Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

geanee の Windows 10 Mobile端末 WPJ40-10 を買いました

 ジェネシスホールディングスが展開する「geanee」ブランドから、ついにWindows 10 Mobile端末「WPJ40-10」が、2/5より発売となりました。国内の Windows 10 Mobile 端末としては7機種目となります。

 1月末には発売日が2/5になるのでは?という記事を書きましたが、まさにその通りでした。が、丁度その日から体調を崩してしまいすぐに買いにいけませんでしたが、秋葉原ヨドバシカメラにて無事にゲットしてきました。
 まだ手に入れたばかりで使いこんではいませんが、ざっくりとしたレビューをば……。

 

◆ざっくり開封レビュー

image image

 外箱はこんな感じ。微妙に角がつぶれているのは僕が移動中にぶつけてしまったため……だと思います。多分。

 

 

image

 箱を開けると、本体がどーんと。
 あ、ちなみに本機は本体色が「白」と「黒」の2色ありますが、私は悩んだ末に白にしました。

 

image

 白の場合は、「グリーン」「ピンク」「シルバー」の3色のカバーが付属します。デフォルトではシルバーのカバーがついていました。ちなみに黒を選んだ場合は「ブラック」「ネイビー」「オレンジ」がついてくるようです。

 

 

image

 その他の付属品。microUSBケーブルやイヤホン、アダプタ、説明書、液晶保護シート。まあ普通。

 

 

image

image

 本体のカバーを外したところです。最近はデュアルSIMばかり見ていましたが、こいつはシングルSIMです。また、バッテリーをはめ込んだ状態だとSIMカード、microSDカードが取り外し出来ないタイプです。

 

 

image

 本機の最大の特徴は、やはりなんといっても、最近ではすっかり珍しくなった4インチという小型サイズでしょう。iPhone3GSとかが流行っていたころは、4インチは大型と呼ばれていたのに、今では小型と呼ばれるのですから、時代の流れを感じます。

 

 

 

image

image

 厚さはこんな感じ。9.9mmとなっているため、そんなに薄いというわけではありませんが、周囲が丸みをおびえていることも加えてサイズ的には程よく持ちやすい印象を受けます。

 

 

wp_ss_20160207_0001 wp_ss_20160207_0002

 プリインストールされているOSバージョンは「10.0.10586.0」で、このバージョンはIME周りに問題を抱えているので、手に入れたらまずは何よりもすぐ、アップデートをしましょう。私の場合、ネットに繋いだらすぐに更新が降ってきました。

 

 

wp_ss_20160208_0002 wp_ss_20160208_0003

wp_ss_20160208_0001

 プリインストールされているアプリも、ほぼ素のWindows 10 Mobileのままです。唯一、ホーム画面に「SMARTアドレス帳」というタイルがありましたが、これはただのWebページへのショートカットのようです。
※ちなみに、メッセージの右にあるアイコンが何もないタイルは、Facebookのタイルです

 

 

◆動作は良好、液晶には難あり。お試しには丁度いいかも?

image

 本機は12800円(税抜)という安価な端末で、全体的な作りなどからは正直安っぽさを感じます。が、軽く触ってみた感じでは特に動作のもっさり感などは感じません。また、KATANA 01であったようなタッチ位置ズレなども起きていないため、動作に関してはむしろ良好といえるでしょう。
 しかし欠点もあります。液晶の質に関しては残念と言わざるを得ません。上記の写真でも少しわかるかもしれませんが、見る角度によってあまりにも色見が変わり過ぎます。写真や動画の閲覧には向いていないと断言します。

 ですが、12800円という安さ、4インチという小型端末であるというところの訴求点は強いです。また、前述の通り液晶の質に特にこだわらないならば、「Windows 10 Mobileお試し端末」としては、もってこいではないでしょうか。
 ある程度使っていきたいという想定ならば「KATANA 02」を、とにかく安く抑えたいというならばこの「WPJ40-10」を、お試し端末として私は推奨したいですね。

ジェネシスホールディングスのW10M端末「WPJ40-10」、発売は2/5? NTT-X Storeに掲載が

 10月の発表以来、ずっと音沙汰の無かったVAIO Phoneが先日ようやく動きを見せましたが、もう1機種、沈黙を貫いていた機種が、ジェネシスホールディングス。geaneeブランドとして発表された「WPJ40-10」は、4インチ端末ということで手頃なサイズを求める層から注目を集めておりましたが、中々発売日が発表されず、もやもやした日々を過ごしておりました。

 ところが、発売日とスペック詳細が、予想外のところから漏れました。NTT-X Storeにて商品ページがいつの間にか出来上がっており、そこにはスペック詳細と発売日が記載されていたのです。

 

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 気になるその発売日は、2/5……ってもうすぐじゃねーか!!

 

image

NTT-X StoreのWPJ40-10ページのスクリーンショット

 

 いつだったかのヤマダ電機のEveryPhoneのときのように、公式発表よりも先にWEBページが発見されてしまったときのことを思い出します。(今回は公式ページではないですが)
 掲載されている情報が最終版のものかどうかは不明ですが、まあほぼ間違いなしとみてよいでしょう。

image

 

 もう間もなくNuAns NEOが発売となり、来週にはVAIOP Phoneの発表会があり、そしてgeaneeのW10M端末の発売、とこれまたイベントが目白押しとなりました。10月の発表以来、何かと話題に事欠かないW10M界隈ですが、その中でも注目株の1つだったこの端末がどのような評価を受けるのか、今から楽しみです。僕の財布は悲鳴をあげています。

 

 

 

W10M最新情報