HP Elite x3が届きました(その3)

 引き続き、Elite x3を見ていきます。

 

◆ダブルタップで起動

 画面消灯時に、電源ボタンではなく画面をダブルタップすることで起動する、という機能です。これは今まではLumiaだけに搭載されていた機能ですが、HP Elite x3も独自実装によって対応しています。
 設定は、OS設定を開き Extras > Double Tap から開きます。

wp_ss_20161015_0004 wp_ss_20161015_0005

 

 画面を開くと、残念ながら英語化されたままの設定画面が出てきます。まあなんとなくニュアンスでわかりますよね……?

wp_ss_20161015_0007 wp_ss_20161015_0008

 まずは機能自体を有効化するのが、一番上にある「Double tap to wake device」です。この機能を使うにはまずこれをONにします。すると、その下にある2つのスライドバーが使用可能になります。
 上のスライドバー「Double Tap Sensitivity」は、ダブルタップの感度調整です。こちらは1~5の間で設定できます。次に下にあるスライドバー「Duration Between Taps」は、タップの間隔の調整のようです。こちらも1~5の範囲で設定できます。デフォルト値はそれぞれ、4と1です。

 設定が完了したら左下にある「Apply」を押しましょう。これを押さないと有効化されませんのでご注意。そして押すと再起動を求められます。ええ、つまり感度具合を確認しながら設定することは出来ません。ちょっと不便ですねぇ……。

 そして肝心のダブルタップでの起動のほうですが、確かに起動するにはするのですが、ちょっと動きが怪しい感じです。不安定というかなんというか。以前に見た海外記事での検証動画によれば、振動を検知して起動しているのでは?とのことなので、そのせいなのかもしれません。(その動画はコチラの記事から)

 まだちゃんと検証は出来てないのですが、感度次第では、ポケットにいれて歩ているだけでも起動状態になる可能性があります。そうなるとちょっとバッテリー消費や意図せぬ誤操作につながりそうで不安ですね? 安定度も含めて、ここら辺はもう少し調整が入ることを願いたいですね。

 

◆(個別トラブル : SIM1とSDカードをあきらめた話)

 ところで、ここまでのSSを見ていた人の中で、もしかしたら気付いている人もいるかもしれません。

image

 何故、SIM1スロットではなく、SIM2スロットだけを単体で使っているのだろう、と。

 これが例えば、SIMの仕様が「nanoSIM + microSIM」で、microSIMしかもっていない、とかならわかります。ですが本機は「nanoSIM + nanoSIM」構成であり、僕も当然、nanoSIMを使っています。
 ではなぜ、となるでしょうが、これには理由があります。というのも、僕の端末固有の問題のようですが、「SIM1スロットのほうにSIMカードを刺すと極端に認識率が悪い」「SIM1スロットとmicroSDカードを同時差しすると、どちらも認識されなくなる」という問題が起きるためです。SIM1単体の場合は、10回に1回くらいは認識されるのですが、再起動等を伴うと再び認識されなくなります。また、microSDカードと同時刺しの場合は1度として認識されたことはありませんでした。
 念のためにリセットやリカバリーツールでのリカバリもかけてみましたが、改善されませんでした。

image

 まさか購入して1日でリカバリーツール使うとは思いませんでした。……あ、上記の通り、リカバリーツールは既にHP Elite x3にも対応しています。安心ですね。

 

 届いた直後は、SIM1スロットでも問題なく認識されておりました。ただ、いつからかはっきりはしないのですが、気が付けばこうなっていました。恐らく初期不良、あるいは故障したものと思われます。
 ですがまあ、SIM2でも特に実用上の問題がないため、またSDカードを使用しなくても本体容量が64GBもあるおかげで容量的には足りているので、楽曲の移動などの手間はあったものこのままでいいかー、と思ってそのまま使っています。
(本音を言えば、修理や交換となった場合に、手元に戻ってくるまでどれだけ待つことになるのかわからず不安なので、妥協しただけです)

 ただまあ、SIM2だけでの運用でちょっと面倒なことがあるとしたら、Peopleから電話かけるときに、

image image

 使用するSIMの規定値がSIM1になっている、ということですかね……。(ドロップダウンから選択すれば変わりますが)

 SIM2だけのときなら、SIM2を規定値にするか、一括で規定値をSIM2に変更するオプションとかが欲しいですね。フィードバック投げておこう。

 

※そういえば書くのをすっかり忘れていましたが、HP Elite x3にIIJのタイプD(docomo回線)のSIMカードを刺して使用しておりますが、通信通話ともに特に問題はありまあせん。ただし通信は、アップデートをかけるまでは出来ませんでしたが、アップデート後は問題ありません。

 

 さて、今回で終わりの予定だったElite x3特集でしたが、もうちっとだけ続くんじゃ。次こそ最後のはず。多分。きっと。恐らく。めいびー。

広告

HP Elite x3が届きました(その3)」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。別の記事にも、別の質問させていただきました。お世話になっております。こちらにも1つ質問させてください。
    docomo回線でも使用可能とのこと、希望を見出しています。FOMAプラスエリアには非対応だと思いますが、その点で不便を感じたこと(圏外だった経験など)はありませんか?

    返信する
    • 私の場合は、都心部(東京~千葉間)での使用がメインのため、あまり参考にならないかもしれませんが特に不便を感じることはないです。
      強いていえば、JR東京~錦糸町駅間の地下トンネル部分で圏外になることが多いくらいですかね。ただ、ここは最近電波が通るようになった模様で、他の人も結構圏外になってるので元々あまり電波のよい場所ではないから、判断には難しいですね……。

      返信する
      • もう1つの書き込みにも書きましたが、僕もx3を購入しました。MVNOではなくドコモそのもののSIMを使っております。名古屋近辺ですが、今のところ困っていません。madosma q501より音質もよくなり大満足です。お返事ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中