5月の月例アップデートで、NuAns NEOとMADOSMA Q601はCreators Updateに。

 5/10から、月例更新が配信されております。

 今回の更新では2つのバージョンが存在しています。

 

1.バージョン1703 – Creators Update端末向け「10.0.15063.297」

image image

 Creators Updateには「10.0.15063.297」が配信されています。といっても、月例更新では基本的にはセキュリティアップデートが中心で、新機能等は特にありません。
 ただ、今回のタイミングで「NuAns NEO」と「MADOSMA Q601」にCreators Updateの配信がはじまりました。思ったよりも早かったですね。しかし何故か「VAIO Phone Biz」はまだのようです……。「SonftBank 503LV」は知り合いに所持している人もいないのでわかりません。

 

 

2.バージョン1607 – Anniversary Update端末向け「10.0.14393.1198」

image

 Anniversary Update……要はCreators Update対象外の端末……には、「10.0.14393.1198」が配信されました。前述の通り、VAIO Phone BizはCreators Update対象端末ではあるもののまだ配信開始されていないため、こちらのバージョンが配信されています。
 こちらも基本的にはセキュリティアップデートです。MSが、Creators Update対象外の端末でもセキュリティアップデートは続ける、と言っていた通りですね。なのでCreators Updateが受け取れなかったからといって、すぐに使用不可能になるわけではありませんので、ご安心ください。

 

 

 Anniversary Update向けの更新がいつまで続くのかはわかりませんが、当面は、セキュリティ面については今までと変わらずに使えるのはありがたいところです。出来れば、後からでもアップデートの対象になってくれればいいのですが……。

広告

W10M版 Creators Update の配信開始! ただし機種は順次解放の模様?そしてQ501の今後は。

 ちょっと時間経っちゃいましたが。

 日本時間 5/3 AM2時くらいより、Windows 10 Mobile向けにも「Creators Update」の正式版配布が開始されたようです。正式版のビルド番号は「10.0.15063.251」となっており、事前にRelease Previewで配布されていたものがそのまま正式版になったようです。

wp_ss_20170503_0001 image

 

 ただし、手持ちの対象端末(HP Elite x3、VAIO Phone Biz、NuAns NEO)で確認した限りでは、配信されているのはHP Elite x3のみのようです。これは記事を書いてる現在(5/5 14時)でも同じで、また海外でも一部のLumiaにしか配信されていないとのことです。残りの機種向けには何回かにわけての配信になると思われます。

 

 

◆非対象端末でもCreators Updateを受け取るには? ※

 条件が限定されますが、非対象端末でもCreators Updateを受け取る方法があります。(フィードバックHubで公開されている方法です)

 条件……もともとInsider Preview対象端末であること(※恐らく

 非対象端末でこの条件を満たすのは「MADOSMA Q501」だけです。それ以外の端末では失敗します。手持ちのドスパラフォン「DG-W10M」で試してみましたが、見事に失敗してしまいました。ただ、この条件はアナウンスがあったわけではないため、推測になります。

 また、当ブログに頂いたコメントによれば、MADOSMA Q501も今後対象端末に追加される予定 とのことなので、無理してこの方法をすることはないと思います。
(詳細はリンク先のブログをご確認ください …… ばぎーのブログ 様「Windows 10 Mobile Creators Update対応機種リストは一部!? ~Creators Updateデモin秋葉原~ 」)

 なので、この方法はどうしても今スグ!Q501でCreators Updateを受け取る必要があるんです!!という方ぐらいに留めておいたほうがいいでしょう。
 ただし注意事項として、この方法で当てるとInsider Preview適用端末状態となるため、ファームウェアアップデート等の通常更新は受け取れなくなります。それらを受けとるには、「Windows Device Recovery Tool」を使って完全初期化する必要がありますので、ご注意ください。
 また、あくまでも自己責任のうえで実施してください。

 

 

 さて、前置きが長くなりましたが、具体的な手順は以下の通りとなります。

1.まずは最新版への更新を済ませる

image

 この手順は必須ではありませんが、ちゃんと最新のファームウェアアップデートがあたっているかなどの確認も兼ねて、一度更新を全て適用しておくことをオススメします。

 

