Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

Every Phoneのファームウェアアップデート「1045.000.001.039」が配信開始

wp_ss_20160116_0001

 

 何やらいつの間にか、Every Phoneのファームウェアアップデートが配信されていました。ノーマークだったので今日からなのか、以前からなのか、ちょっとわかりませんが、いずれにしろ更新が来ています。
 前回の更新は12/29でしたが、予想以上に更新頻度が高いですね?特にこれといって不具合も無かったと思うのですが、それでもこうやって微調整してくれてるのは好印象ですね。

 

 

 まあ今回もEvery Phone公式サイトヤマダ電機公式ページを見ても記載がなくて、詳細がわからないままなんですが。ただし、いつの間にか前回の更新分の詳細が載っていました。いつの間にだよ!

Every Phoneアップデートに関して

2015年12月28日(月)よりV27→V36へのアップデートが配信されております。
Every Phoneのカメラ機能に関して、機能改善が行われます。
アップデートについては、「電話の更新」機能にて、自動で行われます。
<アップデート内容>
Every Phoneのカメラ機能改善
1.オートフォーカスの機能を改善
2.色のバランスを微修正
3.HDRにした場合に稀にフリーズする問題を修正
4.フロントカメラのフレームレートを微修正
5.撮影時、稀に赤い線が入る問題を修正(静止画)
6.ビデオ撮影時のコマ落ちを改善

公式FAQから引用

 とのことで、前回の更新はカメラ周りの修正だったようです。前にEvery Phoneで写真撮ってきましたが、改善されたのなら、また撮りに行きたいところですね。

 尚、今回の更新の内容はまだ記載が無いようです。そのうち追加されそうなので、しばらく気にしておくことにします。

 

 

image

 ということで、今回の更新でファームウェアバージョンが「1045.000.001.039」となりました。今回の更新では何が変わったのかはまだわかりませんが、心なしかスクロール時の描画処理がスムーズになっているような……?

Every Phoneにファームウェアアップデートが配信されました

image

 12/29に、ヤマダ電機の「Every Phone」に対して、ファームウェアアップデートの配信が開始されたようです。Every Phone公式サイトヤマダ電機公式ページを見ても特にお知らせ等が見つからないため、詳細は不明ですが。

 

 

wp_ss_20151229_0002

 ファームウェア更新に名前がついているようです。INVERSENET、と記載されておりますが、翻訳にかけても翻訳されませんでした。調べてみたところ、ヤマダ電機グループの会社の名前として「インバースネット(wiki)」という会社があること、くらいしかわかりませんでした。
 コードネームか何か、でしょうか?謎い。

 

 

 

image

 バージョンは、ファームウェアリビジョン番号が「1045.000.001.036」となりました。更新前は「1045.000.001.027」でした。更新内容が不明なため、おそらくバグフィックスや細かい調整などと思われますが、あくまで個人的な体感としてはタッチ感度が向上したかな?という気がします。
(更新前は、スクロールさせてるときにタッチしたと誤判定されることがたまにあったのですが、ほぼ無くなった?ブラシーボかもしれませんが……)

 どこかで、あるいは後から詳細が公開されるかもしれませんので、見つけたら追記なりなんなりしておきたいところです。

17日目分(遅刻):各端末のささやかな個性

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の17日目分の記事です(遅刻

 

 なんだかんだで、あっという間に国内に存在する端末が4種類(MADOSMA、Every Phone、KATANA、ドスパラ)になった今日この頃です。特にこの1か月の間だけで3機種も出ている、という事実に驚嘆せざるを得ません。一年前の自分とか、絶対この状況信じませんよ。

 さて、端末が複数出てきてそれぞれに個性があります。それはデザインしかりサイズしかりスペックしかり……しかし中身のOSに至っては、そう大きな違いは見られません。まあもともとWindows 10 MobileというOS自体がそう大きくカスタマイズできるものではないですからね。
 しかし、何もないわけではありません。たとえばMADOSMAは、「バック」などのハードウェアキーを押したときのバイブレーションをON/OFFや強弱調整が出来たりするようなカスタムメニューを実装しています。こういう部分で後々の使い勝手が変わってくるものです。

 ですが、電話を買って最初に目の当たりにするのが、APN設定でしょう。契約キャリアやプランに応じてAPN設定が異なるわけですが、これがプロファイルとして最初から端末で用意されていれば、あとは該当するものを選ぶだけなので楽ちんです。
※あってもなくても、手動での設定も可能です

 そしてこのプロファイルは、端末メーカー側が独自に用意するものとなります。各端末、何がセットされているんでしょうかね?ちょっと覗いてみましょう。

 

◆MADOSMA

wp_ss_20151219_0001 wp_ss_20151219_0002

 流石、日本で4年ぶりにでたWindows Phoneというだけあって、主要なところはしっかりと抑えてきてくれてます。MADOSMAはこういった細かい部分までユーザーのことを考えてくれてるのが、うれしいですね。

 

 

◆Every Phone

wp_ss_20151218_0002 (1)

 MADOSMAより数は劣るものの、こちらも用意はしてくれています。IIJなどはユーザーも多いですし、これがあるだけでも結構楽になりますね。(かくいう私もIIJユーザー)

 

 

◆KATANA 01

wp_ss_20151218_0003 (1) wp_ss_20151218_0004 (1)

wp_ss_20151218_0005 wp_ss_20151218_0006

 意外! それは最多!!

