Windows10、Windows10 for phones のスペック基準が明かされる

 中国で開催されているWinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)にて、Microssoftは Windows10、および Windows10 for phones のハードウェアスペックの要件を公開しました。

image 
※資料より引用

 資料によれば、Windows10 for phones の画面サイズは3~7.99インチまで。解像度は最小が 800 X 480(WVGA) で、最大が 2560 X 2048(QSZGA) までをサポート。そして、解像度ごとに最小のRAM容量が定義されていることがわかります。

 現時点では、RAMはLumia1020 や HTC One M8 for Windows、FZ-E1などが搭載する2GBが最大値ですが、今後出てくる端末で解像度の大きいものがあれば、それを軽く上回ってくる可能性がありますね。

 しかし、上記資料で気になるのは……名前が「Windows Mobile」となっている点です。これが次期バージョンの正式名称になるのでしょうか? もしそうならば、一度捨てたはずの名称に戻ることになるわけで……色々思うところあり、個人的にはWMの名称に戻すことは反対です。

 

 尚、資料は コチラ から参照可能です。
 この記事ではPhoneのほうの一部しか取り扱ってませんが、その他の要件やデスクトップのほうについてなども記載されていますので、興味のある方は一度ご参照あれ。

広告

Windows10、Windows10 for phones のスペック基準が明かされる」への1件のフィードバック

  1. “Windows Mobile” Hardware Requirements:Windows Mobileの要求端末
    ではなく
    Windows “Mobile Hardware” Requirements:Windowsの要求携帯端末
    という意味だと思われますが

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中