Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

FREETEL KATANA 02を買いました

 2016年最初の端末となる、KATANA 02を購入しました!
 国内W10M端末は、これで5機種目です。

◆開封

image

 外装はKATANA 01と似たような感じになっています。そういえば、国内WP/W10M端末ではじめてのシリーズ物なんですよね、KATANA。なんか今更ながら、ちょっと感動してきました……!

 

image

image

 中身はこんな感じでした。特にこれといって珍しいものが入っているわけでもなく、まぁ大体普通のものです。あ、バックカバーについては本体が入っている箱とは別のほうに入ってます。(KATANA 01も確かそうでした)
 初見時、「あれ、蓋が無い!?」って焦りますね。私は2回目でしたが当然のごとく「あれ、蓋が無い!!」と焦ってました。

 

image

 Dual SIMです。一番右がmicroSIMカードのスロットになっています。SIMの向きや注意書きなどは、バッテリーを外すとそこに書いてあるのが見えます。

 

image

image

image

 裏蓋です。細かい横線のようなものが入っているデザインで、この線はプリントされてるだけかと思ってたんですが、実際にさわってみると軽くざらざらしているような手触りでした。割と好き。

 

WP_20160108_21_44_56_Pro

 

image

 高級感というわけではないんですが、存外、安っぽさをそれほど感じない感じでいい感じ。カメラ部分は少しだけ出っ張りがありますが、机に置いたときに浮き上がりが気になるほどではないです。若干は浮いているけども。

 

 

◆気になる、KATANA 01のような不具合は?

 さて、KATANA 01は当初、「懐中電灯機能が使えない」「カメラがかなり不安定で落ちる、起動できない、などが多発」「画面の最下部が欠けている」「タッチ位置がずれる」という、数々の不具合がありました。ああ、書いてて頭痛くなってきた……。

 ですが、ご安心ください。
 少なくとも「懐中電灯は最初から使えます」し、「画面の最下部は欠けていない」です。「カメラが不安定な感じは今のところは無く ※」、「タッチ位置のズレは感じない ※」です。
まだ少ししか使ってないので、これらは継続して見ていきますが、問題なさそうに感じています

 

※KATANA 02の物理表示(最下部)
image

※参考比較用……KATANA 01の物理表示(最下部)

 

 

 

 尚、購入時の状態ではOSバージョンが最新ではありません。この記事を書いている時点での最新版は「10.0.10586.29」ですが、プリインストールされているのは「10.0.10586.0」です。

image

 この「10586.0」はOS側にまだ細かい不具合が多い状態ですので、購入後はまずアップデートを行うことをオススメします。

 

 

wp_ss_20160109_0001 (1)

 更新は「設定 > 更新とセキュリティ > 電話の更新」から出来ます。最初、何故か「最新の状態です」となってすぐに更新できない事態に遭遇しましたが、1時間後くらいにリトライしたら普通に更新できました。なんだったんだろ。

 

 

◆その他もろもろ

image

 前に、Every Phoneを買ったときに気になっていたんですが、ナビゲーションバー部分をダブルタップすると画面表示をオフにできるという機能は、KATANA 02でも出来ました。また、他の人に見せてもらったLumia 950でも同様でしたので、これはOS標準機能のようですね。

 

image

MACアドレス偽装も実装されてます。

 

 

wp_ss_20160109_0009 wp_ss_20160109_0010

wp_ss_20160109_0011 wp_ss_20160109_0012

 APN設定に関しては、KATANA 01と同じっぽいですね。豊富にあります。

 

 

◆コスパ良くてオススメかも

WP_20160109_08_51_42_Pro

 というわけで、駆け足でばばばっと見ていきましたKATANA 02でした。01のような不具合は無さそうですし、CPUはSnapdragon 210ではあるもののRAMは2GBありますし、中々コスパのよい端末です。
 同価格帯で真っ向勝負となっている「DG-W10M」もオススメなんですが、あちらはRAM 1GBなことと安っぽさが多少あります(代わりに、ポップな感じもあるのですが)。どちらを選ぶかは個人の好みに依るところが大きくなりそうです。
 可能ならば両方実機にさわって比較してから購入するほうを選ぶといいと思いますが、僕としては、KATANA 02は十分アリ!です。

