7日目:Every Phoneのソフトウェアキーを非表示にする

image

 YAMADA電機のEvery Phoneは、「戻る」「ホーム」「検索」ボタンが、ハードでの制御ではなくディスプレイ内にシステム的に表示される、ソフトウェアキータイプです。
 これはハードウェアメーカーにとっては、同じ端末で別OSに使いまわす場合には、とても便利ですね。例えばホームボタンを刻印してしまうと、それは当然Windowsのマークになるため、別OS……まあ要はAndroidですが、そちらで使えなくなってしまいますからね。逆もまた然り。

 ですが、いいことばかりではありません。

 というのも、このソフトウェアキーはアプリによっては、コンテンツの上にかぶって表示されるからです。

image

 例えば、TwitterクライアントのAristeaでは、左側からスワイプすることでサイドメニューが出てくるのですが、その最下部に表示される設定ボタンが、ソフトウェアキーが重なってしまっていて押せなくなっています。
※これに関しては、最新版のAristeaでは修正済みです。

image

 

 

 とまぁこのように、アプリ開発者側がすぐ対応してくれればいいのですが、必ずしもそうすぐに対応できるとは限りません。そんなとき、このソフトウェアキーが消せればなぁ、と、思いませんか?

 

◆ソフトウェアキーを非表示にする

 最初、出来ないのかなぁと思ったのですが、 例えばアクションセンターを表示しているときなどは自動的に非表示になるので、何かしら方法はあるはずだ、と思っていじっていたところ、見つけました。

image

 なんてことはありません。
 ソフトウェアキーの部分を、上の図のように、指で上方向にスワイプするだけです。場所はソフトウェアキー上ならどこでも構いません。それこそ「ホーム」や「戻る」キーの上でも構いませんし、左右にある黒い余白部分でも構いません。

wp_ss_20151207_0002

 するとこの通り、ソフトウェアキーが引っ込みます。
 引っ込むとき、下方向に消えていくので、指の動きと画面の動きがあってなくて気持ち悪いですが、このように簡単に非表示に出来ます。尚、再表示する場合は画面の下から、外から中に向かってスワイすることで、元に戻ります。こちらの方法は指と画面の動きが同じなので自然ですね。(戻す方法だけは、取扱説明書にも書いてありました)

 

 もし、アプリのコンテンツがソフトウェアキーと重なってしまって見えない!というときは、こちらの操作を試してみてください。隠れていた部分が見えるようになって解決すると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中