盛り上がってるのはW10Mだけじゃない! FZ-E1の更新予告が来てる!

 先日、たまたま海外のサイトで更新予告を見つけた僕は、日付変更後くらいに公式サイトをのぞくのが日課になっていましたが、もしかしてあのアップデートは北米専用だったのだろうか……と思い始めていたそのとき、ついにきました。

image

 日本でのFZ-E1アップデート予告です。

 

 以前は英語を機械翻訳にかけて、なんとなーくで想像していただけでしたが、バッチリ日本語できました。早速確認していきましょう。

[おもな変更内容](リビジョン番号: 0.1003.1.150 からの変更)

0.1103.1.161

1. 下記のバーコードリーダー機能を追加しました。
 1-1. キーボードウェッジ機能:読み取ったバーコードデータをキーボード入力として、任意のアプリケーションのテキストボックスに入力できます。
 1-2. ポストスキャンアクション機能:キーボードウェッジでバーコードの読み取り完了後に指定した制御キー(TABやENTERなど)を入力できます。
 1-3. スキャンフィードバックの拡充:バーコードの読み取り成功時のスキャン音に任意のwavファイルを設定できます。読み取り成功時にバイブレーションを動作させられます。
 1-4. プリアンブル/ポストアンブル機能:読み取ったバーコードデータの前後に任意の文字列を付加できます。
 1-5. プロファイルの自動インポート機能:バーコードリーダーの設定を格納したプロファイルデータを自動でインポートできます。
2. ステルスSSIDのWi-Fiアクセスポイントへの接続性を改善しました。
3. 802.11n 5GHzのWi-Fiアクセスポイントへの接続性を改善しました。

公式ページより引用

※コピペしたのはdocomo版の内容ですが、au版も今回は同じようです。

 

 内容的には、前回の機械翻訳で大体あっていたようです。やはり今回のアップデート内容はバーコード読み取り関連の機能強化となっており、法人向けにとってはより便利になりましたね。だからこいつ最初から法人向けだってば!

 とはいいつつも、1-3にあるような、スキャン成功時に任意のwavファイルを鳴らすことが出来るようになる、というのは面白そうです。FZ-E1を人に見せたときに高確率でやるデモが「電源ONのままバッテリーを抜く」「落とす(無傷でドヤ顔)」、そして「めっちゃ早いバーコードスキャン」です。ここにさらにアクセントを加えることが出来るようになるとか、胸が熱くなるな?

 

 気になるアップデート時期は、12月初旬とのことです。
 世の中はそのころにはW10Mで盛り上がっているころでしょうが、FZ-E1だって負けていません、OSのアップグレードはいつになるかわからないものの、何かとアップデートを続けてくれるPanasonicには、後継機種の出現や、W10Mでの国内スマフォ再参入といった展開を、ついつい期待したくなってしまいますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中