Acer、ついにJade Primoを国内投入、発売日は8/25!

 8/2、日本エイサーはかねてより投入を示唆していたW10M端末「Liquid Jade Primo」を、いよいよ日本でも発売することを発表しました。気になる発売予定日は8/25。端末の発表は2015年9月で、実に1年ほどもかかりましたが、いよいよ登場です。

Jade Primo 公式サイト

日本エイサー、Windows 10 Mobileスマホ「Liquid Jade Primo」を8月25日に発売 - ITmedia Mobile

 昨今の例にもれず、基本的にはビジネス向けとしての販売を想定している模様。販売はダイワボウ情報システムを通じて行われ、専用ドッキングステーション、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスを同梱したセットで販売される模様。お値段は約10万円前後をみこんd たけぇよ!!

 

 

jade primo

W10M第一世代

W10M第二世代

 

 Jade Primoは、有線でのContinuum接続に対応しています。発表当初は有線Continuumが使えるのはLumia以外では本機種のみとなっており、現時点においても、HP Elite x3くらいしか他にはありません。

 スペックは、Snapdragon 808、RAM 3GB、5.5インチフルHDと、中々に高スペック。Lumiaシリーズフラッグシップの950XLや、W10M史上最高級となるElite x3には負けておりますが、それでもかなりのスペックを誇ります。当時、Lumiaシリーズの発売が望めない日本においては最初のContinuum端末になるのではないか、と注目しておりました。

 その後、NuAns NEO、VAIO Phone Biz、MADOSMA 2と無線Continuum対応端末が発売されてきました。ですが、やはり無線では遅延等で厳しい部分がありますので、有線Continuum対応というのは強みではあります。
 Elite x3も控えているとはいえ、こちらは5.5インチとあちらさんより若干小さいのもあって、そこもまた魅力的なんです。ええ。

 

 

 

 ってなことを、発表されたと聞いて会社で同僚に話してたときに聞かれたんです。

 

 

 

 

 

 

同僚「で。結局のところ、買うの?」

 

 

 

 

 

 

 

image

 

※僕の予算はとっくに尽きています

Jade Primoが正式発表されたものの、日本発売はいつに?

 1/5付のAcerのプレスリリースにて、ハイスペックWindows 10 Mobile端末「Jade Primo」が正式に発表されました。9月のイベントではじめて姿を見せてから、思ったよりも時間がかかりましたね。

プレスリリースはこちら。
※英語のプレスリリースしか無い模様

 

 スペックをおさらい。例によって、いつもの図ですが!

image

image

 

 ご覧のように、日本発売の他機種と比較しても圧倒的なスペックを誇ります。国内最強の「NuAns NEO」とは違い、Jade PrimoはSnapdragon 808を搭載しているため、現時点でも正式に「Continuum」に対応している、という点も強いです。フラグシップ機「Lumia 950」に匹敵するレベルのスペックを誇ります。

 が、懸念通りやはり高額になる模様です。市場にあわせて価格設定するとはいえ、欧州圏では569ユーロ、つまるところ約73,000円
 スペックを考えれば妥当なのでしょうが(?)、やはり絶対価格が高くなると、ちょっと「うーん」という気持ちが出てしまうのも事実。はてさて、本当にこれが日本市場に投入されるのか、今後に注目です。

 

 一応、以前に記事にした通り、過去のイベントにて日本市場もJade Primoのターゲットとして考えているという旨の発言をしているそうですが、その後にこの機種の下位モデルと思しき「Acer S58」というモデルが台湾の認証を通ったという話も出ており(blog of mobile様より)、そっちになるんじゃないかという気がしなくもないですが……。

 

 また、今回Jade Primoの発売について、まずは2月から欧州などの一部地域で展開をはじめるものの、その他の地域については順次となっており、何かと発売が遅い日本ではいつになることやら、という感じですね。
 とはいえ、NuAns NEOも1月中に発売予定ですす、他にもいっぱい端末が出ています。「ハイスペック機じゃなきゃ!」という人はまだ我慢となるものの、そうでない場合には選択肢が豊富にある現在、待つのもそんなに苦ではありませんね?