Windows 10 Mobile Insider Preview 14322.1000、配信開始。今回は変更点が多数!

 4/15より、Windows 10 Mobile Insider Previewの最新版「14322.1000」がFast Ring向けに配信開始されました。配信対象は例によってこちらのリストにある端末、となっていますが、今回もMADOSMAには降ってきておりません。
 ……どうなってるんですかねMSさん。

wp_ss_20160415_0002 image

 

◆今回の変更内容は盛り沢山

 いつも通り、更新内容が公式ブログで公開されております。今回の更新内容は多岐にわたるため、バグが多数存在する可能性があります。Insider参加者、しかもFast Ring設定者には耳タコかもしれませんが、必ずバックアップの取得と、端末が文鎮化しても泣かない覚悟をしてから臨みましょう。

 記事書き始めた段階ではまだ歯車画面にすらたどり着いていないため、基本的には公式ブログからの引用メインとなりますが、ざっくり更新点をご紹介。ざっくりね、ざっくり。眠いし。(現在4:30)
 英語には自信が無いため機械翻訳等で読んでおりますが、内容が間違っている可能性がある旨はご了承願います。(震え)

 

・アクションセンター、及び通知のビジュアルが変更されました

image image

 通知のUIが変更されました。
 以前よりも文字ベースになった感じです。個人的には今までのUIのほうが好きですが、今後ブラッシュアップされていくことに期待しましょう。
 また、複数の通知がある場合、「表示数を増やす」のボタンが表示されるようになりました。通知がめちゃくちゃ縦長になるのが緩和されそうですね。既定で何個表示するかは設定可能です。(後述)

 

・コルタナの通知がアクションセンターに入るようになりました

 

・通知の優先順位付けが出来るようになりました(Nomal、High、Top)

image image

 設定 > システム > 通知とアクションセンター のアプリリストからアプリを選択すると、そのアプリごとに通知の優先順位を設定出来るようになりました。また、最初に述べた「既定で表示する通知の数」もここで設定できます。

 

・クイックアクションボタンがカスタマイズ出来るようになりました(非表示、入れ替え)

image image

image

 クイックアクションのボタンに関して、今までは既定で表示する4(あるいは5)個のボタンを何にするか、だけが設定可能でしたが、そもそも表示するか否か、そして展開領域の分についても並び替えが可能になりました。
 これにより、表示数を絞ることで展開した場合でも2段表示にする、といったことが可能になりました。あとさりげなーくVPNのクイックアクションボタンが追加されてました。

 このクイックアクションボタンの機能については、私もフィードバックで提案していた機能だったので、反映されたのが素直にうれしいですね!

 

・コルタナで作成できるリマインダーに画像を追加できるようになりました

 

・設定画面が刷新され、個々の設定画面ごとにアイコンが付きました

image image

 各ページごとに細かいアイコンがつきました。はい。
 それだけなのですが、それよりも問題なのは、ローカライズがされてないためほぼ全部英語に戻っちゃってることですかね。まあInsider参加者ならさほど困る内容ではないと思いますけども、僕のような英語アレルギーな人間はむずかゆいところです。

 

・Glance screenの設定画面の場所が変更されました

 パーソナライズの中に、Lumia独自機能の「Glance screen」の設定が移動してきました。OS標準機能化するふらぐでしょうか……?

 

・バッテリー設定、及びバッテリーセイバー(バッテリー節約機能)が更新されました

 

・「電話の更新」の設定が更新されました

image 

image image

 更新のオプションに「Active hours」と「詳細オプション」が追加されました。Active hoursは、その時間帯には更新による自動再起動しないようにする設定、ですかね。詳細オプションのほうはよくわかりませんが、更新のリストが表示されて選択できる模様……?

 

・絵文字が追加されました

 

・Edgeが更新されました

 コピペの操作が改善された模様です。ページ上の文字を選択したとき、今まではさらにそこからホールド(長押し)してメニューが出てきてから「コピー」を選択してましたが、今度からは選択した段階ですぐ近くに、コピーのボタンが表示されるようになりました。
 これは8.1から劣化してた部分だったので、やっと修正されたか、という感じですね。

 

 尚、Edgeもローカライズされてません。

image image

 

・Continuum時のUSBイーサネット接続がサポートされました

 まだ実際の動作は未確認ですが、Continuumに有線ドックを使用する場合、USBイーサネット接続が使えるようになったようです。これはつまり、無線電波飛ばさないわけですから、技適無しでも合法的に通信させることが可能な手段が生まれるのでは……!?
 まあ、国内で端末いっぱい出てきてるので、非技適端末は推奨しませんが。

 尚、現時点ではLumia 950/950XLのみが対象です。

 

・ロック画面からカメラボタンを押してカメラ起動できるようになりました
・ロック画面の上部にメディアコントロールが表示されるようになりました

image

 ロック画面上で、ナビゲーションバーの「戻る」ボタンがカメラアイコンに変更されました。これを長押しすることでロック画面からカメラが起動できるようになりました。カメラのシャッターボタンがある端末なら今までも出来てましたが、これで、シャッターボタンが無い端末でも気軽にカメラを起動できるようになりましたね。

 そしてメディアコントローラーがロック画面上に透過されて表示されるようになりました。これはWP7.xのときの仕様に戻りましたね。こちらの表示のほうが好みなので嬉しいですが。
尚、Windows HelloがONになっていると、そちらの表示と競合してしまい、上記SS撮るのに苦労したのは内緒です。

 

・Feedback Hubにて、フィードバックにコメントが残せるようになりました

 

 

◆その他のバグ修正、及び既知のバグも多数

 バグ修正された内容は多数あって、これも全部取り上げるときりがないため割愛しますが、目立つところでは「ユーザー辞書問題の修正」「Continuum使用時にすべてのアプリリストに移動すると動けなくなる問題の修正」「端末ロック時に音楽再生が数分間止まることがある現象を修正」などなど……。

 ユーザー辞書の問題修正は、英文も長く正確な翻訳に自信がありませんが、変な候補が表示されるのが減るならばうれしい限りですが、さて……?

 また既知の不具合としては「言語と音声のダウンロードが出来ない」「カメラロールに入ろうとするとクラッシュする問題」「すべてのアプリリストで表示が重複する可能性がある問題」「新しい絵文字を使うと□が表示されるかもしれない問題」「キーボード接続時にすべてのアプリリストで、コンテキストメニューが表示されないかもしれない問題(再起動で直る)」など。

 また、既知の不具合欄に記載はありませんでしたが、途中でも記載したように今回更新されたアプリなどではローカライズが、要は日本語化がされていない(されなくなった)ものがあります。設定画面はほぼ全部英語になりましたし、Edgeも設定メニューなどが英語になりました。
 そのうち新しいビルドでは修正されるでしょうが、日本語じゃないと嫌だ!という人はお気をつけください。

 

◆7月に予定されている「Anniversary Update」への期待高まる

 現在Insider Previewでテストが行われているバージョンは、過去にはRed stoneと呼ばれ、先日のbuildイベントにて「Anniversary Update」と呼ばれるようになったものです。予定通りなら7月に更新されるようですが、今後もまだ更新される点が増えていくと思われますが、期待が高まります。}
 そして早々にMADOSMAでのInsider Preview受信可能になってほしいところです……。

 とはいえひとまず、Insider参加者として、今後も積極的にフィードバックを投げていきたいですね。今回のアクションセンターのように、採用されて便利になる機能の提案とかも、今後もしていきたい所存です。

 

 

 ところで、ざっくり紹介のつもりがそれなりに書いてしまいました……あ、外が明るいや。(現在6:20)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中