Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

FREETEL KATANA 02を買いました

 2016年最初の端末となる、KATANA 02を購入しました!
 国内W10M端末は、これで5機種目です。

◆開封

image

 外装はKATANA 01と似たような感じになっています。そういえば、国内WP/W10M端末ではじめてのシリーズ物なんですよね、KATANA。なんか今更ながら、ちょっと感動してきました……!

 

image

image

 中身はこんな感じでした。特にこれといって珍しいものが入っているわけでもなく、まぁ大体普通のものです。あ、バックカバーについては本体が入っている箱とは別のほうに入ってます。(KATANA 01も確かそうでした)
 初見時、「あれ、蓋が無い!?」って焦りますね。私は2回目でしたが当然のごとく「あれ、蓋が無い!!」と焦ってました。

 

image

 Dual SIMです。一番右がmicroSIMカードのスロットになっています。SIMの向きや注意書きなどは、バッテリーを外すとそこに書いてあるのが見えます。

 

image

image

image

 裏蓋です。細かい横線のようなものが入っているデザインで、この線はプリントされてるだけかと思ってたんですが、実際にさわってみると軽くざらざらしているような手触りでした。割と好き。

 

WP_20160108_21_44_56_Pro

 

image

 高級感というわけではないんですが、存外、安っぽさをそれほど感じない感じでいい感じ。カメラ部分は少しだけ出っ張りがありますが、机に置いたときに浮き上がりが気になるほどではないです。若干は浮いているけども。

 

 

◆気になる、KATANA 01のような不具合は?

 さて、KATANA 01は当初、「懐中電灯機能が使えない」「カメラがかなり不安定で落ちる、起動できない、などが多発」「画面の最下部が欠けている」「タッチ位置がずれる」という、数々の不具合がありました。ああ、書いてて頭痛くなってきた……。

 ですが、ご安心ください。
 少なくとも「懐中電灯は最初から使えます」し、「画面の最下部は欠けていない」です。「カメラが不安定な感じは今のところは無く ※」、「タッチ位置のズレは感じない ※」です。
まだ少ししか使ってないので、これらは継続して見ていきますが、問題なさそうに感じています

 

※KATANA 02の物理表示(最下部)
image

※参考比較用……KATANA 01の物理表示(最下部)

 

 

 

 尚、購入時の状態ではOSバージョンが最新ではありません。この記事を書いている時点での最新版は「10.0.10586.29」ですが、プリインストールされているのは「10.0.10586.0」です。

image

 この「10586.0」はOS側にまだ細かい不具合が多い状態ですので、購入後はまずアップデートを行うことをオススメします。

 

 

wp_ss_20160109_0001 (1)

 更新は「設定 > 更新とセキュリティ > 電話の更新」から出来ます。最初、何故か「最新の状態です」となってすぐに更新できない事態に遭遇しましたが、1時間後くらいにリトライしたら普通に更新できました。なんだったんだろ。

 

 

◆その他もろもろ

image

 前に、Every Phoneを買ったときに気になっていたんですが、ナビゲーションバー部分をダブルタップすると画面表示をオフにできるという機能は、KATANA 02でも出来ました。また、他の人に見せてもらったLumia 950でも同様でしたので、これはOS標準機能のようですね。

 

image

MACアドレス偽装も実装されてます。

 

 

wp_ss_20160109_0009 wp_ss_20160109_0010

wp_ss_20160109_0011 wp_ss_20160109_0012

 APN設定に関しては、KATANA 01と同じっぽいですね。豊富にあります。

 

 

◆コスパ良くてオススメかも

WP_20160109_08_51_42_Pro

 というわけで、駆け足でばばばっと見ていきましたKATANA 02でした。01のような不具合は無さそうですし、CPUはSnapdragon 210ではあるもののRAMは2GBありますし、中々コスパのよい端末です。
 同価格帯で真っ向勝負となっている「DG-W10M」もオススメなんですが、あちらはRAM 1GBなことと安っぽさが多少あります(代わりに、ポップな感じもあるのですが)。どちらを選ぶかは個人の好みに依るところが大きくなりそうです。
 可能ならば両方実機にさわって比較してから購入するほうを選ぶといいと思いますが、僕としては、KATANA 02は十分アリ!です。

 とはいえ、01によって植え付けられてしまった不安感があるのも事実。これからしばらく使っていきますので、不具合があったら記事にしますが、何もない、よい出来に仕上がっていることを切に願います。まじで。

