マウスコンピューターのWPブランド「MADOSMA」、始動

 最近はfreetelのほうに注目が集まっており、しばらく鳴りを潜めていた、マウスコンピューター製のWindowsPhone端末。それは、突然やってきました。

image

※画像は公式ページより引用

 

 MADOSMA

 それがマウスコンピューター製のWindowsPhone端末ブランドに与えられた名前となったようです……!

 

 というわけで、何の前触れも(リークらしい情報も)なく突然、5/20のPMに、マウスコンピューター製のWP端末の公式ページが公開されました。そしてページの公開と同時に、ついにその端末の最終的な姿とスペックもお披露目となりました!

image 

※画像は公式ページより引用

 

 デザインは、以前のMWCで展示していたときのものから比べると、変更点は僅かなようです。主な点としては、

・「戻る」「スタート」「検索」キーはハードボタンで決定
・背面にあったマウスコンピューターのロゴは消し、代わりに、Windowsロゴと「MADOSMA」のロゴ
・ロゴの色をライトグリーン?に

 といったところでしょうか。
 公式ページの色合いからも、MADOSMAは緑系をテーマカラーとして採用しているような印象です。

 

 スペックに関しては、3月頃に判明していたものとほぼ大差ないです。そのときは曖昧だった部分も今回ははっきりしており、端末の厚みは8.4mm、重さは125gで確定しました。IS12Tと比べると重さは12g重いですが、厚さは2.2mm薄くなっています。
 そして気になる対応Bandは、WCDMA Band1,8,19 LTE Band1,3,19 に対応するようです。docomo系列のBandのMVNOによるSIMカードならば問題なく通信できそうです。

 

 今回の公式ページ公開で、最終的なデザインと詳細なスペックは判明しましたが、それ以外の情報はまだありません。プレスリリースによれば発売日や価格等の情報は追って公開していくとのことです。
 ここまで来たらそろそろ我慢するのもじれったくなってくるものですので、1日でも早く公開、そして発売してくれることを願うばかりです。

 

 3年もの歳月が空いてしまった、日本国内のWindowsPhone。
 再始動のときは、いよいよ目の前にやってきました。

 

 

 

 

 

 端末が1台でもある限り、喜びに満ちたWindowsPhone普及計画は続く――。

広告

マウスコンピューターのWPブランド「MADOSMA」、始動」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中