Acer、ついにJade Primoを国内投入、発売日は8/25!

 8/2、日本エイサーはかねてより投入を示唆していたW10M端末「Liquid Jade Primo」を、いよいよ日本でも発売することを発表しました。気になる発売予定日は8/25。端末の発表は2015年9月で、実に1年ほどもかかりましたが、いよいよ登場です。

Jade Primo 公式サイト

日本エイサー、Windows 10 Mobileスマホ「Liquid Jade Primo」を8月25日に発売 - ITmedia Mobile

 昨今の例にもれず、基本的にはビジネス向けとしての販売を想定している模様。販売はダイワボウ情報システムを通じて行われ、専用ドッキングステーション、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスを同梱したセットで販売される模様。お値段は約10万円前後をみこんd たけぇよ!!

 

 

jade primo

W10M第一世代

W10M第二世代

 

 Jade Primoは、有線でのContinuum接続に対応しています。発表当初は有線Continuumが使えるのはLumia以外では本機種のみとなっており、現時点においても、HP Elite x3くらいしか他にはありません。

 スペックは、Snapdragon 808、RAM 3GB、5.5インチフルHDと、中々に高スペック。Lumiaシリーズフラッグシップの950XLや、W10M史上最高級となるElite x3には負けておりますが、それでもかなりのスペックを誇ります。当時、Lumiaシリーズの発売が望めない日本においては最初のContinuum端末になるのではないか、と注目しておりました。

 その後、NuAns NEO、VAIO Phone Biz、MADOSMA 2と無線Continuum対応端末が発売されてきました。ですが、やはり無線では遅延等で厳しい部分がありますので、有線Continuum対応というのは強みではあります。
 Elite x3も控えているとはいえ、こちらは5.5インチとあちらさんより若干小さいのもあって、そこもまた魅力的なんです。ええ。

 

 

 

 ってなことを、発表されたと聞いて会社で同僚に話してたときに聞かれたんです。

 

 

 

 

 

 

同僚「で。結局のところ、買うの?」

 

 

 

 

 

 

 

image

 

※僕の予算はとっくに尽きています

広告

Acer、ついにJade Primoを国内投入、発売日は8/25!」への2件のフィードバック

  1. Jadeの対応バンドですが、acerの公式サイトによると、
    [LTE] 2100MHz(B1)、1800MHz(B3)、2600MHz(B7)、800MHz(B20)
    [HSPA/WCDMA] 900MHz(B8)、850MHz(B5)、1900MHz(B2)、2100MHz(B1)
    だそうです。

    ドコモだとLTEも3gもB1しか使えないようです。
    ソフトバンクは3gでB8つかめるのかな?
    発表から一年近く。お値段10万円。
    そこのところの調整と言うかカスタマイズもして欲しかった・・・

    返信する
    • コメントありがとうございます。
      「え、嘘だろ?」と思って公式サイトを見たら、確かに対応Bandが……。うーん、これはちょっと不安ですね。実際の掴み具合がどんな感触なのかは実機で試さないとわかりませんが。
      値段も高いですし、せめて対応Bandのローカライズは欲しかったところです。

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中