freetelのWPと同じ? Kazamの「KAZAM Thunder 450WL」

 先日freetelよりWP端末が夏までに発売される、というニュースが突然流れてきて各所でお祭り騒ぎも収まりつつある今日この頃。皆さん如何お過ごしでしょうか。私はもう、いつ出るのかいつ出るのかと既にソワソワし始めたころです。

 いざ出る、となると次に気になるのは、その端末のスペックというもの。
 マウスコンピューター製の端末はまだ開発に着手という段階の発表しかないため、外観のイメージ写真しか存在せず、スペックもLTE対応SIMフリーということ以外は何一つ判明しておりません。
 一方、freetelの端末については、公式プレスリリース上でその一部スペックが公開されているのはご周知の通り。しかしあくまで一部でしか判明しておらず、その詳細は早くても3/2からバルセロナで行われるMWCからの報告を待つしかない……そう思っておりました。

 しかし。
 WPcentralさんでfreetel端末が取り上げられた記事の中で、「これこの間のKAZAMと同じ端末だよね」(超意訳)という指摘が行われている(同様の指摘を、日本の blog of mobile さんでもされております)のを発見し、状況が変わりました。


↑KAZAM製「Thunder 450WL」とされる端末画像(WPcenntralさんの記事より引用)
確かにfreetelのプレスリリース画像の端末と似ている……

 

 KAZAMは、元HTC幹部の人らが設立したイギリス新興企業。今まではAndroidを中心に取り扱っていたようですが、先日のプレスリリースでWindows8.1タブレットと共に、WP端末として「450W」、そして「450WL」を発表。MWCへの展示を行うことを明らかにした模様です。

 もし仮に、この端末「」がfreetelのWP端末と同じモデルだとした場合、スペックなどは以下のものになる模様です。

  freetel プレスリリース資料 KAZAM 450WL
OS WindowsPhone 8.1 WindowsPhone 8.1
CPU クアッドコア 64bitプロセッサ 1.2GHx クアッドコア
MSM8916(Snapdragon410?)
RAM 1GB 1GB
ストレージ容量 8GB 8GB + microSDカード
ディスプレイ 5インチ 5インチ 1280×720
カメラ 8MP、2MP(フロント) 8MP、2MP(フロント)
バッテリー 2500mAh 2500mAh
LTE周波数 不明 800、1800、2600
重さ 不明 140g

 

 といった感じ。
 端末画像、及びスペックを見比べる限りでは恐らく同じモデルのもので間違いなさそうと思われます。となると、140gという重量は中々に軽量で、個人的には十分「あり」な端末と言えそうです。
(参考:Lumia830は150g、Lumia925139g、IS12Tが113g、FZ-E1が456g)

 LTE周波数帯は発売国によって変えてくるでしょうから、あくまで参考程度ですが、その他のスペックについてはそんなに大きく違いは無いものと思われます。薄くて軽めな端末が大好きな僕としては、重量に関しては全然OKな範囲なので、あとは厚さがどれぐらいのものなのかが知りたいところ。

 明日からのMWC、そして同等モデル(と思われる)450WL、そのどちらからもしばらく目が離せませんね!続報に期待しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中