ドスパラ本店に、W10M端末「DG-W10M」を見に行ってきました!

 到着したらバッテリー切れてたけどな。(出オチ)

image

 

 というわけで、勇み足でお店に到着したときには、この通りバッテリー切れ状態だったため動作確認は出来ませんでした。充電ケーブルはつながってたんですけどね……接触不良でしょうか?

image

image

dijinnos_dgw10m_spec

image

 動作確認は出来なかったものの、スペック表のチェックはしてきましたので、スペック表を更新しました。今回のスペック表で、ようやく「バッテリー容量」「端末サイズ」「重量」などがはっきりしました。
 サイズはMADOSMAよりも厚いものの、全体的なサイズはほぼ一緒です。背面の角部分がやや丸みを帯びているため持ちにくさはないですが、少し安っぽい印象を受けます。まあ安めの端末として販売されるようですし、そこらへんは当然ですね。
 バッテリー容量はMADOSMAと同じ2300mAh。MADOSMAのバッテリーもちの良さを知っている人なら、これだけあれば安心できるのが実感できると思います。
 また、ストラップホールは見当たりませんでしたが、背面にはスピーカーの穴があるため、うまく工夫すればストラップの装着もできるかもしれません。
 CPUは不明なまま(電源入っていればSoC番号の確認はできたんですけども)ですが、大体のスペックは明らかになりました。あとは値段と発売日でしょうか……。

 

 あまりじっくり観察してきてないのですが、黒澤さんがたくさんの写真を掲載した記事を書いていますので、そちらもどうぞ。

 

 

w10m_spec_20151123

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中