 とはいえ、01によって植え付けられてしまった不安感があるのも事実。これからしばらく使っていきますので、不具合があったら記事にしますが、何もない、よい出来に仕上がっていることを切に願います。まじで。

FREETELから「純正アクセサリー」登場、KATANA 01分は1月以降発売

 12/25付でFREETELからプレスリリースが出ておりましたが、純正アクセサリーが登場するようです。

 FREETELは、SIMフリーのスマートフォンを複数展開しており、KATANA 01こそWindows 10 Mobileですが、そのほとんどがAndroidです。12/30には「Priori3 LTE」「SAMURAI MIYABI」「SAMURAI KIWAMI」の3種類のAndroid端末向けにアクセサリーが発売開始されるそうです。
 そして、発売日こそ1月以降となっているものの、KATANA 01も対象になっております。

image
※画像は公式のプレスリリース内のものから引用し、KATANA部分に加工を施しています。

 

 引用した表からわかるように、発売予定のものは

・バッテリーパック
・USBコード+ACアダプタセット
バックカバーメタリックブラック
バックカバーホワイトシルバー

 となります。以前予告されていた、KATANA 01のバックカバーのカラバリはちゃんと出てくるようです。

 

 1/8にはKATANA 02も手に入るようになっているわけですので、02についても後から純正アクセサリーが出てくる可能性があります。KATANA 02もバックカバーを取り外せるようですので、こちらも複数カラーが登場してくれるとうれしいところです。

KATANA 02のスペック詳細が公開されてました


※画像は公式サイトより

 

 25日から先行販売が開始されているKATANA 02ですが、FREETELの公式サイトにて、いつの間にかスペック詳細が発表されていました。見落としてた……!!

 公式のスペック情報はコチラ

image

 

 これによって具体的なCPUと寸法などが明らかになりました。
 寸法をMADOSMAと比較してみると、縦は1.8mmほど小さく、横幅がちょっと(2mm)大きく、厚さは0.5mmほど厚い感じ。ですが重量は34gほど重くなっています。重量に関してはドスパラフォンも145gほどありますが、KATANA 02は159gです。バッテリーの分でしょうかね。

 CPUのほうは、Snapdragon210でした。Snapdragon410ではないか、という噂があって私もそのつもりで考えていたのですが、どうやら違ったようです。ちょっと残念ですが、Snapdragon210でも動作的には十分である、ということは、ドスパラフォンDG-W10Mが証明してくれていますから、動作に問題はないですね。
(ただまぁ、これをハイスペックとうたうのはちょっと……?という感じですが)

 

 KATANA 01のような調整不足(主にタッチ位置ズレ)さえなければ、私的には最初の1台としてかなりオススメしたい端末が、このKATANA 02です。発売が待ち遠しいところですが、その出来がどうなっているのか、注目ですね。

W10M最新情報

24日目:FREETELとマウスコンピューターからのクリスマスプレゼント

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の24日目分の記事です

 

◆FREETELからのプレゼント

 本日、FREETELがKATANA 02の発売を1/8から開始する、とアナウンスしました。これで、5機種目!(Every Phone、KATANA 01、MADOSMAのW10M版、DG-W10Mに続いて)

image
※画像は公式サイトより

 