 ということで、なんとKATANA 01が最多でした。逆に多すぎるくらいかもしれませんが、値段が安く手を出しやすい=様々なユーザーニーズを想定するという意味では、これで正解なのかもしれません。やりますね。

 

 

 

◆ドスパラフォン(DG-W10M)

wp_ss_20151218_0001 (3)

 

 

image

 

 まさかの0でした。せ、せめて何か欲しかった……。

 

 

 というわけで、それぞれの端末で少しずつ個性が出ました。ドスパラフォンは端末が意外としっかり調整されてきてたのでここもあるんだろうなぁと思ってたので、意外でした。そしてKATANA 01はまさかの最多で、あとは細かい調整や、不具合(懐中電灯)などが直ってさえくれれば……。これは今後に期待、ですね。

14日目:Every Phoneのちょっとした便利機能(小ネタ)

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の14日目の記事です。

 

 2日連続で小ネタで申し訳ないですが……。Every Phoneのちょっとした小ネタをご紹介します。ほんとに大したことないネタですが。

 

 皆さんは、Every Phoneで画面をロックさせるときは、当然、電源ボタンを押していると思います。ですが実は、他にも方法があることをご存知でしょうか。これは国内端末では今のところ、Every Phoneだけが出来る機能です。

 

 その方法は……。

 

 

 

 

 

 

image

 

 赤い部分をダブルタップしてください。すると、画面が消灯されます。上のスクリーンショットではロック画面でやってますが、ソフトウェアキーが表示されているときなら、いつでも出来ます。

※先日の記事で紹介した「ソフトウェアキーを非表示にする方法」は、上方向にスワイプです。今回のはダブルタップです。

 

 これが出来るから何?と思うかもしれませんが、たとえば電源ボタンを押す回数が減ることでボタン部分の劣化を抑えることができますし、電源ボタンを押す=画面をつかむような動作をせずとも、指先だけで軽く出来ます。

 尚、この動作がW10M標準のものなのか、Every Phone独自のものなのか、私は情報を持ち合わせていません。……というのも、持っている端末(Lumia含む)がEvery Phone以外はすべてハードウェアキーなので、同じことができるか試せないのです……。

 

 本機能は、これまた地味な機能ですが、知っておくとどこかで役に立つ日がくるかもしれませんね……?

 

※12/19 追記
 本機能は、 設定 > パーソナル設定 > ロック画面 の中に設定項目があります。こちらをONにしないと有効になりません。(コメントでご指摘いただきました、ありがとうございました)

image

7日目:Every Phoneのソフトウェアキーを非表示にする

image

 YAMADA電機のEvery Phoneは、「戻る」「ホーム」「検索」ボタンが、ハードでの制御ではなくディスプレイ内にシステム的に表示される、ソフトウェアキータイプです。
 これはハードウェアメーカーにとっては、同じ端末で別OSに使いまわす場合には、とても便利ですね。例えばホームボタンを刻印してしまうと、それは当然Windowsのマークになるため、別OS……まあ要はAndroidですが、そちらで使えなくなってしまいますからね。逆もまた然り。

 ですが、いいことばかりではありません。

 というのも、このソフトウェアキーはアプリによっては、コンテンツの上にかぶって表示されるからです。

image

 例えば、TwitterクライアントのAristeaでは、左側からスワイプすることでサイドメニューが出てくるのですが、その最下部に表示される設定ボタンが、ソフトウェアキーが重なってしまっていて押せなくなっています。
※これに関しては、最新版のAristeaでは修正済みです。

image

 

 

 とまぁこのように、アプリ開発者側がすぐ対応してくれればいいのですが、必ずしもそうすぐに対応できるとは限りません。そんなとき、このソフトウェアキーが消せればなぁ、と、思いませんか?