FREETELから「純正アクセサリー」登場、KATANA 01分は1月以降発売

 12/25付でFREETELからプレスリリースが出ておりましたが、純正アクセサリーが登場するようです。

 FREETELは、SIMフリーのスマートフォンを複数展開しており、KATANA 01こそWindows 10 Mobileですが、そのほとんどがAndroidです。12/30には「Priori3 LTE」「SAMURAI MIYABI」「SAMURAI KIWAMI」の3種類のAndroid端末向けにアクセサリーが発売開始されるそうです。
 そして、発売日こそ1月以降となっているものの、KATANA 01も対象になっております。

image
※画像は公式のプレスリリース内のものから引用し、KATANA部分に加工を施しています。

 

 引用した表からわかるように、発売予定のものは

・バッテリーパック
・USBコード+ACアダプタセット
バックカバーメタリックブラック
バックカバーホワイトシルバー

 となります。以前予告されていた、KATANA 01のバックカバーのカラバリはちゃんと出てくるようです。

 

 1/8にはKATANA 02も手に入るようになっているわけですので、02についても後から純正アクセサリーが出てくる可能性があります。KATANA 02もバックカバーを取り外せるようですので、こちらも複数カラーが登場してくれるとうれしいところです。

KATANA 02のスペック詳細が公開されてました


※画像は公式サイトより

 

 25日から先行販売が開始されているKATANA 02ですが、FREETELの公式サイトにて、いつの間にかスペック詳細が発表されていました。見落としてた……!!

 公式のスペック情報はコチラ

image

 

 これによって具体的なCPUと寸法などが明らかになりました。
 寸法をMADOSMAと比較してみると、縦は1.8mmほど小さく、横幅がちょっと(2mm)大きく、厚さは0.5mmほど厚い感じ。ですが重量は34gほど重くなっています。重量に関してはドスパラフォンも145gほどありますが、KATANA 02は159gです。バッテリーの分でしょうかね。

 CPUのほうは、Snapdragon210でした。Snapdragon410ではないか、という噂があって私もそのつもりで考えていたのですが、どうやら違ったようです。ちょっと残念ですが、Snapdragon210でも動作的には十分である、ということは、ドスパラフォンDG-W10Mが証明してくれていますから、動作に問題はないですね。
(ただまぁ、これをハイスペックとうたうのはちょっと……?という感じですが)

 

 KATANA 01のような調整不足(主にタッチ位置ズレ)さえなければ、私的には最初の1台としてかなりオススメしたい端末が、このKATANA 02です。発売が待ち遠しいところですが、その出来がどうなっているのか、注目ですね。

W10M最新情報

10日目:KATANA 01 の外装を交換してみた

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の10日目の記事です。

 KATANA 02の価格が発表されましたね。価格が当初の29,800円から19,800円にまで値下げされており、手を出しやすい価格帯でかつい、ミッドレンジな端末なので、はじめて手を出す人にはとてもオススメしやすい端末となりそうです。
 一方でKATANA 01ですが、先日の記事の通りで調整不足なところがあり、02ではこんなことが無いことを祈るばかりです……。

 

 さて、KATANA 01ですが、ご存知の通りベースモデルは「priori 2」と同じです。priori 2はAndroid端末ですが、先に出ていたことと、コスパがいいということでFREETEL端末の中でも結構人気が(そして評価が)高かったように思います。僕も1台、買ってもっています。

 2台を並べてみると、同じモデルだということがよくわかります。

image

 よく似てますねぇ。

 

 

image

 ひっくり返してみると、おや。

 

 というわけで、背面カバーはそのまま付け替えることが出来ました。まあある意味当たり前ですが。

 

 これが可能ということは、つまり、priori2のケースやカバーなどのアクセサリ類も、KATANA 01で使えるということです。もちろん、購入する場合は一応は自己責任となります。が、まあ基本的には問題ないんじゃないですかね。(無責任)

 白カバーをつけてみただけでも、少し新鮮な気分を味わえました。今後公式で、KATANA用としてちゃんとしたカバーも出るみたいですが、我慢できない人はpriori2のカバーでで試す、という手もあるみたいですよ? (くどいですが、自己責任で)

 

 

 

