W10Mで、Edgeの検索エンジンを変更する

 Windows 10 Mobileに搭載されているブラウザの「Edge」は、アドレスバーにURLではなくそのまま文字を打ち込めば、その文字でネット検索を実行できます。ただし、既定ではこのときに使用される検索エンジンは「Bing」になっています。

 

 この設定は、Edgeの設定 > 詳細設定 > アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー から確認できます。

image wp_ss_20160113_0003

 

 WP8のころは、端末によってはここにGoogleなどが追加されていることがあり、Bingから変更することも可能でした。(一部のLumia等)
 Windows 10 Mobileからは、というかEdgeではこのプロバイダーを追加する方法があります。上記の2枚目のスクリーンショットのように、最初はBingしか選択できませんが、

 

 

 

 

 

 

wp_ss_20160113_0005

 Googleのページを一度表示して、もう一度先ほどの設定を見てみると、

 

 

 

 

image

 Googleが選択できるようになりました。Googleを選んで、その下にある「規定に設定」のボタンを押してから、アドレスバーでの検索を実行してみましょう。

 

 

 

 

 

wp_ss_20160113_0009 wp_ss_20160113_0010

 ちゃんと、Googleで検索が実行されていますね。

 

 

 

 これは、MS公式ページでもやり方が紹介されている方法で、OpenSearchに対応しているページをEdgeで表示した場合に、Edgeが自動的にそのページを検索プロバイダー候補として保存し、選択可能になるようです。(PC版も同じです)
 なので、例えば他にも利用者の多い検索プロバイダーとしてはYahoo JAPANなどがありますが、こちらにアクセスしても、Yahooは候補に出てきません。OpenSearchに対応していないようですね。逆に、このブログを置かせててもらっているような「Wrodpress.com」なんかはOpenSearchに対応しているため……

 

 

 

 

 

 

wp_ss_20160101_0001

 

 油断していると、こんな感じにカオスなことになってしまうので気を付けましょう。(別にここの項目が増えても、特に害はないのですが……)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中