秘宝の突然変異

 WindowsPhone8.1への正式アップデートが海外で始まっています。(※)

 7月中旬から開始されたアップデートは、主にLumia向けのものとなっており、「WP8.1」 + 「ファームウェアの更新等を含んだLumia向けの更新内容」という構成内容になっており、「Cyan」と呼ばれています。
 Lumiaは過去にも「Amber」や「Black」と呼ばれるアップデートを行っています。今回の「Cyan」とあわせて、色の名前をつけているようです。おしゃれですね。

 WP8.1自体は、Lumia630発売時には既に端末に搭載されていました。そのLumia630は5月末には既に発売開始されていたため、WP8.1自体の提供開始は、実は5月末には既に始まっていたんですね。5月末に日本で行われたMSイベント「de:code」のときには既に8.1公式版が出回っていたわけです。(ただ、まだタイミング的に日本国内での入手が困難でしたので、会場で630を持っている人は見かけませんでしたが)
 また、製品自体の
サポートライフサイクルも6/24からとなっています。

 ところで、WP7.8のライフサイクルは 2014/9/9 までとなっています。
 もう2か月無いんですよね。

 一体いつになったらWP8世代の端末が日本で出るのか?
 MSの人に会うたび、誰彼かまわず 「WP8はまだですか」と手持ちのLumiaをチラ見せしながら問いかけ続けていますが、そろそろ流石に明確な答えを出していただけないですかね?
 今の私にはただ、いつか出ることを祈りながらWP向けアプリを作ることしかできないのが悔しいです。ただ、WP8.1とWindows8.1とで「ユニバーサルアプリ」という形でコード共有が可能になっていますので、その全てが無駄になるわけではありません。
 随分と長い雌伏の時が続いています。まだ諦めていません、互いに頑張りましょう。


 ところで、巷では人気のWindows8タブレット。「艦これ」人気のおかげということにされていますが、実際のところどうなのかは置いといて、僕は「Miix2 8」を購入して割と活用しています。というのも、艦これプレイも勿論そうなのですが、Officeが使える点や8インチなのでタブレットとしてWebブラウジングやTwitter、そして何よりWindowsが載っているということでVisualStudioをインストール(※1) してWPアプリの開発に使っていたりします。
 メイン開発機ではありませんが、ちょっと出先での閃きでコードを弄りたくなったときや、簡単なコード修正等が気軽に出来るので、割と重宝しています。

 

 そんなMiix2が、本日ぶっ壊れました
miix8_break

 もうダメだぁ、おしまいだぁ……。

 

 これからの季節、夏休みや盆休みなどで行楽に出かけることも多くなるでしょうが、タブレットやスマートフォンを持って行く場合は、うっかり落としてこんなことにならないよう、十分に注意しましょう。(虚ろな目で) ※2

 

※1.ただしOSが32bit環境なため、WP7.xかWP8.1向けしか開発できません。8.0向けのために必要なVisualStudio2012 Express for WP(WP8.0 SDK)はインストール要件に「64bitOS」があるためです。何故か2013では緩和されました。

※2.「こんなとき、FZ-E1だったら……」とか思った貴方、ちょっと夏の暑さに頭がやられている可能性があるので気を付けましょう

破片やかけらから、私は生きている部下たちを呼び返すのです。
――マローの魔術師モリモ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中