Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

Every Phoneのファームウェアアップデート「1045.000.001.039」が配信開始

wp_ss_20160116_0001

 

 何やらいつの間にか、Every Phoneのファームウェアアップデートが配信されていました。ノーマークだったので今日からなのか、以前からなのか、ちょっとわかりませんが、いずれにしろ更新が来ています。
 前回の更新は12/29でしたが、予想以上に更新頻度が高いですね?特にこれといって不具合も無かったと思うのですが、それでもこうやって微調整してくれてるのは好印象ですね。

 

 

 まあ今回もEvery Phone公式サイトヤマダ電機公式ページを見ても記載がなくて、詳細がわからないままなんですが。ただし、いつの間にか前回の更新分の詳細が載っていました。いつの間にだよ!

Every Phoneアップデートに関して

2015年12月28日(月)よりV27→V36へのアップデートが配信されております。
Every Phoneのカメラ機能に関して、機能改善が行われます。
アップデートについては、「電話の更新」機能にて、自動で行われます。
<アップデート内容>
Every Phoneのカメラ機能改善
1.オートフォーカスの機能を改善
2.色のバランスを微修正
3.HDRにした場合に稀にフリーズする問題を修正
4.フロントカメラのフレームレートを微修正
5.撮影時、稀に赤い線が入る問題を修正(静止画)
6.ビデオ撮影時のコマ落ちを改善

公式FAQから引用

 とのことで、前回の更新はカメラ周りの修正だったようです。前にEvery Phoneで写真撮ってきましたが、改善されたのなら、また撮りに行きたいところですね。

 尚、今回の更新の内容はまだ記載が無いようです。そのうち追加されそうなので、しばらく気にしておくことにします。

 

 

image

 ということで、今回の更新でファームウェアバージョンが「1045.000.001.039」となりました。今回の更新では何が変わったのかはまだわかりませんが、心なしかスクロール時の描画処理がスムーズになっているような……?

Every Phoneにファームウェアアップデートが配信されました

image

 12/29に、ヤマダ電機の「Every Phone」に対して、ファームウェアアップデートの配信が開始されたようです。Every Phone公式サイトヤマダ電機公式ページを見ても特にお知らせ等が見つからないため、詳細は不明ですが。

 

 

wp_ss_20151229_0002

 ファームウェア更新に名前がついているようです。INVERSENET、と記載されておりますが、翻訳にかけても翻訳されませんでした。調べてみたところ、ヤマダ電機グループの会社の名前として「インバースネット(wiki)」という会社があること、くらいしかわかりませんでした。
 コードネームか何か、でしょうか?謎い。

 

 

 

image

 バージョンは、ファームウェアリビジョン番号が「1045.000.001.036」となりました。更新前は「1045.000.001.027」でした。更新内容が不明なため、おそらくバグフィックスや細かい調整などと思われますが、あくまで個人的な体感としてはタッチ感度が向上したかな?という気がします。
(更新前は、スクロールさせてるときにタッチしたと誤判定されることがたまにあったのですが、ほぼ無くなった?ブラシーボかもしれませんが……)

 どこかで、あるいは後から詳細が公開されるかもしれませんので、見つけたら追記なりなんなりしておきたいところです。

YAMADA電機の EveryPhone を購入しました

 さて、前の記事でも書いた通りWindows 10 Mobileを日本で最初に提供できたのはMADOSMAでしたが、プリインストール版の端末として一番最初に提供開始となった、EveryPhone。早速、購入してきました。

 28日からの発売開始でしたが、私は法事の関係で実家方面へ出向いており購入したものの中々いじれない、など、時間がかかってしまいましたが……とりあえずセットアップ等は行いましたので、簡単に開封記事だけでも。

image

image

 

続きを読む

ガチでした。YAMADA電機から「EveryPhone」が発売されます!

 ひとつ前の記事には「公式な発表はまだない」と書きました。ええ、まだ発表はありません、が、端末のページは発見されました!

//platform.twitter.com/widgets.js

image

image

 

 まさかの伏兵すぎてまだ興奮冷めやらぬ状態ですが、このように、サイトが判明したことでこんな時間でも一気に情報がそろいました。価格は39,800円で、スペックは表の通り。(より詳細なスペックは公式サイトでどうぞ)
 尚、発売日についてはまだ明確なソースは存在しておりません

 個人的に特筆すべき点は、その薄さ!
 なんと6.9mmです!薄い!!

image

 

 今まで出たWP端末の中でも、ここまで薄かった端末は、まだ無かったように思います。(確認はしてませんが)

 

 

 国内最速はFREETELのKANATA 01で決定!! と思われた直後にあらわれたこのEveryPhone。まさかまさかの展開でしたが、価格がほぼ4万円となっており、KATANA 01と比べるとかなり違ってきます。
 どちらがいい・わるいは、その人によって変わってくるでしょうが、選択肢がまた1つ増えました。とてもよい状態が続いています。この調子で、どんどん波に乗っていきたいところですね。

 

 

image