 

◆ソフトウェアキーを非表示にする

 最初、出来ないのかなぁと思ったのですが、 例えばアクションセンターを表示しているときなどは自動的に非表示になるので、何かしら方法はあるはずだ、と思っていじっていたところ、見つけました。

image

 なんてことはありません。
 ソフトウェアキーの部分を、上の図のように、指で上方向にスワイプするだけです。場所はソフトウェアキー上ならどこでも構いません。それこそ「ホーム」や「戻る」キーの上でも構いませんし、左右にある黒い余白部分でも構いません。

wp_ss_20151207_0002

 するとこの通り、ソフトウェアキーが引っ込みます。
 引っ込むとき、下方向に消えていくので、指の動きと画面の動きがあってなくて気持ち悪いですが、このように簡単に非表示に出来ます。尚、再表示する場合は画面の下から、外から中に向かってスワイすることで、元に戻ります。こちらの方法は指と画面の動きが同じなので自然ですね。(戻す方法だけは、取扱説明書にも書いてありました)

 

 もし、アプリのコンテンツがソフトウェアキーと重なってしまって見えない!というときは、こちらの操作を試してみてください。隠れていた部分が見えるようになって解決すると思います。

6日目:Every Phoneで写真撮ってみた結果

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の6日目の記事です。

※同時に、本記事は、Windows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の6日目の記事です。

 

 突如あらわれ、日本最速発売の座をかっさらっていったEvery Phone。薄型(6.9mm)という点がかなりそそられて速攻で購入してたわけですが、もう一つひそかに気になってたのが、カメラ。
 スペックだけを見れば、1,300万画素と、そこそこの性能を誇ります。MADOSMAが800万画素でしたが、果たしてその差はいかほどに?

 

 という記事にする予定でしたが、諸事情により、MADOSMAでの撮影比較が出来ないため、今回のお相手はこちら。

 

 

 

 

 Lumia 830さんです。(デデドン)

 

「やめたげてよォ!」という声が聞こえてきそうですが、スペック(※画素数)だけで見ればこちらは1000万画素ですし、それに、Lumia 1020じゃないあたり、僕ってば優しいでしょう?(暗黒微笑)

 

続きを読む

5日目:Every PhoneとKATANA 01も、電源を落としたまま充電可能だった

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の5日目の記事です。

 MADOSMA発売した頃に、MADOSMAなら電源落としたまま充電可能になっている、という記事を書きました。その記事にも書いたように、それまでのWP端末は充電ケーブルにつながると自動的に電源ONになっていたので、地味ながらもうれしい改良点、として記事にしてたわけです。

 で、今日ふと、何気なく電源落とした状態で、彼らをケーブルに繋いでみたんですよ。

 

・Every Phone の場合

image

 おお……。

 

 

・KATANA 01 の場合

image

 出来る……出来るのだ……!

 

 

 というわけで、全く気付いてなかったんですが、MADOSMA以外でも出来る端末が増えていました。もしかしてW10Mで標準的にこうなったのかな、と思ったのですが、Lumia 830(W10M Insider Preview版)では、電源ケーブルを繋ぐとそのまま起動してしまいました。IP版だから、という可能性もあるものの、OS側でどうこうというわけではないようですね。(まあ、そもそもOSの制御範囲外っぽいですよね。PCでいうところのBIOS的な)

 機能としては地味ですし、Androidとかではいたって普通なので、あまりこれを知っても感動する人はいないでしょう。(むしろ、出来なかったの?!と驚いてる人のほうがいるかも)
 ですが、細かいとこでもちゃんと手が入っているのがわかると、少しうれしい気持ちになるのは、僕が信者脳だからでしょうか……?

 

 

 あ、そうそう、まだブログには書いてませんでしたが、KATANA 01は買いました。発売日に。(今更)

YAMADA電機の EveryPhone を購入しました

 さて、前の記事でも書いた通りWindows 10 Mobileを日本で最初に提供できたのはMADOSMAでしたが、プリインストール版の端末として一番最初に提供開始となった、EveryPhone。早速、購入してきました。

 28日からの発売開始でしたが、私は法事の関係で実家方面へ出向いており購入したものの中々いじれない、など、時間がかかってしまいましたが……とりあえずセットアップ等は行いましたので、簡単に開封記事だけでも。

image

image

 

続きを読む

ガチでした。YAMADA電機から「EveryPhone」が発売されます!

 ひとつ前の記事には「公式な発表はまだない」と書きました。ええ、まだ発表はありません、が、端末のページは発見されました!

//platform.twitter.com/widgets.js

image

image

 

 まさかの伏兵すぎてまだ興奮冷めやらぬ状態ですが、このように、サイトが判明したことでこんな時間でも一気に情報がそろいました。価格は39,800円で、スペックは表の通り。(より詳細なスペックは公式サイトでどうぞ)
 尚、発売日についてはまだ明確なソースは存在しておりません

 個人的に特筆すべき点は、その薄さ!
 なんと6.9mmです!薄い!!

image

 

 今まで出たWP端末の中でも、ここまで薄かった端末は、まだ無かったように思います。(確認はしてませんが)

 

 

 国内最速はFREETELのKANATA 01で決定!! と思われた直後にあらわれたこのEveryPhone。まさかまさかの展開でしたが、価格がほぼ4万円となっており、KATANA 01と比べるとかなり違ってきます。
 どちらがいい・わるいは、その人によって変わってくるでしょうが、選択肢がまた1つ増えました。とてもよい状態が続いています。この調子で、どんどん波に乗っていきたいところですね。

 

 

image