血の署名

01

我がWindowsPhoneファミリーに、新しく Lumia 720 Yellow が加わりました。

———————————————————————————————————

Lumia720はWP8を搭載したNOKIAのグローバル端末です。主なスペックは以下の通り。

ディスプレイ:ゴリラガラス、IPS液晶 4.3インチ WVGA(800 * 480)

CPU:1Ghz デュアルコアCPU(SnapdragonS4)

RAM:512MB

ストレージ:8GB microSDカード対応

バッテリー:2000mAh

寸法:127.9 * 67.5 * 9 mm 重さ128g

その他:NFC対応、Qi対応(別売りのカバー必要)、6.7MPカメラ、フロントカメラあり

価格:大体3万円(おおざっぱ)

 

と、いった感じの、いかにもミドルレンジ向けの端末となっております。

最上位種であるLumia920,925と比べると、CPUとメモリに差があり、特にメモリは1GBあるので720はその半分ということになります。ストレージについては標準では8GBしかありませんが、microSDカードに対応しているため、こちらは特に問題になりませんね。

720の何よりの特徴は、その「薄さ」「軽さ」にあると私は考えています。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、Lumia920は10.7mmとやや厚めであり、重さに至っては185gと結構重いです。下手するとファブレット並みの重さをしており、この重さがネックになって批評されている様を随所で見かけます。

720はそれを改善しようとした結果なのか、128gまで軽量化することに成功しました。持ち上げたときの感触としては本当に軽く、長時間もっていても句にならないでしょう。920の重さになれていた私でしたが、これを持ったことで「あ、920ってすっげー重いんだな」と再認識したくらいです。また、厚さもとても薄くなっており(数字上では1.7mmの差ですが、これが結構大きいです)、その薄さと相まってより一層、軽く感じることが出来ます。IS12Tより軽いと思ってしまうほどに。(IS12Tは113gなので、本当はIS12Tのほうが薄いです)

こんな軽くて薄くて、WP8がサクサク動く端末が3万円なのです。キャリア契約とのセット販売ならば当然、もっと値段が下がるはずですので、これが例えば日本国内で発売されていたならば、いきなり一括1万円切りも狙える圏内ですね。実に素晴らしい。

 

例によって、いくつか写真を載せておきましょう。

02

Expansysさんから届いた直後の写真ですね。右にあるのはQi対応のスタンドです。左にある520は、私のではありません。ありませんよー。

 

 

03

箱から出したところです。うーん、美しい。

 

 

04

日本語ロケールは搭載されておりました。こうでなくちゃね。

 

 

10 11

見た目はこんな感じ。裏面のカメラ周りのデザインは、Lumia900や920とは異なるデザインですね。

 

 

12

そして恒例の、フリスクとのサイズ比較です。まずは正面。至って普通のスマートフォンサイズですね。

 

 

13

そして横からの比較。Lumia720の薄さ、おわかりいただけただろうか?

 

 

14

Lumia920と比較してえみました。これでもう少しわかりやすくなったでしょうか?

 

 

15

こちらはT-01Aとの比較。はじめてT-01Aをさわったとき、随分薄いんだなと驚いたものですが、720も負けておりません。というか、今調べてきたらT-01Aは9.9mmなので720のほうが薄いんですね!ひえー。

 

—————————————————————————————————-

というわけで、ここまで外観に関するレビューでした。720に関してはもう1つ記事を書く予定です。あんまり期待していなかったところで結構驚かされたのです……。何に?というのは次回の記事で。

さて、今回紹介したLumia720は国内では未発売の端末です。Lumiaシリーズ自体がそうなんですが、そもそも日本ではいまだにWP8が発売されていないという状態です。それに対して、有志による WP8の発売を求める署名活動 が、始まったようです。

5月。docomo、au、softbankそれぞれのキャリアから夏モデルの発表会が開かれましたが、今回もWindowsPhoneの姿はありませんでした。ある意味では想定内でしたが、IS12Tの発売からもうすぐ2年を迎えようとしているのに、一体いつになったら出てくるのでしょう?

僕の知る限りではそこそこ期待しているユーザーはいますし、IS12Tのときに興味をもったけど値段をみて引いていく人たちを多数見ました。なので要望がないわけがないだろう!と思いつつ、そういえば基本的にSNS上でしか発言していなかったようにも思います。反省。そこで、au窓口へ要望メールをブン投げたりしてみました。ツイッターでその旨を呟いたところ、他にも何人かの方が続いてくれたようです。

au側は、いきなりまとまってWP要望メールが届いたからなのか、返信は丁寧なものでした。それをここに載せることは出来ませんが、要約すると「出す出さないは答えられないけど、要望としてあげておくよ!」とのこと。

しかし、まだこれでは足りない気がします。何かほかに方法はないものか……と考えていたところで、タイミングよく、いっちゅうさんがWP発売を求める署名活動を開始してくださった、と。

実名での署名となるため、やや抵抗感のある人もいると思いますが、WPを求めて止まない人は、署名してみてはいかがでしょうか?

そこまでじゃないけど……って人も、協力してくれると、全国のWPクラスタが喜びますよ!

 

 

「我が求める対価は唯一つのみ。にもかかわらず、お前は我を求めたのであろう。 何ゆえに今更ためらうのだ?」

――ザスリッドの悪魔

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中