 で、帰りの電車の中で、Androidでスクフェスやろうと思って、カバー付け替えていたことを忘れて間違えてKATANA 01をポケットから取り出し、スタート画面見て一瞬呆けたのは、ここだけの内緒ですよ。

8日目:KATANA 01の地味に困る不具合

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の8日目の記事です。

 さて、最近Every Phoneばかり取り上げておりましたが、そろそろKATANA 01も取り上げていきたいところ。KATANA 01は(当初は)日本で最速のW10M搭載機となる(はずだった)端末で、価格も12,800円ととてもリーズナブルに設定されています。
 スペックはSnapdragon210、メモリ1GB、RAM 8GBなどのようにローエンドに位置づけられる端末ですが、価格を考えれば妥当なところです。しかし端末サイズが4.5インチと、最近大型化の流れの激しいスマフォ業界においては、中々に魅力的なサイズです。

image

 また、ベースモデルはAndroid端末の「priori2」と同じであり、priori2は私にとっての某ゲーム専用機となていて、なじみ深い端末です。

 

Screenshot_2015-12-08-21-37-31 ※某ゲーム

 

 さて、今更開封の模様を記事にするのもあれなので省きますが、端末のその出来栄えはというと、正直なところでは「イマイチ」です。動作そのものはローエンドながらも普通に動いてますし(流石にEvery Phoneなどと比べると少しもたつく感じはしますが)、思ってたよりは悪くないです。

 では何で困っているかというと、どうも、タッチ位置がずれることが多いように思います。特にSIP……要はキーボード出してる時の、画面下部のあたりが割と良くずれます。このため誤入力が多く、イライラすることも少なくありません。今後のファームウェアアップデートで改善されることに期待したいです。というか、FREETELさんは早急にお願いします。切に。切に。

 

 

 さて、本題はここから。
 上記のようなタッチ位置のズレは、使っててすぐ気付くことですが、別件で1つ、使おうとしたときに気付いて困った不具合がありました。というのも、ちょっと暗い場所に落としたものを照らそうと思って、Windows 10 Mobileから標準実装された「懐中電灯」機能を使おうとしたときのことでした。

 懐中電灯機能は、アクションセンターのクイックアイコンから起動できます。

image

 

 カメラのフラッシュを点灯させっぱなしにして懐中電灯代わりに出来る、という便利機能で、WP8までのころはサードパーティー製アプリでしか出来ませんでしたが、標準機能になったんですよ。いやー便利になったなーと思いながらポチっとしたところ、なんと点灯しません

 

「えっ」

 と驚いて、何度かボタンをON/OFFするも、一向につく気配がありません。おかしいなぁ、前にカメラ起動したときはフラッシュも焚けてたし物理的な故障ってわけじゃないはずだけど……と、確認のためにメラを起動しようとしたところ、

 

wp_ss_20151207_0003

 

!?

 

 ……えー、というわけで、KATANA 01は、懐中電灯機能を一度ONにすると、そのあとカメラの起動に失敗するようになることがある、という不具合がありました。ことがある、と書いたのは、必ずなるわけではないようで、再現出来るときと出来ないときがあります。なんだろう、カメラ周りが不安定な感じなんでしょうか……。(このあたりは検証不足です、ごめんなさい。仕事が忙しいんです)
 尚、電源を切って再起動すると直ります。都度再起動させるのも大変ですので、修正が入るまでは、KATANA 01で懐中電灯機能は使わないほうがいいでしょう。どうせ動かないですし。

 

 これが、OS側の問題だとしたらFREETELさんには土下座しないといけませんけど、前述のタッチパネルの位置ズレが頻発する件とあわせると、調整不足なのではないかとどうしても思ってしまいます。せめて、せめて早急なファームウェアアップデートと、そして後期ロットでは直っていることを期待したいところです。

 

 あ、でもKATANA 01は割と気に入ってますよ。やはり4.5インチは、私にとって丁度よいサイズです。これからもしばらく使いこんでいきますよ。

国内一番ノリはFREETEL! KATANA 01を11/30から販売開始!

image
※画像はFREETEL公式サイトより

 ついに日本でのWindows 10 Mobileの発売日が決定しました。先駆けとなったのは、かつての宣言通り「日本で最速」を実現することとなった、FREETELでした!

 

◆発売日は11/30から、12,800円で!