2.Insider Previewを有効化する

 ここから先は後戻りできなくなりますので、バックアップ等、本当に気を付けてください。
 設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Program のメニューを開きます。
 開いたところに「開始する」のボタンがあるので、これを押します。

wp_ss_20170504_0002 image

 尚、Insider Programに参加していない場合は、先にWindows Insider Programホームページから参加しておく必要があります。(参加手順は割愛)

 

 「開始する」を押すと警告が表示されますので、同意する場合のみ「次へ」「確認」を押してください。

wp_ss_20170504_0004 wp_ss_20170504_0005

 

 そのあとで再起動を求められるので、ここで一度再起動を行います。

wp_ss_20170504_0006

 

 

3.まずは「ファースト」設定で更新を受け取る

 再起動が完了したら、再び Windows Insider Program設定ページを開きます。
 Insider Programに参加した直後は、レベルが「リリース プレビュー」になっていますが、このままではCreators Updateは降ってきません。レベルを「ファースト」に変更してください。

image image

 

 変更後、少し時間を置いてから(1分程度で十分です)、 設定 > 更新とセキュリティ > システムの更新 を開き、更新プログラムの確認をします。すると、まずは「10.0.15063.2」が降ってきますので、これを適用します。

image

 

4.次は「リリース プレビュー」設定で更新を受け取る

 「10.0.15063.2」の適用が完了したら、再び、Windows Insider Programページを開きます。先ほど設定した「ファースト」のままになっていますが、今度はこれを「リリース プレビュー」に戻します。(ファーストのままにしていると、次は「10.0.15063.138」が降ってきますが、それを受け取る必要はありません)

image

 変更後、少し時間を置いてから(1分程度で十分です)、 設定 > 更新とセキュリティ > システムの更新 を開き、更新プログラムの確認をします。すると、今度は「Localization for Japanese」という更新が降ってきますので、これを適用します。

wp_ss_20170504_0013

 

 

5.適用完了後、バージョンを確認する

 「Localization for Japanese」の適用が完了したら、システム情報ページでOSビルドバージョンを確認してください。ここが「15063.251」になっていれば、作業完了です。以後も、Insiderレベルを「リリース プレビュー」のままにしておくことで今後もアップデートを受け取れるはずです。

image

 

 このときもし、OSビルド番号が「15063.138」になっている場合は、4の手順をもう一度実行してください。

 

 以上の手順で完了となります。
 ただ、先のも述べた通りQ501も対象端末に追加される可能性が出てきていますので、無理してこの手順を踏む必要はありません。Q501はかなり思い入れのある端末ですので、続報に期待したいところです。

 

 ちなみに、実験に使われたドスパラフォン「DG-W10M」は、Windows Device Recovery Toolで復元することが出来ないため、詰みました。もう通常のセキュリティアップデートも受け取れるのかどうかもわかりません。ウカツ!!

Creators Updateの配信端末は限定されるようです

 お久しぶりです、OD-10Zです。
 ようやく更新を再開できました。(長らく放置状態で失礼いたしました……)

 更新ストップしてる間にInsider Previewの更新などもあったり、PC版には正式なCreator Updateが配信開始されたりしました。一方で、Mobile版の配信開始はPC版より遅く、4/25から開始されると言われています。

 

 さて、そんなCreators Updateですが、一部で配信される端末が限られるのではないかと噂されていたのですが、実際に配信される端末は以下のものに限られるようです。

HP Elite x3
・Microsoft Lumia 550
・Microsoft Lumia 640/640XL
・Microsoft Lumia 650
・Microsoft Lumia 950/950 XL
・Alcatel IDOL 4S
・Alcatel OneTouch Fierce XL
SoftBank 503LV
VAIO Phone Biz
MouseComputer MADOSMA Q601
Trinity NuAns NEO
※太字は日本国内で発売されている端末

