HP Elite x3 が届きました(その1)

 本来ならば、納品日に有給を取るつもりだったのですがそれが出来ず、あまり時間が取れなかったため、記事も何回かに(おそらく多くても3回)わけて、届いたHP Elite x3を書いていきたいと思います。

 

 というわけで、9月初頭の注文から早1か月、ついに手元に HP Elite x3が届きました! まずは大雑把にですが、その外観から見ていきたいと思います。

 

◆やはり、でかい

image

image

 箱をあけると、すぐにElite x3本体が姿を現します。手に持っての最初の感想はやはり「デカッ!!」の一言につきます。VAIO Phone BizやMADOSMA 2を店頭でさわったときにも同じ感想でしたので、これはもう、仕方ないですね。
 写真では、箱から出した直後(梱包されたまま)のElite x3と、MADOSMA Q501(5インチ)の比較です。ちょっとわかりにくい写真になってしまいましたが、一回り以上でかく、存在感が半端ないです。

 

 

◆全体的に見ていく

image

image

image

 梱包から取り出しました。
 背面のHPロゴは、思いのほかしっくりきていて個人的には好きです。また、カメラの下にある指紋リーダーの丸い部分が目につきます。W10M機では本機が初めてとなる指紋認証対応端末ですので、期待に胸が高鳴ります。
 端末を横から見た写真のほうを見て頂ければわかりますが、カメラ部分は出っ張っています。これはあまり好きではないのですが、まあそんなもんかと思ってスルーしておきます。

 

image

image

 端末下部の金属部分に空いてる穴は、スピーカーです。一部はマイク穴にもなっているようです。そして底の部分にはUSB Type-Cの穴が見えます。USB Type-Cは裏表気にしなくていいのが本当に助かるので、どんどん対応端末が増えて、主流になってほしいですね。

 

 

image

 液晶は端の部分は僅かながらカーブしています(写真でもすごーくわかりにくいですが)

 また、ボタンは上から順に「電源」「音量アップ」「音量ダウン」となっており、これまで使ってきた端末の多くとは電源ボタンの位置が一番下にあったため(例:NuAns NEO、Lumia 830等)、間違えて音量ボタンを押すことが多いです。これは慣れかな、と思います。ですが、スクリーンショットを撮るのがやりづらいため、ちょっとマイナス点ですかね。

 

 

image

image

 起動時のロゴは、背面と同じHPのロゴが表示されます。ピントが全然あわなくてぼけぼけですが……。
 また、初期セットアップの手順はもう今更なので省きますが、セットアップ直後の状態を1枚ぱしゃり。うーん、やはりでかい……。

 

image wp_ss_20161012_0002 (1)

 プリインストールされているバージョンは、Anniversary Update適用前の「10586.494」でした。更新チェックをかければすぐにAnniversary Updateの最新版と、そしてHP用ファームウェアアップデートが降ってきます。
 このアップデートを適用しないと、指紋認証機能は使えない(セットアップメニューも表示されない)のでご注意ください。

 指紋認証もそうですが、このアップデートによって処理効率の大幅な改善、及びいくつかの機能が追加されていますので、まあまずは買ったらすぐにアップデートをかけておくべき、でしょうね。

 アップデート完了後の諸々は……次の記事に続きます。多分。

 

 

 

◆おまけ

wp_ss_20161012_0008 wp_ss_20161003_0001

 更新適用前の状態で、AnTuTuベンチマークを動かしてみました。この時点で既にかなり強いです。また、ベンチマークを動かしたときの3Dデモの動作が、段違いで速かったです。やばい強い。(小並感)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中