17日目分(遅刻):各端末のささやかな個性

※本記事は、オンリーロンリーWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 の17日目分の記事です(遅刻

 

 なんだかんだで、あっという間に国内に存在する端末が4種類(MADOSMA、Every Phone、KATANA、ドスパラ)になった今日この頃です。特にこの1か月の間だけで3機種も出ている、という事実に驚嘆せざるを得ません。一年前の自分とか、絶対この状況信じませんよ。

 さて、端末が複数出てきてそれぞれに個性があります。それはデザインしかりサイズしかりスペックしかり……しかし中身のOSに至っては、そう大きな違いは見られません。まあもともとWindows 10 MobileというOS自体がそう大きくカスタマイズできるものではないですからね。
 しかし、何もないわけではありません。たとえばMADOSMAは、「バック」などのハードウェアキーを押したときのバイブレーションをON/OFFや強弱調整が出来たりするようなカスタムメニューを実装しています。こういう部分で後々の使い勝手が変わってくるものです。

 ですが、電話を買って最初に目の当たりにするのが、APN設定でしょう。契約キャリアやプランに応じてAPN設定が異なるわけですが、これがプロファイルとして最初から端末で用意されていれば、あとは該当するものを選ぶだけなので楽ちんです。
※あってもなくても、手動での設定も可能です

 そしてこのプロファイルは、端末メーカー側が独自に用意するものとなります。各端末、何がセットされているんでしょうかね?ちょっと覗いてみましょう。

 

◆MADOSMA

wp_ss_20151219_0001 wp_ss_20151219_0002

 流石、日本で4年ぶりにでたWindows Phoneというだけあって、主要なところはしっかりと抑えてきてくれてます。MADOSMAはこういった細かい部分までユーザーのことを考えてくれてるのが、うれしいですね。

 

 

◆Every Phone

wp_ss_20151218_0002 (1)

 MADOSMAより数は劣るものの、こちらも用意はしてくれています。IIJなどはユーザーも多いですし、これがあるだけでも結構楽になりますね。(かくいう私もIIJユーザー)

 

 

◆KATANA 01

wp_ss_20151218_0003 (1) wp_ss_20151218_0004 (1)

wp_ss_20151218_0005 wp_ss_20151218_0006

 意外! それは最多!!

 ということで、なんとKATANA 01が最多でした。逆に多すぎるくらいかもしれませんが、値段が安く手を出しやすい=様々なユーザーニーズを想定するという意味では、これで正解なのかもしれません。やりますね。

 

 

 

◆ドスパラフォン(DG-W10M)

wp_ss_20151218_0001 (3)

 

 

image

 

 まさかの0でした。せ、せめて何か欲しかった……。

 

 

 というわけで、それぞれの端末で少しずつ個性が出ました。ドスパラフォンは端末が意外としっかり調整されてきてたのでここもあるんだろうなぁと思ってたので、意外でした。そしてKATANA 01はまさかの最多で、あとは細かい調整や、不具合(懐中電灯)などが直ってさえくれれば……。これは今後に期待、ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中