FZ-E1が我が家にやってきた(4)

 連続でどんどん行きましょう、FZ-E1。
 今回はFZ-E1で見つけた意外なカスタマイズポイントをご紹介。

 ひとつ前の記事で「機能スイッチ」として紹介した側面ボタン。
 公式HPを見てみると、実は前面部のボタンも「機能スイッチ」という名称が使われていることにお気付きでしょうか? 

前面※画像は公式HPより引用

 

 さて、FZ-E1にプリインストールされているアプリを見ていたところ、気になるものがありました。
wp_ss_20141003_0002

 名前が長過ぎて切れちゃってますが「ユーザーボタンマネージャー」です。
 これは一体……と思って起動してみると、

 

wp_ss_20141004_0004

 なんかこんな画面が立ち上がりましたよ!?

 この、初期設定となっているところをタップすると、以下のようなメニューが表示され、ボタンを押したときの挙動をカスタマイズできるようです。マジか!
wp_ss_20141003_0005

 尚、ここでボタン設定を割り当て出来るのは「全面右ボタン(要は検索ボタン)」と「側面機能スイッチ(バーコードリーダーの照射してたやつ)」の2つです。

 例えば、この中の「アプリケーション起動」を選ぶと、次はなんのアプリを起動するかを選択する画面になります。

 

wp_ss_20141003_0006  wp_ss_20141003_0007

 しかし、残念ながらインストールされている全てのアプリから選択できるわけでは無い ようです。何らかの条件があるのか、あるいは選択できるアプリはこれで固定なのか。恐らく後者だと思います。
 ただ、それでもあまり使用頻度が低いと言われていた検索ボタンの挙動を変更出来るのは地味に嬉しいですね。とりあえず僕は何かとデモ?する機会が多いので、バーコードリーダーを単押しに割り当てました。(たまに検索ボタンは使っているので……)

 もし、ここで起動させるアプリケーションを増やす術があるとするならば、夢が広がりそうですね。また、同様のカスタマイズが純正WPにも可能なのかどうかも、ちょっと気になります。……恐らくWE8Hだから出来ている(許されてる)ことだと思いますけど。

 

 というわけで、FZ-E1で見つけた予想外なカスタマイズポイントのご紹介でした。
 バーコードリーダーとかヒーター内蔵とかの公式HPに書かれている分は知っていたので感動こそすれ驚きはなかったものの、これは最初に気付いた時に「ふぁっ!?」と変な声をあげてしまいました。
 まだ他にも隠れているのかもしれませんね。また何か見つけたら、記事にしていきたいと思います。

 FZ-E1特有部分に関する記事もそうですが、そろそろWP8と共通部分の記事(それも、技適通ってないと確認できない部分など)を書いていきたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中