WP向け公式Twitterクライアントに待望の更新が

 WP向けTwitter公式クライアントが、21日に更新されておりました。
wp_ss_20150122_0001

 ただ単に更新されただけならば私そんなに取り上げたりはしないのですが、今回はちょっと気になる更新内容があったので記事にしてみました。

 細かい部分は時間が無いため(Windows10発表イベントがもうすぐ始まるため)省かせていただきますが、大きな変更点として、下記2点が挙げられます。

・WindowsPhoneの共有コントラクトに対応

・PeopleHubとの連携機能

 

◆WindowsPhoneの共有コントラクトに対応

 こちら、ようやくかという感じですが、WPの共有コントラクトに対応されておりました。
 例えば、InternetExplorerのメニューバーにある「ページを共有」やサードパーティ制アプリで文字列を共有できる機能などがあります。今まではこれらの共有先の候補として「Twitter」が無かったのですが、ここに表示されて共有できるようになりました。
wp_ss_20150121_0009

 

◆PeopleHubとの連携機能

 twitterのメニューの中に、こんな項目が増えておりました。

image  wp_ss_20150121_0003

 PeopleHubにフォローしているユーザーをダウンロード?なんのことだ?
 と思われた方もいらっしゃるかもしれません。これはどういうことかといいますと、単にPeopleHubのリストの中にTwitterでフォローしているユーザーを表示できるようになった、ということです。尚、このオプションは規定でONになっておりました。

wp_ss_20150121_0008

 PeopleHubの「設定」 > 「連絡先リストにフィルターを適用」を開くと、リストに表示する情報ソースを選ぶことが出来るのですが、ここにTwitterが追加された形になります。これによって、TwitterでフォローしているユーザーもPeopleHub上のタイムラインに表示できるようになりました。
 また、フォローしているユーザーは他のリストに出ているユーザーと同じように扱えますので、Facebook情報とリンクさせたり、グループの中に入れることも出来るようになっております。

image  ←例

 これらの更新によって、より一層WPが使いやすくなりましたね!!

 

 

 

◆だが待ってほしい

 WP7の頃からWPを愛用しているような聡明なユーザーならば、既にお気付きのことであろう。これらの機能は多少UIや操作性の違いはあれど、WindowsPhone7の時代には当たり前に出来ていた機能なのである。

 何故、WP8では今まで出来なくなっていたのか?

 理由としては、WP7はTwitterの機能がOSに組み込まれていたのに対し、WP8ではその部分が分離されていたためです。分離した理由はいくつか推察できますが、組み込んだままだった場合に例えばTwitterが何らかの機能変更があった場合に、その対応のためだけにOSそのものを更新する必要が出てくるためではないか、と思われます。
 機能変更もそうですし、何らかの障害があったときにOS側にもその影響が出ないように、と、分離されていたのではないか、と。Facebookも同様の理由で分離され、単独のアプリになっているものと私は思っています。

 いずれにしろ、今まで出来ていたものが出来なくなり、不便に思っていたユーザーにとって今回の更新は、嬉しさとかよりも何よりも「やっとか」という感じかと思います。私もまさかこんなに時間かかるとは思ってませんでしたよ!
 特に、共有コントラクトに表示されないのはあんまりにも不便だったので、代替するアプリを作ろうかなと最近考え始めていたくらいでした。未着手でよかった……。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中