 リストはMSのInsider Preview公式ブログで発表されました。この発表によれば、Creators Updateだけでなく今後のInsider Previewについても上記端末だけが配信対象となるようです。

 

・リストにない端末は今後どうすればいいのか?

image

 4年ぶりに日本で発売されることになったWindows Phoneとして、多くのユーザーに今も愛されている「MADOSMA Q501」も、Creators Updateを受け取れないとのことで、個人的には結構悲しいところです。とはいえ、発売されてからもうすぐ2年になりますので、仕方ない面もあります。

 ただ、自己責任かつ非サポートということを承知のうえでならば、一応、Insider Previewを有効にすることでCreators Update相当の状態に保つことは出来るようです。(これは公式ブログにも言及があります)
 実際にどういう設定にすればいいのかについては、配信開始されてから手元の端末で試してみたいと思います。(Fast Ringではダメでしょうから、恐らくRelease Previewになると予想しています)
 アップデート打ち切りになる対象端末もたんまり持っていますので、試すにはもってこいです。

 ただし自己責任で、ということになりますので誰しもにオススメできるわけではありません。また、対象になっていない端末ではスペック的にも厳しい面があり、Creators Updateを適用しても快適には使用できないかもしれませんので、あまり過度な期待はしないほうがいいということは念頭に置いておいてください。

 

・Insider Previewは、Creators Updateを終えてさらに先のフェーズ「Redstone 3」へ

wp_ss_20170416_0001 image

 一方で、Insider Previewは最新のビルドとして「15204.0」の配信が開始されました。このビルド番号はCreators Updateとされるビルド番号の150xxよりも先の番号です。これが直接、次期大型アップデートのコードネーム「Redstone 3」とされるものなのかどうかは定かではありませんが、少なくとも、Creators Updateリリース後を見越したビルドであることは間違いありません。

 端末切りが発生して悲しい面もありますが、それは決してMSが歩みを止めたことと直接イコールになるわけではありません。今回のビルドでは特に新しい機能は見当たりませんが、今後もまた新機能等が実装されていくことになると思いますので、これからのInsider Previewに期待しましょう。

新しいNuAns NEOはAndroid版でしたね……

NGワード:今更

 

 というわけで、もう一週間以上も経ってしまいましたが、今更感あふれまくりですが取り上げてみます。といっても、言及するほどのことは、時間が経ってしまったのでもう特にないのですが……。

 NuAns NEOの新型端末「NuAns NEO Reloaded」は、残念ながらAndroid端末となりました。ReloadedのW10M版は、ありません。

 2/20の発表よりも少し前にフライングでAmazonのページが公開されてしまう、というハプニングもあったため、事前にわかってはいたことでしたが……。

 

◆W10M版は今後どうなるんでしょう

 まず、販売自体は継続するようです。
 これに伴って、W10M版の値段はこれまでは4万円以上しておりましたが、現在は公式サイトで29,800円で購入可能 (本体のみ)となっております。大分買いやすい値段になりましたね。
 また、NuAns NEOシリーズの特徴である、付け替え可能なTWOTONEカバーについては、Reloadedモデルと互換性があるようで、どちらでも使用可能となっております。これはありがたいですね。

 また、ITmediaの記事によれば、

先代ではWindows 10 MobileをOSに採用したが、「(購入を希望する)ユーザーにアンケートを取ったところ、(OSとして)Androidの方が良いと答えた人が非常に多かった」(トリニティの星川哲視社長)ことと「Windows 10 Mobileでやりたいことは(先代で)ある程度やれたので(Windows 10 Mobileを搭載する)2作目を作る必要性は現時点ではあまりない」(同)ことから、Androidに変更したようだ。

トリニティ、「NuAns NEO [Reloaded]」を発表 念願の「おサイフケータイ」搭載 – ITmedia より引用

 とのこと。
 Android版を求める人は、初代発表時から多くいましたので特に驚きはありませんが、W10M版の2作目を作る必要性は今のところない、とはっきり言及があった模様です。トリニティも会社としては大手というわけではありませんし、大手のようにぽんぽんと端末を発売することはないでしょうから、NuAns NEOとしての次のW10M機は期待できないでしょう。
 残念ではありますが、正直なところメーカーとしてこの選択は正しいでしょう。

