4年という歳月

 4年前の3/11、東日本大震災がありました。被災され、今も避難生活を余儀なくされている方々もまだいらっしゃいます。私は千葉県在住なのでもうすっかりいつも通りの生活に戻っとりますが、今でもあのときのことはよく覚えています。

 当時の私は、WindowsMobileユーザーでした。
 WindowsPhoneは国内発売前から追いかけていますが、WMのほうは逆に「IS02」が発表されたころから入ってきた、後期……というか末期のユーザーです。(実際に使用していたのはT-01B)
 T-01Bは、今では珍しくなったフルキーボード搭載端末。そもそも発売当初はまだ、スマフォ自体が珍しがられていた気がします。
WP_20150312_19_50_43_Pro

 WMはバッテリー持ちが正直悪くて、しかも搭載容量も少なかったのでバッテリー切れにはいつも悩まされていました。そんな私を見て同僚の方々から「そんなにバッテリー悪いのによく我慢できるな?」と言われることも珍しくなかったです。
 それでも使い続けていたのは、やはり便利だったから。

 そして大震災の日。
 このT-01Bは、大活躍してくれました。被災場所の関係であまり情報が入ってこない中、私はT-01Bで色々なとこのニュース情報をかき集めながら同僚達と情報共有できたので、何が起きているのかは多少は把握できていたので、大変助かりました。(まぁ実感湧いたのは翌朝、駅のテレビで映像で津波の光景を見てからなんですけどね)

 また、訳あって解散になったのが夜11時半頃だったのですが、そこからとりあえず歩いていけるところまで行こう、となったものの全員が土地勘0の場所だったので、地図をどうするかという話になったのですが、それもT-01Bに助けられました。

 20150312110357 20150312110257

 純正のGoogleマップアプリがありましたので、そいつを見ながら歩いたおかげで迷ったりすることもなく進めました。

 

 実際、周囲でもiPhoneを持っていた人が同様に役立ったという話がかなり出てきて、それまでスマフォに興味なかった人も手を出し始めていました。震災の件が無くてもスマフォは流行っていったでしょうが、震災がその流れを大きく加速させたと思っています。

 4年。
 4年経って、その間にWMが死に、WPのIS12Tが発売され、嫁のLumia900 Whiteに出会い、WP8がWP7世代が切り捨てられたうえに8世代が日本では出ず、長い長い氷河期のような時期が続きました。
 そんな季節もいよいよ終わりを迎えそうだ、というタイミングで迎えた大震災の日。ふと、当時のこととT-01Bのことを思い出したので、思ったことをまとまりなくつらつらと書いてみました。たまにはこんな投稿も、許してくださいね。(>ω・)

20150312121003 
(久々にT-01Bを起動してみました。私のホーム画面はこんな感じでした)

 

※尚、この話をするのが3/11ではなく1日遅れている理由は、私にとって震災の実感があったのが、1夜空けた3/12になってからだったためです。別に昨日分の投稿のときに忘れてたわけじゃないです。……ほんとですよ?

普段からあんまり推敲しない私ですが、今日はいつにも増して勢いだけで書いているので、多少変なとこがあっても気にしないでください。

※WMでは公式のGoogleマップアプリがあるのに、WPではいまだに出ていないという悲しい現実……。gMapsさんにはいつもお世話になっております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中