FZ-E1が我が家にやってきた(5)

 今回はFZ-E1周辺機器の中でも最も注目度がありそうな、クレードルについてです。

image

 

 FZ-E1純正オプション品は、公式HPに載っているものによれば

・クレードル
・ホルスター
・バッテリーパック
・ACアダプター
・カーアダプター
・クレードル(4連式)
・バッテリーチャージャー(4連式)

 などがあります。ホルスターやアダプターなどは特にこれといって言及する部分はないと思われます。(ちなみにホルスターは購入済みです)なので、今回はクレードルについて見ていきましょう。
 ちなみに4連クレードルなどという 頭おかしい品 どうあがいても法人等で大量購入時にしか使わないようなものは、流石に買っておりませんので、ご了承ください。

 

・そもそもクレードルってなに

 という方もいらっしゃるでしょう。簡単に言ってしまえば、スタンド型の拡張機器で、本体を差し込むことで充電したり、物によってはクレードル側にLANポートやUSBポートがあり、そこから有線LAN接続したりキーボードやマウスに接続させることが出来るもの、となります。
 本体をぶっ刺した状態の画像はTOP画像を見てもらえば一目瞭然ですね。

image 

 横から見るとこんな感じになっており、意外と奥行きがあることがわかります。

image

 後ろ側はバッテリーパックを充電できるようになっております。本体と一緒にバッテリーの充電ができますし、バッテリーパックのみの充電も可能です。

 

image  image  image

 

image  image  image

 クレードルに別端末を設置してみたときの写真も載せておきます。
 FZ-E1はデカいですがクレードルにセットするとバランスよいため、パッと見でクレードルのサイズがそんなに大きくないように錯覚してしまいますが、ご覧の通りクレードル自体もかなりデカいので、購入を検討されている方は設置場所に気を付けましょう。
 僕は設置場所が確保できなくて困っております。

 

・ところで

 僕は先程、クレードルの説明で「物によってはクレードル側にLANポートやUSBポートがあり、そこから有線LAN接続したりキーボードやマウスに接続させることが出来る」と書きました。
 このFZ-E1/FZ-X1用のクレードルでは、

image 

 はい、USBポートとLANポートがありますね。
 ということは、ここからFZ-E1に有線LAN接続したり、マウスやキーボードを認識させることが出来る……!?

 

・有線LANを試す

 というわけで、まずは有線LANから試してみましょう。ワクワクしながらVAIO Duo11に刺しているLANケーブルをぶち抜き、クレードル側へ差し込みます。

image

 そして、FZ-E1からSIMカードを抜き取り、WiFiもOFFにしておきます。

image

 そしてドキドキしながら、IEで適当にページを開いてみます。
 すると……!

 

 

 

 

wp_ss_20141010_0004

 残念ながら、クレードルを通して有線LANからのネットワーク接続は出来ない模様です。
 ほんと残念。

 

・USBポートを試す(仮)

 続けて、USBポートを試してみましょう。
 残念ながら、手元にUSB接続のキーボードが無く、USB to USBのケーブルも無かったため(後者は自分でもビックリ。1本くらいあると思ってたんですけどね……)、試したのはUSB接続のマウスのみです。
 マウスはUSBポートにドングルを刺してマウス本体とBluetooth通信するタイプのやつです。(普通にUSB有線接続マウスも家にはありませんでした)

image

 こちらもやはり、特に反応はありませんでした。
 まぁ上記の通り普通の有線タイプのマウスではないという部分もありますが、そもそもドライバとかがちゃんとインストールされるとは思わないので、最初からこちらは無理だろうなーと思っていましたとも。ええ。
 同じくキーボードも多分出来ないでしょうが、そちらについてはまた別の機会に、チェックだけはしておきたいところですね。

 

・何のために……

 というわけで、有線LANポートもUSBポートも、FZ-E1では使用できませんでした。
 では何のためにクレードルにポート付けてるんだ、と思いの方もいらっしゃると思いますが、恐らくこれは、兄弟機である「FZ-X1」(Android搭載)のほうで動作するのではないか、と思います。
 Androidはあまり詳しくないのですが、Androidならマウスやキーボードが有線接続できる、とどこかで聞いた覚えがあります。恐らくそれ用かと。

 ただ、有線LANについてはちょっとだけ期待していました。
 というのも、WP7.x世代のころはPCにmicroUSBで接続している間、PC側の回線を借りて通信することが出来たのですが、これがWP8.x世代からは出来なくなってしまっており、国内のWPアプリ開発者達は「通信を使ったアプリ」の実機テストが出来ないという問題に直面しておりました。
 FZ-E1がクレードル経由で有線LAN接続できたとしてもこの問題が解決するわけではありませんが、上記のような背景があったため思うところがあり期待していたのですが、残念です。
 もしかしたら何か条件があるのやもしれませんけれど……今後何か判明したら、ここの記事に取り上げていきたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中