Windows Device Recovery Tool (Ver 3.9.20701)にて、まさかの各社端末が対応。 ……ですが。

 7/29に、Windows Device Recovery Toolの更新が配信されました。ちょうど、7/28にMADOSMA 2こと Q601 が発売された直後なので、それの対応がもう来たのかなーでも買ってない(予算切れ)から確認できないなぁーまあいいかー程度のつもりで更新開始したところ……

 

無題

 

 

 !?

 

 

 

 

image

 

 

 !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 ということで、まさかまさか、まさかの、日本で発売されている各種メーカーの名前が載っておりました。予想外……まさかの対応……僥倖……!! 本ツールへの対応はInsider Previewの前提条件ともされており、まさか各機種がInsider Previewに対応!?と思わなくもないですが、流石にそれは無いだろうと思いつつ、とりあえずアップデートを適用して、動作を確認してみましょう。

 私が確認できる端末は、DIGINNOS(ドスパラフォンこと Diginnos DG-W10M)、INVERSENET(ヤマダ EveryPhone)、FREETEL(KATANA 01、KATANA 02)です。あとJENESIS(geanee WPJ40-10)ですが、これは最後に紹介します。

 

・Diginnos DG-W10M

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

・EveryPhone

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールに認識されているようですが、肝心のイメージファイルが見つからないようです。まだサーバーにアップされていないのでしょうか?

 

 

 

・KATANA 01

image

image

 

 あれ?

 おかしいですね。端末はツールn

 

 って、どれもこれも認識はされるけどリカバリーイメージが無ぇーじゃねーか!!!!

 

 

 

・KATANA 02

image

image

 

 KATANA 02に至っては、そもそも01と誤認されてるじゃねーか!!!!!!
 流石にこれはFREETELが可哀想だよ!!

 

 「電話が検出されませんでした」のボタンを押すと、自分でメーカーを指定する画面があるので、こちらからFREETELを選択してみます。すると……。

image

 

 02自体は登録されているようですね。

 ですがまぁ、02を選んだところで……。

 

image

 

 デスヨネー。

 

 

 

 

 

 で、次が最後(オチ担当)ですが、

 

 

・geanee WPJ40-10

image

 

 されてねーよ! 認識すらされてねーよ!!

 対応しましたーと言っておいてこれは酷い。いじめか!

image

image

 メーカー選択画面にそもそもJENESISの名前が載っていません。対応とはなんだったのか。これ完全に対応漏れてるじゃねーか。

 

 

 

 というわけで、ツールとしては認識されるようになりましたが、まだ肝心のリカバリー自体は出来ない模様です。これが、リカバリーイメージがサーバーにアップされるのが遅れているだけ、ならばいいのですが。
 ちなみに、ファイルの置いてあるサーバーが何か障害起こしてるんじゃないか?と思ってMADOSMA Q501を接続したところ何の問題もなくファイルが見つかりました。なので障害ではないようです。

 

 おそらく、あくまでもおそらくですが、近日中にリカバリーイメージがアップされて使用可能になるものと予想されます。MSのチェック体制、大丈夫?と心配になりますが……。
 しかし、対応はされないだろうと思っていた各社の端末に進展の兆しが見えた、というのは嬉しいことです。続報に期待しましょう。

ドスパラ本店に、W10M端末「DG-W10M」を見に行ってきました!

 到着したらバッテリー切れてたけどな。(出オチ)

image

 

 というわけで、勇み足でお店に到着したときには、この通りバッテリー切れ状態だったため動作確認は出来ませんでした。充電ケーブルはつながってたんですけどね……接触不良でしょうか?

image

image

dijinnos_dgw10m_spec

image

 動作確認は出来なかったものの、スペック表のチェックはしてきましたので、スペック表を更新しました。今回のスペック表で、ようやく「バッテリー容量」「端末サイズ」「重量」などがはっきりしました。
 サイズはMADOSMAよりも厚いものの、全体的なサイズはほぼ一緒です。背面の角部分がやや丸みを帯びているため持ちにくさはないですが、少し安っぽい印象を受けます。まあ安めの端末として販売されるようですし、そこらへんは当然ですね。
 バッテリー容量はMADOSMAと同じ2300mAh。MADOSMAのバッテリーもちの良さを知っている人なら、これだけあれば安心できるのが実感できると思います。
 また、ストラップホールは見当たりませんでしたが、背面にはスピーカーの穴があるため、うまく工夫すればストラップの装着もできるかもしれません。
 CPUは不明なまま(電源入っていればSoC番号の確認はできたんですけども)ですが、大体のスペックは明らかになりました。あとは値段と発売日でしょうか……。

 

 あまりじっくり観察してきてないのですが、黒澤さんがたくさんの写真を掲載した記事を書いていますので、そちらもどうぞ。

 

 

w10m_spec_20151123

11/21より、ドスパラ本店にてW10M実機が展示されます

 海外ではいよいよLumia 950 / 950XLの販売が開始され、日本でのWindows 10 Mobile搭載機登場も秒読み段階となりました。

 そんな中、先日の 「IT Week」でも実機展示を行っていたサードウェーブデジノスが、Windows 10 Mobile搭載機「Diginnos Mobile DG-W10M」の実機展示を、ドスパラ本店にて21日から開始するとのことです!

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 Diginnos Mobile DG-W10Mは具体的な発売日に関しては特に発表がありません。が、こうして一般向けに公開を開始する段階まで来ているということは、もう発売の準備はかなり進んでいるとみていいのではないでしょうか。
 これまでまだ一度もWindows 10 Mobileをさわったことが無い、という人や、Diginnos Mobile DG-W10Mそのものに興味がある人は、早速足を運んでみてはいかがでしょうか。

image

 

 当初から「日本最速を目指す」と言って実機公開も早かったFREETEL。
 11/30に発表会を控えているトリニティ。
 突如、W10Mプリイン版MADOSMA発売を宣言した、WP8発売実績のあるマウスコンピューター。
 そして今回のサードウェーブデジノス。

 一番最初にW10M機を発売するのがどこになるのか、いよいよわからなくなってきましたが、いずれにしてもそう遠くない未来には発売されることになりそうです。

本日から開催の IT Week にて、サードウェーブデジノス製 Windows 10 Mobile 端末が実機展示される

 本日から千葉の幕張メッセにて開催される IT Weekの 第5回 スマートフォン&モバイルExpo 秋 にて、ドスパラを手掛けるサードウェーブデジノスの出展ブースに、Windows 10 Mobile端末「Diginnos Mobile DG-W10M」が展示されるとのことです!

 この端末が一般向けに公開されるのははじめてのことで、実際に手に取って端末をさわれるのであれば、数値としては公開されていない重さだとか厚さなどを、体感でですが調べることが出来ます。
 このイベントは商談イベントですので入場には登録などが必要です。幸いにして、僕は仕事がら入場チケットを持っていることと仕事的な余裕があれば参加予定だったため、チェックしてきたいところです。(ただ、展示会会場での写真撮影はメディア以外はNGだったような?なので、写真は撮れないでしょうけども)

 

 IT Week……実機展示…… うぅっ 、 頭が……