WP7のころは、サードパーティーの開発者が使用できるレイアウトはタイル右上に黒丸の中に表示する形式、のみしかありませんでした。

image  ←こんな感じ
※画像はMSDNより

 

 WP8では、これのレイアウトだけではなく、「Iconic」というテンプレートが追加されもう少し大きなレイアウトが使用可能となりました。そのレイアウトはWP7の頃は「電話」や「メッセージ」「メール」などといった、OS標準機能にしか許されていない形式でした。

image  ←こんな感じ
※画像はMSDNより

 

 

 このようにタイルに関する機能としてはWP7→WP8では機能強化されており、劣化しているような部分はない。

 

キャプチャそんな風に考えていた時期が、俺にもありました。

続きを読む

広告

生ける屍

 9/9、いよいよWP7のOSサポート切れとなり、IS12Tが終焉の日を迎えてしまう……

 はずでした。

 最終日の昼頃から、Twitterでは #wpjp タグがいろいろな意味でw盛り上がっておりました。結局あたらしい端末の国内投入は発表されず、IS12T終了をまでのカウントダウンをじっと待っているしかない……と、誰しもが思っていたそのときでした。

 

 確認してみると、確かにサポート期間が延びていましたァ!http://support.microsoft.com/lifecycle/search/default.aspx?sort=PN&alpha=Windows+Phone+7&Filter=FilterNO

 終了日当日に、なんの告知もなくいきなり延ばされて逆に困惑するところですが(ちなみに、その日のイベントでMSエヴァンジェリストの高橋さんに聞いてみたところ、高橋さんも知らなかったそうです)、いずれにしろ、IS12Tは首の皮一枚のところで生き延びたようです。

 とはいえ、国内にはまだWP8世代の端末がきていないことに変わりはありません。この延びた一か月の間に何かしら動きがあるのではないか、と邪推しながら、同じく命拾いした嫁(Lumia900 White)と共に、今後の動向を見守っていきたいと思います。

2

意外な授かり物

 WP7のサポート切れが、いよいよ目前まで迫ってきました。(強調)

 そういえば、WP7で不評だった部分がWP8になって色々と改善されているというのは今までもお伝えしてきた通りですが、意外と改善されていることに気付いていない人が多かったものが一つあります。
 それは――「バックグラウンドタスクで実行されるアプリを2週間以上起動しなくても、タスクが停止されなくなった」ことです。

 WP7では、ライブタイルのアプリが14日間起動されないでいると、ライブタイルのバックグラウンド更新は止まってしまう仕様でした。(サーバーから情報がPushされて更新されるタイプのものは大丈夫ですが、アプリ自身がバックグラウンドタスクで定期的に更新されるタイプのものはそういう仕様です)
 これはアプリ開発者ならばわかっていることですが、ユーザーからすれば、どのアプリがPushによって更新されるものでどのアプリがバックグラウンドタスクで更新されるものなのか、わかりにくかった(※)ので、気が付いたらライブタイルの更新が止まっていた……なんてことが結構多かったと思います。
 また、わかったとしてもたまに起動してやる必要があるというのは、地味に面倒くさく、折角のライブタイルの強みを削いでいたと思います。
※バックグラウンドタスクで動作するアプリの一覧は、 [設定] > [アプリ] > [バックグラウンドタスク] から一応確認できますけど……

 具体例としては、私の作ったアプリに「でんりつ」というものがあります。これは、設定のバックグラウンド更新をONにすることで30分おきにデータを取得しに行き、東電の電力使用率をタイルに表示するというアプリです。
 こいつをONにしてやれば、以後勝手にタイルを更新するので、アプリを起動しなくても東電の使用率がタイルだけでわかるようになる、という趣旨のアプリなのですが、バックグラウンド更新をONにしていても2週間アプリを起動しないでいると、この更新がOSによってOFFにされてしまう……というものです。

 これが、WP8になってからは廃止され、一度バックグラウンドタスクとして登録されたあとは、基本的には勝手にOFFにされることはなくなりずっと更新され続けるようになりました。便利になりましたね!

 この変更点、私は年明け前後くらいにようやく気付いたのですが、周囲の開発者に聞いたところ気付いていない人のほうが多かったので、今回記事にしてみました。多分、WP7のときの仕様が印象強く残ってしまっているからでしょう……不便でしたからね、ユーザーにとっても開発者にとっても。

 きっと他にも、地味に改善された点があると思われます。
 WP8になったときに改善されたものや、8.1になったときに改善されたものなど、見つけてインパクトが大きそうなものは、またこうやって記事に取り上げていきたいですね。

頭を知識で一杯にするためには、まず空っぽにしなければならない。
―― 練達の魔術師バリン

魂の結合

図2  ノルマ一本目。「Y!乗換案内」を公開しました。Yahooの乗換案内を使うための非公式アプリです、ご確認ください。(もちろんWP7.x世代で使えます)

 さて、そんなこんなで気が付けば2月末です。いつになったらWP8が日本で出るんや、と思っているうちに、この春に公開されるWP8.1の情報が出てきましたね。バルセロナで開催中のMWCで公式に明言され、また一部のリーク情報によって新機能もたくさん見えてきました。(ここら辺が詳しいですね)

 どんどんとOS自体は進化しているのに、日本では一体いつになったら……と思っている皆さん。直接そのものではありませんが、ようやく兆候らしきものが表れてきましたよ……!

続きを読む