 

 苦境が続くW10Mですが、ここにきてまた一つ、痛いダメージを受けています。

 トリニティ社長の星川氏のTwitterなどを見ていると、MSの対応にもどかしさも感じます。個人的にも、W10MだけでなくInsider Previewに関することでも色々と不満を抱えている状況なので、MSには強く文句を言いたいくらいです。
 この状況を挽回できるよう、またトリニティから再び新しいW10M機が出てくるような、そんな策をMSが行ってくれればよいのですが……。

新たなるNuAns NEO。詳細は2/20の発表会にて!

 既にいくつものサイトで取り上げられておりますが。(完全に出遅れました)

image

 

 トリニティは2/20に、NuAns NEOの後継機種となる新端末の発表会を行うことを案内しています。

NuAns NEO 新製品発表会を開催 – トリニティ(公式サイト)

 

 

image

※画像は公式サイトのニュースページより引用

 

 現時点では、端末に関する情報は何も公開されていません。外観、スペック、搭載OS、発売次期や価格など、気になるものは多々ありますが、いずれも非公開です。

 初代NuAns NEOは、そのデザイン性の高さや国内W10M端末でははじめてContinuum機能に対応していたことなどから、各方面から高い注目度を得ていました。今回発表されるという後継機種にも、熱い視線が注がれています。

 実際、私もかなり気になります。今度はどんなデザインになるのか、初代NuAns NEOのカバーは流用できるのか全く別物になるのか、価格やスペックはどの程度のものになるのか、そもそもW10Mなのかという不安もありますが

 

 また、2/20に行われる発表会は、公式ブログや下記Twitterによれば、ブロガーでも参加可能になっているようです。

>プレス・メディアという書き方をしておりますが、フリーランスの方はもちろん、関連ブログを書かれている方もご参加いただけます。「媒体名」のところにブログURLを入れてお申し込みください。基本的には、3ヶ月以上継続しているアクティブなブログサイトであること、取材していただいたら記事を掲載していただく事などを前提にご案内いたします。また、今回は内容の都合上、情報解禁時間の設定がありますので、守っていただく必要があります。

公式ブログから引用

//platform.twitter.com/widgets.js

 ブログからの引用部分にも記載の通り、ブロガーでの参加には条件があります(緩いですが)ので、参加を検討されている方はご注意ください。

 ちなみに私は参加できません
 その日には前々から決まってる、どうしても外せない仕事の用事がありまして……なんかいつも、この手の出来事は仕事に邪魔されるなぁ……。(血涙)

 当日は私は職場から情報を追いかけるだけになりますが、興味のある方は是非とも参加してみてはいかがでしょうか。

NuAns NEO の最新ファームウェア「V95」が配信開始。テザリングやContinuumの不具合が修正される!

 1/13より、NuAns NEOの最新ファームウェアバージョンの「V95」が配信開始されました。

wp_ss_20170114_0003 image

 性格なバージョン番号は「1028.020.001.95」です。今回の更新により、「モバイルホットスポット(テザリング)が出来ない場合がある不具合」「Continuum接続が出来ない場合がある不具合」に対しての改善が行われているようです。
 これら現象は私の手元では発生していませんでしたが、Twitter等を見ていると、発生している人は色々試しても解決できず苦労されていたようですので、これで一安心ですね。

【1028.020.001.95】

・モバイルホットスポット機能(テザリング)で通信ができない場合がある不具合を解決しました。
・Continuum接続が出来ない場合がある不具合を解決しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。

公式サイトのリリースノートより引用

 

 アップデート前には、念のためバックアップを取っておくことをオススメします。また、今回は前回「V92」であったような、スケーリング設定が初期化されるといった現象は無いようです。

HP Elite x3はつよい(小並感)