 KATANA 02の主な仕様は下図をご確認いただくとして……5インチ、2GBのメモリ、そして(おそらく?)Snapdragon410と、MADOSMAと似ているようでちょっとだけ上の性能を持っています。なのに価格は19,800円、と大変リーズナブル

image

 KATANA 01のような調整不足さえなければ、まず間違いなく、最もコスパのよい端末となるでしょう。実際のところは出てからのお楽しみですが、僕は期待しておきたいと思います。もちろん買いますとも。
 実際のところ、これで今度は調整がバッチリならば、メイン端末にすらなり得るかもしれません。KATANA 01の 犠牲 反省を生かした神調整に期待したいところです。

 尚、12/25から先行販売開始、となっていますが、実際に商品が発送されるのは1/8からとなりますので、ご注意ください。最速で欲しい人は、当日朝に店頭に向かえばいいんじゃないかな。

 

 

◆マウスコンピューターからのプレゼント

 KATANA 02だけでも「来たかっ」って感じだったのですか、もう一つ大きなプレゼントがありました。マウスコンピューターのMADOSMAですが、現在は有料でWindows 10 Mobileをクリーンインストールしてくれるサービスをしていますが、なんとこれを、各自で実行できるようにオンラインで公開しております。アイエエエエ!?

ニュースリリース等にて当初 12月 開始予定とご案内しておりました表題
の OTA ですが、マイクロソフトからの配信が 1月 になるとの連絡があり
ました(現時点での予定として)。

弊社でタイミングを決定出来ず、お待たせして大変申し訳ありませんが、
配信まで今暫くお待ちください。

なお、OTA 配信までの間、Widows 10 Mobile 上書きによる更新の手順を
別途ご案内させていただきます。

ただ、アップデートの手順が若干複雑なこと、イメージ上書きとなり、
データやソフトウェアのバックアップ、リストアが必要になること等から、
弊社としましては引き続きOTAを推奨したいと考えております。

上記手順に基づく更新後は、Windows 10 Mobile プリインストール版相当
となり、今後継続的に OTA による更新が可能となります。

上記手順の詳細につきましては、
https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_download.asp
にて MADOSMA のIMEI番号を入力いただいた後に表示される、

[ MADOSMA ] MADOSMA Windows 10 Mobile イメージ 2.0.0.3 ご案内
を参照ください。

公式FAQより引用

 

 ……とのことで、OTAが遅れたことに対する措置のようです。神かよ

 ただし、これも持ち込みと同じく、OSのクリーンインストールになります。つまり端末の中のデータはすべて消えます。オンラインにバックアップを取得しておけば復元は可能とはいえど、アプリによってはバックアップできないものも多々あるため、この手順を取るかどうかは、自己責任となります。
 尚、僕個人としては、FAQ内にも書かれているように、OTAアップデートを推奨します。なのでOTA来るまで待ちですね。

 尚、ツールのダウンロードは、FAQ内にあるリンク先にて、シリアルNoの入力欄に「IMEI」番号を入力すればOKです。IMEI番号は設定画面で確認可能です。

image

image ←これを入力

 スクリーンショットは省いておきますが、IMEI番号入力後、より詳細な手順とダウンロード用のリンクが書かれたページが開かれますので、あとは画面に従って作業していけばOKです。

 私は夜だと自宅回線がびっくりするくらい遅くなる環境にいるため、ダウンロードから先は確認できておりませんので、手順を最後まで載せられそうにないです。が、「もうW10MのOTA待ってられないぜぇ!」って人や近くにマウスコンピューターのダイレクトショップが無い人などは、試してみるのもありかもしれませんね。
※もちろん、ある程度は知識のある人が対象になっていますので、自信がない人は素直にOTAを待ちましょう。

 

 国内で4年ぶりにWP端末を出すと最初に宣言した両メーカー。その後紆余曲折あって、FREETELの「ninja」はなかったことになったものの、この2社がクリスマスイブにサプライズをしかけてくれたのは、ぐっとくるものがありますね。

23日目:KATANA 01の、バージョン情報にある謎の項目 ※追記あり

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の23日目分の記事です(遅刻)

 