 気になるその発売日は、11/30となりました。「Lumia 950」 /「 Lumia 950XL」の発売がつい先日のことでしたが、まさかそこから1週間ちょっとで日本でも出てくることになるとは、夢にも思いませんでした。今までの4年間が嘘のようです。
 正直なところ、Lumiaの発売から早くても1か月くらいで出てくればいいほうなんじゃないか?と思っていたので、この速さには、いい意味で期待を裏切られました。

 また、当初は19,800円とされていた価格も、何故か12,800円へと大幅に値下げされました。この価格にはどこかで見覚えがありますが、やっぱり意識したんでしょうか。そういえば、発売日もどこかの機種の発表日と被ってますね……?(深読み)

 標準のバックカバーは黒になるようです。他の色のバックカバーはオプションとして、後日別売りされるとのこと。

 

 

◆ようやくスペックも判明

 スペックについても大体はっきりしました。とはいっても、値段相応なのでローエンドレベルのスペックではありますが、詳細はKATANA 01の公式ページで確認できます。
 公式ページでは書かれていませんが、Twitterや一部報道によれば、「Snapdragon210(MSM 8909)」が採用されている模様です。というわけで、例の表も更新しておきました。はいドン!

katana01spec
 最近では、この表を更新していくのが楽しみで仕方ないです。

 

 

◆世界でも2番目に発売するメーカーに

 Microsoftが先日発売開始したばかりの「Lumia 950」/「Lumia 950XL」が、世界で最初のWindows 10 Mobile機となりました。そしてそこに続いたのが、まさかのFREETELです。もちろん、発売を表明しているメーカーは他にも多々あり(日本だけでも他に6社ありますしね)、これから続々と端末が出てくることになりますが、先陣を切ることになるKATANA 01には否が応にも注目が集まります。
 ご覧のように、KATANA 01はローエンドなスペックの端末です。Windows Phone 8.1時代はローエンド端末でもさくさく動くことで好評が多かったものの、さてこれがWindows 10 Mobileになるとどうなるのやら。KATANA 01は、その試金石となりそうです。

 

w10ms_spec

残念ながら違いましたね→本日27日、13時からFREETELが新製品に関する記者会見。KATANAクルー?

28日 追記:
 残念ながらKATANAシリーズではありませんでしたね。次の発表会に期待しましょう。
(追記ここまで)

 すっかり記事にするのを忘れていたのですが、23日にFREETELが公式メルマガを通じて伝えたところによれば、27日13時から記者会見を開くそうです。主題として「新機種の詳細と発売日・新サービスについてご案内」となっております。

 FREETELは先日、Androidの「MIYABI」などをリリースしたばかり。となると次はいよいよWindows 10 Mobileではないでしょうか!? KATANAシリーズの詳細と、そして発売日が発表されるのではないでしょうか……!?
 と、要注目な記者会見になりそうです。備えよう。

 尚、KATANAシリーズの一部スペックなどは公式ページから確認できます。過去記事でもやりましたが、おさらいとしてもう一度、スペックを引用しておきます。

 

◆KATANA 01

名称 FREETEL KATANA 01
OS Windows 10 Mobile
CPU クアッドコアCPU(詳細不明)
RAM 1GB
ストレージ 8GB
画面、解像度 4.5インチ IPS液晶
854*480
カメラ 裏:5MP 表:2MP
バッテリー 1,700mAh
寸法 不明
価格 19.800円

 

◆KATANA 02

 

名称 FREETEL KATANA 02
OS Windows 10 Mobile
CPU クアッドコアCPU(詳細不明)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
画面、解像度 5.0インチ IPS液晶
1280 * 720
カメラ 裏:8MP 表:2MP
バッテリー 2,600mAh
寸法 不明
価格 29.800円

FREETEL KATANAシリーズのスペックが公開!

image

 FREETELブランドを展開するプラスワンマーケティングは、9/11に Windows 10 Mobile搭載端末の「KATANA」シリーズに関するスペックを公開しました。いよいよ、Windows 10 Mobile発売が迫ってきています!

続きを読む

freetel の Windows端末「KATANA」

 22日12時、freetelが新しいブランド名と新製品として複数の端末を発表しました。新しいブランド名は「FREETEL」となり、SIMフリーキャリアとして世界に日本品質を届けることを狙うとのこと。

詳細はコチラ

 

 そしてそして、新製品の中に、ついに出てきましたfreetel、いえFREETELのWindowsPhone端末!その名も!KATANA!!

 

 

 

 

 

  えっ?

 

続きを読む