 9/5より販売開始となっている HP Elite x3ですが、今日までに実際に国内で受け取った人はいるのでしょうか。(多分いない)
 私も、事前メール登録しておいたので優待での注文は済ませてあるものの、未だに納期の連絡はありません。はよ、はよと待ち焦がれるばかりです。

image image
(写真は、六本木のTSUTAYAで展示されてるやつを見に行ったときの)

 

 さてさて、そんなHP Elite x3ですが、海外では日本より早く販売が開始されており、既にユーザーの手元に届いている状況です。初期出荷状態ではAnniversary Updateが適用されておらず、9月下旬にようやくアップデートが配信開始されたようです。その際にファームウェアアップデートも行われており、この更新によってElite x3のパフォーマンスが大きく向上した、という旨の記事が海外のWindows Centralにて記事にされています。

 具体的には、ベンチマークソフトで定番となっている「AnTuTu Benchmark」を使用した結果を、Lumia 950 XL、Elite x3(更新前)、Elite x3(更新後)の3つを並べて比較しており、下記のようになっているようです。

  Lumia 950 XL Elite x3(旧) Elite x3(新)
Score 87906 108727 118796
3D 24773 24219 27856
UX 31396 37387 41075
CPU 27342 38449 40829
RAM 4395 8672 9036

 確かに更新前より数値はあがっています。

 でも、更新前の時点で既に結構な数値じゃね?と思ってしまう僕です。普段ベンチマークソフトとか使わないので、いまいち数値のすごさがよくわかりません。ですがまあ、Elite x3登場前まではW10M界では最高スペックだった Lumia 950 XL と大きく差をつけているというのは、Elite x3の能力の高さをうかがわせるのに十分です。

 

 

 で、折角なので、私も手持ちの端末のいくつかにインストールして動かしてみました。対象端末は「MADOSMA Q501 (Insider Preview)」「NuAns NEO」「Lumia 950 (Insider Preview)」の3機種。うち2つがInsider Preview版ですが、まあ参考値ということで一つ……。

 実は動かしてみるの今回が初だったのですが、いきなり3Dテストがはじまるのですね。チョットドッキリシタヨー

image image

 3Dデモが終わったあとは、CPUやらRAMやらのテストが続きます。しばらくそのまま待っていると結果が表示されて完了です。で、それぞれの結果が以下の通りです。

 

MADOSMA Q501 (IP) NuAns NEO Lumia 950 (IP)
Score 34416 46513 62358
3D 3823 4927 14249
UX 14368 18099 24446
CPU 12606 18050 19718
RAM 3619 5437 3945

・MADOSMA Q501 (Insider Preview)
wp_ss_20161003_0001 1
※尚、MADOSMA Q501の場合、途中で読み込み中のままフリーズしてしまい計測不能かと思われたのですが、そのまま放置してたら上記画面になりました。なので、正しい数値かどうかは非常に怪しいです。

・NuAns NEO
wp_ss_20161003_0001

・Lumia 950 (Insider Preview)
wp_ss_20161003_0007

 思った以上に差が出ました。3D性能が先ほどの表と段違いですね。NEOのRAMは意外と健闘しておりますが。

 VAIO Phone BizやMADOSMA Q601は持ってないので試せていませんが、NuAns NEOとLumia 950の間くらいでしょうかね、おそらく。いずれにせよ、これらを遥かに上回るスコアを出したHP Elite x3は強い。期待が、ぐんと高まりました。

 

 また、このファームウェアアップデートでは他にも「カメラの安定性UP」「充電時のLED点灯」「Windows Helloの高速化」「ダブルタップによるスリープ解除」「オリジナル電卓」「WinZIP(UWP)のプリイン化」「画面スリープ中の表示追加(LumiaのGlance Screenのようなもの)」など、多岐にわたって機能強化が行われているようです。(いずれも、詳細はWindows Centralの記事参照ください)

 手元に届くElite x3にこのバージョンがプリインストールされているのかどうかは気になるところですが、手元に届くのが本当に楽しみで仕方ありません。W10Mにとっても、そして私にとっても初の指紋認証対応端末となるので、届いたらしばらくはそれで遊んでそうな気がしています。