 KATANA 01にファームウェアアップデートが降ってきて、放置されなかったってことは、これで今後位置ズレ修正が来る可能性にも期待できるなー、などと呑気な気分でKATANA 01をいじっていたときのことです。

 

image

 謎の「アプリの解像度」という項目。なんぞこれ。

 

 

 この項目、他のW10M端末には存在していないようで、現時点で完全に謎の項目です。

(DG-W10M、Every Phone、Lumia 830 の順です)

image

 

image

 

image

 

 

 他の端末に存在していない項目なので、この値が何を示しているものなのかさっぱり謎です。とりあえず画面の解像度と一緒になっていますが、この値はそもそも可変なのでしょうか。可変だとすると、端末のスケール設定を変更した場合に、アプリ解像度が変わったりするんでしょうか。

 というわけで変更してみましょう。

 

wp_ss_20151223_0004 → wp_ss_20151223_0003

 KATANA 01が設定可能なスケールサイズは「150%」と「125%」の2択です。規定値は左の画像のように150%になってるので、これを125%に変更します。さて、これで数値はどうなっているか……。

 

 

 

image

 

 ……変わってないですね。

 というわけで、謎の解明には至っていません。が、まぁ現状、値が変わらないならば特に気にすることはないのでしょうが。しかしこのような値が内部的に存在しているということは、画面の解像度とアプリの解像度を変更できる、ってことなのでしょうか?
 今のところFREETEL KATANA 01にしか項目が存在していませんが、今後出てくる端末、特にKATANA 02でこの値が存在するかどうか、そして可変なのかどうか、画面解像度と違うことはあり得るのか……。ちょっとだけ、気になることが増えましたね。

 

 

※追記

 ってな記事を書いて投稿したところ、速攻で情報が寄せられましたぁん!

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 とのこと。なるほど、納得はいきました。KATANA 01で表示されてるのは不具合なのかどうか、という謎が残るものの、設定値そのものの意味は、ちゃんとあったようです。

 綾野さん、情報ありがとうございました。

22日目分(遅刻):KATANA 01のファームウェアアップデートが来ました

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の22日目分の記事です(遅刻

 

 さんざん「修正はよ、はよ」と言っていたら本当にきました。FREETEL KATANA 01のファームウェアアップデートの配信が、12/22の朝から開始されました。……記事投稿が遅刻したため、既に皆さん受信済みかもしれませんけど、まだの方は

設定 > 更新とセキュリティ > 電話の更新

 から確認してみましょう。

 

wp_ss_20151222_0001 

 

 今回の更新はファームウェアアップデートなので、OSバージョンには変更はありません。ファームウェアリビジョン番号が「1078.013.000.042」になっていればOKです。(更新前は034でした)

 尚、FREETEL公式サイトにも案内が出ております。

 

image

 

 

 

◆懐中電灯が使えるようになりました

 今回の修正によって、以前記事にしていた「懐中電灯機能が使えない」という不具合が解消されました。これによって、懐中電灯実行後にカメラ起動時に不安定になるという事象も解決しています。

image

 

 写真撮ってみましたが……眩しすぎてうまく撮れません!!誤算!!!
 ですがちゃんとKATANA 01ですのでご安心ください。

 とにもかくにも、これでようやく、大きな不具合が1つ解決しました。OS標準機能で、割と便利で気にっている機能だったので、これが直って使えるようになったので一安心です。(出荷前に気付かなかったのかしら、という疑念は残るものの)

 

◆タッチ位置の調整は無い模様?

 で、画面下部が少し欠けている点はまあ諦めるとして、タッチ位置がずれるという現象。こちらは多少の慣れなどもあるのかもしれませんが、今でもまだ発生しています。キャリブレーション調整的なものが可能ならば、次回の更新時に入ってきてくれるといいんですけどね。
 あるいはいっそ、過去のWindows Mobile(~WM6.5)にあったような、補正機能を実装してくれてもいいんじゃよ?(参考) (大変でしょうから無いでしょうけど)