Lumia 950、Lumia 950 XLを正式に発表。おもったよりも安いぞ?

追記:後ほど、内容を整理しなおします。(急いでたとはいえ、手抜きすぎました……)

 6日23時(日本時間)よりMSが行っているデバイスイベントで、Windows 10 Mobile搭載のスマフォとして、Lumiaシリーズのフラッグシップとなる Lumia 950/ 950 XLを正式に発表しました。

 ……といってもかなり事前リークがあったので皆さんご存知でしょうが、ここでは取り上げてなかったので、一応基本スペックを記載しときます。基本だけ。

・Lumia 950

OS:Windows 10 Mobile
CPU :6コア CPU
RAM:3GB
ストレージ:32GB
モニタサイズ:5.2インチ (1440 * 2560)
バッテリー:3000mAh

・Lumia 950 XL

OS:Windows 10 Mobile
CPU :8コア CPU
RAM:3GB
ストレージ:32GB
モニタサイズ:5.7インチ (1440 * 2560)
バッテリー:3300mAh

 

※どちらも、リーク情報ベースです

 

 

 リークのなかった情報としては、水冷?ヒートパイプ?による冷却装置らしきもの?が搭載される模様?(ぶっちゃけよくわかってない)

 もちろん、先ほど記事にした Continium にも対応しております。

 

 そして価格は、 950が$549、950XLが$649とのこと。事前リークでは$700だとか$800だとか$900すら見かけることもありましたが、高スペックゆえに高価格を予想されていたのに反して、大分リーズナブルな価格に!

 

 これが日本でも出てくれるとうれしいのですが、そのあたりはマウスコンピューター様やFREETEL様に期待するとしましょう。よろしくお願いします。

広告

Lumia 950、Lumia 950 XLを正式に発表。おもったよりも安いぞ?」への2件のフィードバック

  1. とうとう低価格タブレットを凌駕するスペックに・・・にしても、考えてみると「快適に使うために」先にこのレベルのハードを発売してるAndroidって、結局そんなに軽いOSじゃないですよね・・・。
    (まあ、Windows Phone(たぶん10 Mobileも?)ではソフトの常駐動作にそれなりの制限がかかっていますが。)

    返信する
  2. W10Mも、流石にタブレットモードとはいえどContinuumを動かすためにはこれほどのスペックが必要だった、ということですね。
    Androidは、もう高スペックが当たり前になりつつあり、実際はどれぐらいのスペックがあれば快適なのか、もはや誰も気にしてない感じがしますね……w

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中