freetelのWP端末価格、勝手に予想してみる

 freetelの発表会が行われるまであと少しとなりました。皆さん如何お過ごしでしょうか。
 私はもう、今か今かと発表会を、そして発売開始を楽しみにし過ぎて、色々あった挙句、freetelのAndroid端末「freetel priori2」を購入してしまいましたァ!(血迷いすぎである)
WP_20150322_19_07_59_Pro

 Androidを買うのは久々なんですが、しかしこの端末、かなり安かったです。スペックを簡単に記載しておきますと、

  freetel priori2
OS Android 4.4.2
CPU 1.3GHz クアッドコア
RAM 1GB
ストレージ容量 8GB
ディスプレイ 4.5インチ 854×480(FWGA)
カメラ 背面5MP、全面2MP
バッテリー 1700mAh
サイズ、重量等 幅66.3mm、高さ132.8mm、厚さ8.9mm、132g
その他 LTE非対応(対応モデルもあり)

 と、いわゆるローエンド向けなスペックですがこれで9,980円。1万円を切っているのです。

 正直なところ、WP情報ばかり追いかけていて他が雑だったため、Androidが日本国内でもここまで安く手に入るようになっていた、というのは知らなかったので驚きました。せいぜいが1万円台後半~2万円台くらいで「格安」って言ってるものだと思ってました。ごめんなさい。(・ω<)
※ちなみに、freetelの存在もWP発表するまで知りませんでした、申し訳ありません

 

 さて、こんな具合に格安端末をメインで扱うfreetelからWP端末が出てくるわけです。過去のインタビューで、「他の端末と並べたときに高いと感じるような値段にはしない」という趣旨の発言をされていたと思いますが、一体どれくらいの価格になるのか、気になって仕方がありません。

 そこで、今回他の取り扱い端末の価格から、勝手に僕個人が予想してみました。特に根拠となるものが無いのでスペックで比較して、まぁ大体この辺じゃね?という程度の予想に過ぎません。ご了承くだしあ。

 今回比較に使ったのは、

freetel priori2 LTE

freetel nico

freetel XM

 の3機種。それぞれ、スペックと価格を比べてみました。

  freetel priori2 LTE freetel nico freetel XM
OS Android 4.4.2 Android 4.4 Android4.4
CPU 1.2GHz クアッドコア 1.3GHz クアッドコア 1.2GHz クアッドコア
Snapdragon 400 (MSM8926)?
RAM 1GB 1GB 1GB
ストレージ容量 8GB
+microSD
8GB
+microSD
16GB
ディスプレイ 4.5インチ 854×480(FWGA) 5.0インチ 1280×720(HD) 5.0インチ 1280×720(HD)
カメラ 背面5MP、前面2MP 背面8.0MP、前面2.0MP 背面8.0MP、前面2.0MP
バッテリー 1700mAh 2000mAh 2300mAh
サイズ 幅66.3mm
高さ132.8mm
厚さ8.9mm
幅72mm
高さ145.5mm
厚さ8.85mm
幅70.4mm
高さ142.3mm
厚さ7.8mm
重量 132g?
(記載なしのため、同型モデルと同じと推測)
157g 132g
価格
(端末のみ)
17,800円 17,800円 24,980円

 

 こんな感じでした。
 一番スペックが上位モデルにあたる freetel XM ですが、CPUやRAMを見る限りはそれでもミドルレンジといったところでしょうか。これらの中で、今わかっているfreetel製WP端末「ninjya」のスペック(KAZAM 450WLベースとするならばの仮スペック)と最も近い構成なのは、 この中では最も高スペックのfreetel XM でしょう。

  ninjya(KAZAM 450WL) freetel XM
OS WindowsPhone8.1 Android4.4
CPU

1.2GHz クアッドコア
MSM8916(Snapdragon410)?

1.2GHz クアッドコア
MSM8926(Snapdragon 400)?
RAM 1GB 1GB
ストレージ容量 8GB + microSD 16GB
ディスプレイ 5.0インチ 1280×720(HD) 5.0インチ 1280×720(HD)
カメラ 背面8.0MP、前面2.0MP 背面8.0MP、前面2.0MP
バッテリー 2500mAh 2300mAh
サイズ 不明 幅70.4mm
高さ142.3mm
厚さ7.8mm
重量 約140g 132g
価格
(端末のみ)
??? 24,980円

 

 近いもの同士で比べてみました。こうして比べてみると、 ninjya もミドルレンジのスペックではあるものの、現時点でfreetelが扱っているスマートフォンの中では高スペックになることがわかります。
 そして、ほぼ同等の freetel XM が24,980円で販売されていること、これらと比べて「高いと感じるような値段にはしない」発言などを考えると、恐らくですが 25,000~28,000円あたりの価格で登場するのではないか?と筆者は予想します。

 

 途中で書いた通り、特に根拠とするものが無い(強いて言えばスペック程度ですが)、ただの予想に過ぎませんので、決して鵜呑みにはしないでください。
 しかし少なくとも、IS12Tのときのような高すぎィ!(新規一括で7万円以上)な価格設定になることは無いでしょう。26日にどこまで発表されるのかは不明ですが、価格や発売日などが明らかになることを期待しながら、そのときを楽しみに待ちましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中