Windows 10 Mobile は CShell によって生まれ変わる?

 Creators Update後、Mobile向けのInsider PreviewはPC版の「16xxx」番と違って「152xx」になっており、更新内容もバグ修正のみで新機能が一向に追加されておりません。そのため、一部では「MSはWindows 10 Mobileを諦めるつもりだ」といった、不穏な意見を見かけるようになっておりました。
 しかし、もしかしたらそんな不安を払拭してくれるかもしれない展開が、急にやってきました。

 

◆きっかけは、ビルドの誤配信

wp_ss_20170602_0004

 先週の金曜日の朝に、何やら見慣れぬビルドが配信されておりました。上記画像のように複数のビルドが、それも名前に「Xbox」を含んでいるような、いかにも怪しいものが。
 これ自体は、MSの誤配信によるもので、本来は配信予定のなかったビルドとのこと。このビルドは適用しないようにと注意勧告がでていました。万が一適用してしまった場合、再起動を繰り返す状態になるためWDRTを使ってリカバリするしかない、適用はしてなくてもダウンロード完了してしまっているとデバイスをリセットしないといけない、という状態になるため、中々に阿鼻叫喚でした。(私はDL完了までいってしまってました)

 それだけなら、ただの一騒動で終わるだけだったのですが……。

 実は、このとき誤配信されたビルドの中に、適用することで更新が成功してしまうものが紛れていたというのだから驚きです。

 

◆「CShell」で再構成されたされたW10M?

 それは海外でWindows 10 Mobile情報を取り扱っているサイト 「Windows Central」 によって報告されました。英語のサイトですので翻訳サイトにかけながら読むか、あるいはもっと手っ取り早く、下記の動画を見てみてください。英語わからなくても見てるだけで大丈夫です。

 

 

 

 

 はい。

 ええ、もう、「えっナニコレ!?」ってびっくりしました。

 翻訳サイトで翻訳しながら読んだので、間違っているところもあるかもしれませんが……。
 まず、この新しいUIについて Windows Central では「CShell」と呼称しています。これによって、PC、モバイル、XboxやHoloLensに至るまで共通のUIを提供する、というもののようです。
 このビルドは前述の通り、先週金曜日の誤配信ビルドの中に紛れていたものだそうです。表記は「16212_arm」だったとのこと。興味深いのは、このビルドはLumiaデバイスに適用した場合は無限再起動に陥るものの、HP Elite x3ならば正常に起動した、というところでしょうか。
 MS製のLumiaデバイスではダメ、というところ、非常に気になります。今までのInsiderビルドは、Lumiaを中心に調整しているものだと思っていましたので。

 

 

image

 動画の中でも確認できるように、このビルドではスタート画面で、タイルの変更メニューが全てコンテキストメニューで表示されています。これはPC版のWindows 10と同じですね。そして、正方形の大きなタイルも設定できるようになっていること、ライブタイルを一時的に停止することが可能になっているのが目につきます。これも、PC版と同じことが可能になっているようです。

image
 このビルドではスタート画面の横向き表示が可能になっています。タイルが左右いっぱいまで広がるわけではないようですが、長らく要望されてきた横向き表示なので、これだけでもちょっとした感動を覚えてしまいます。

image

 アクションセンターについて、こちらもPC版に大分よせてきたなという感じです。クイックアクションボタンが画面下部に移動しております。これは、片手での操作がしやすくなったというメリットがあるものの、見た目的に違和感が強いですね。

 

image

 そして、Continuum。
 去年末に発表されていた、マルチウィンドウ対応が実装されています。ぱっと見では心配していたほど重くはなさそう(多少もっさり感もありますが、許容範囲かな?)です。開ける数も上限は無さそうで、Continuumの実用性がぐんと高まったように感じます。

 これらのUIは、あくまでもPreview版であること、ましては本来は公開する予定のなかったものです。つまり最終決定のデザインではありません。なのでまだ変更になる部分も多々あるかと思います。

 

◆このビルドに何を思う?

 現状で、このビルド(16212)はまだ配信されていません。ましてや配信されるのかどうか未知数です。
 Continuum時のマルチウィンドウに関しては、スペックを要求されるでしょうから、もしかしたらこのビルドは現状、HP Elite x3でしか動かないものなのかもしれません。(Lumiaだと無限再起動になるとのことですし……)

 このビルドによって推察できることは色々あります。Lumiaで動かないビルドがあるということからもMSが今はそれほどLumiaデバイスを優先していないこともわかります。このビルドが現状のWindows 10 Mobileにそのままやってくるのか、それともARM版Windowsとの統合の一環で作っただけのものなのか。
 最終的に提供されるものは、Windows 10 Mobileとはまた別のものとして出てくる可能性も、もちろんあります。考えれば考えるほどにあらゆる可能性と、それを否定する可能性とが相反しながら脳内を駆け巡っているのが正直なところです。

 

 ただ一つ、「MSはまだあきらめていない」ということについては、間違いないものだと、今の私は確信しています。

広告

Windows 10 Mobile は CShell によって生まれ変わる?」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。

    本文と直接関係ないコメントで恐縮ですが、Windows Phone 8 と 8.1ではSkypeが今月いっぱいで使えなくなる(サインインできなくなる)ようですね。当然ながら英語のサイトでは苦情が殺到しています。このままだと相当数のユーザを失うのは確実。(そういえばWindows Phoneユーザのまだ半数近くは10へアップグレードしていないという記事を読んだことがあります。)いくら何でもこれはまずいのでは?

    返信する
    • 返事がかなり遅くなってしまって本当にごめんなさい……(汗)

      Windows Phone8.1自体が、7月でサポート切れになりましたので、ある意味では仕方ない面もあるかと思います。
      とはいえ、Windows 10 Mobileにアップグレードできない端末が多かった海外にとっては、せめてW10M出てから2年になるまで(あと半年)はサポートしてくれてもよかったんじゃないかな、とは思います。
      Skype自体も、MSが新機能の優先実装をiOSやAndroidではじめてますし、なんだかMSの姿勢に不信感を抱かざるを得ないですねぇ……。

      返信する
  2. はじめまして。
    いつも参考にさせてもらってます。
    私は、madsma q601をメインとして利用しています。
    また、少し厄介な acer jadeprimoも持っています。
    私のところにはどちらも降って来なかったので、HP Elit x3 専用かもしれませんね。
    もし、降ってきたら、jadeprimoに試したかったなぁ。
    また、私もWindows10mobile好きuserなので、情報のup楽しみにしています。

    返信する
    • 返事がかなり遅くなってしまって本当にごめんなさい……(汗)

      この誤配信ビルドの中に混ざっていたCShellのビルドは、配信されてた時間等が限定的だったのか、記事にもあるようにLumiaにも配信自体はされていたようですが、Elite x3だったとしても受け取れてない人のほうが多いです。

      とはいえど、CShellが本当に既存端末に配信されるのかどうか定かではないですが、いずれにせよ今後の続報に期待したいところです。

      返信する
  3. 当方Elite x3ですが永久リブート地獄にはまりました。PCにつないで復旧はできましたがなかなか大変でしたw

    返信する
    • 返事がかなり遅くなってしまって本当にごめんなさい……。

      WDRT使えばすぐに出来るとはいえど、やはりちょっと焦りますよね。
      私は適用前に公式からの注意文を見ていたので適用はしませんでしたが、タイミング的に適用しちゃった人も多そうでしたし……まぁ、これぐらいのハプニングがあったほうが、Previewとしては面白い面もありますけどw

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中