SkypeがEdgeの共有を受け取れるようになっていた、って話

 結構前の経験(伏線)なのですが、Windows 10 MobileのEdgeでWEBページを見ているときに、ふと、そのページをSkypeで共有しようと思いました。そんなときの操作はもちろん、Edgeのメニューから「共有」を選んでアプリ一覧を出し、そこからSkypeをえらb……無い

DGI4xwEV0AQHQag

 仕方ないのでURLをコピーしてSkypeを起動して貼り付ける……。そんな悲しい経験をしたことのある人も、多いのではないでしょうか。「これぐらいは出来てよ……」という悲しい気持ちを抑えながらフィードバックHubに投稿したのでした。
 それがなんと、最近のバージョンから、共有を受け取ってくれるようになっていました。気付かなかったよ、言ってよ!!

wp_ss_20170801_0009

 あ、言ってた……。

 

 

 それはさておき、折角なのでここでさくっと紹介しておきます。今回の対応は現在の最新版、Ver11.19.820.0で入ったみたいですので、さくっと更新しておきましょう。そしてEdgeを開いたら、まずは適当なWEBページを開いて、メニューから共有を表示しましょう。

wp_ss_20170801_0008

 アプリ一覧にSkypeがあらわれるようになっていますので、それを選択します。上のスクリーンショットは一度使ったあとに撮影したため「最近使用したアプリ」側にSkypeがありますが、はじめての場合は「その他」のリストのほうにあるはずです。

image image

 Skypeが立ち上がり、共有用の画面が表示されます。
 このとき、赤枠部分にコメントが入力可能で、WEBページと一緒にコメントを投稿できるようになっています。共有したい相手、あるいは会議室の右側にある送信ボタンを押すと、2枚目のようにボタンがチェックマークに変わります。複数の相手、会議室に送ることも可能なようです。

 

image

 この通り。
 URL(とコメント)だけが送信されるようですが、SkypeはURLからWEBページのサムネイルを自動生成してくれるので、一先ずこれでも困らなさそうですね。

 

 

 子ネタでしたが、自分が送ったフィードバックの対応が入ってうれしかったので、記事にしてみました。今はコレクション化されてますけども。些細なことでもフィードバック送っておけば、対応してもらえることもあるんですよー、という。ちなみにえーと、これ送ったのが(ちらりとFB詳細を見る)、大体12か月前だそうです。12か月ゥ!?

 

 対応してくれたのはありがたいのですが、これぐらいの対応、せめてもう少し早くしてほしかったなぁと思わなくもないですね……。

広告

WP向けAmazonアプリは8/16で終了するも、新しいアプリ開発中!?

 先日、Windows Phone向けのAmazon公式アプリをダウンロードしたことのあるユーザー向けに、こんなメールが届いておりました。

image

 出先などで、ふと思い立ってAmazonで買い物するときには何度もお世話になっていたアプリだっただけに、Webでも出来るとはいえアプリ停止との報には割とショックではありました。(なんだかんだでここで取り上げてはいませんでしたが……)

 

 しかしそこは流石のAmazon。

 というのも、海外ブログの「WinBeta」によれば、カスタマーサポートとのやり取りの中で、Windows Phone向けに新しいアプリ開発に取り組んでいる、と明らかにしました!

 今からWindows Phone 8.1用に作るメリットはありませんし、10用に作るならばUWPである可能性が高いと思われます。Mobileはまだまだシェアが低いですが、PCならWindows 10もかなりの台数があります。そちらの対応の”ついで”の可能性はありますが、それもまたPCとMobile統合をしたメリットの1つでもあるわけで。

 具体的な提供時期や、提供自体を約束したものではありませんが、新しい公式アプリの登場に強く期待しております。