アプリレビュー:RPGゲーム「Chaos Rings」

blogを移転したので、折角だから今まであんまりやったことのないアプリレビューなんかも、やっていこうかなとか考えています。

というわけで、試験的な意味合いもありますが、記念すべき第一弾は、スクウェア・エニックスの「Chaos Rings」というRPGゲームです。

公式サイトは コチラ

ダウンロードは コチラ

あらすじ(公式サイトより引用):

腕利きの殺し屋、東方の国の姫君、巨大な斧を携えた大柄の戦士、褐色の肌の女戦士。

「代弁者」と名乗る謎の存在によって世界中から5組の男女が集められ、生き残りをかけて戦うトーナメント「アルカ・アレーナ」の開催が宣言される。

戦いに拒否権はなく、逆らえば死。

それぞれのペアは、ここが何処なのか、何故戦うのかも知らされぬまま、命を賭けた戦いに巻き込まれて行く。

勝利者には「不老不死」が与えられるというのだが……。

本ゲームはiOS、Androidで既に公開されているゲームの移植作品となります。そちらでプレイしたことはないのですが、動画などを見る限りではベタ移植のようですね。とはいえ、WindowsPhone でも特に問題なくさくさく動くしあがりです。(ちなみに私は本作をLumia900Whiteでプレイしました)

キャラクターは3Dで描かれており、動作には結構スペックを要求しそうな作りになっていますが、普通にヌルサク動きます。これといってかくつくこともあまりなかった(たまーに、少しだけかくつくことがありましたが)ので、動作についてはあまり心配しなくて大丈夫かと思います。

RPGとしてはオーソドックスなターン制RPGとなっており、後述するような少し独自のシステムもありますが、抵抗なく受け入れられるシステムになっています。既にターン制RPGには飽きている方もいらっしゃるかもしれませんが、電車内などで片手間に遊ぶ分には、むしろシンプルなシステムのほうがやりやすくていいと思います。

操作性はかなり快適です。というのも、キャラクターの移動時などは、画面のどこをさわっても操作可能なのです。よくあるスマフォゲームでは仮想スティックの位置が画面のどこかに固定されていますが、本作は指で触れた位置を中心にいてスティックが表示されるので、電車の中などでも片手で気軽に操作可能です。これ、使ってみるとかなり便利で、操作しやすいですよ。

(右側に出ているスティックがそれ。触れてないときは非表示で、画面に増えると触れた位置に自動的に出てくる)

ただしコマンドの位置が右側に寄っているため、左手持ちする人では操作し辛いのがやや難点。右手で持ってる分には、本当に片手だけで操作は事足ります。

上記操作性などだけではなく、イベントや戦闘の演出なども極力短めに抑えられており、さくさく進められます。スマフォゲームが電車などでの移動中にプレイされることを、しっかりと意識している証拠だと思います。また、セーブも基本的にはどこでも可能で、万が一のために自動セーブも行われているので、アプリが落ちたときにも直前から続きをはじめられます。戦闘バランスもぬるめで、さくさくレベルがあがりますが、ボス戦などはそれなりにレベルをあげておかないと苦戦する、いい塩梅になっています。

しかしストーリーはそこそこに濃厚です。全部で4組のペアから1組ずつ選んでそれぞれのストーリーを進めていくうちに、次第に謎が明らかになっていきます。特に、後半から選べるようになる2ペアは物語の核心に迫る部分も多く、目が離せません。

 

物語の核心についてはネタバレになるので語りません。

戦闘の独自要素としては「ソロ」「ペア」という行動パターンがあげられます。ソロなら1人づつ行動し、ペアでは2人で同じ行動をします。攻撃や魔法の効果などは倍以上の性能を発揮し、また自分たちにかける魔法やアイテムは2人が対象になります。しかしデメリットも存在し、相手の攻撃は2人で受けることになります。このときダメージは半減されるわけではないので、タイミングを見誤ると返って不利になってしまいます。

 

(1枚目がソロの場合、2枚目がペアの場合)

もう一つの要素としては「ブレイクゲージ」というものがあります。これは、敵味方双方のどちらが優勢か、というのを示したゲージであり、ダメージを与えることで変動していきます。有利な側のダメージには上方修正が入るため、なるべくプレイヤー側が優勢な状態を保っておきたいところです。

これら戦闘の要素は、文章だけ見ると取っつきにくい(私も最初はよくわからなかった)ですが、やっていれば次第に慣れてくるので、あんまり難しく考えなくていいでしょう。

(画像左上の丸いゲージが「ブレイクゲージ」)

BGMは上松 範康氏による豪華なBGMで、どうやらサントラも発売されている模様。実際、ゲームの雰囲気にマッチしており、重要なボス戦のものなどは私も結構気に入っています。

 

 

ここまで基本べた褒めでしたが、難点がないわけではありません。

例えば、戦闘は気軽にできる反面、単調でやや飽きやすいです。また、ダンジョンの敵も使いまわしが多く、同じダンジョンを4組それぞれで攻略していくので、後半ではアンジョン攻略がだるいです。(パズルなどは同じではないのでまったく一緒というわけでもないのですが……)

そして最大の難点は「WindowsPhone7.5」のみ対応というところ。国内で考えれば何も問題ないですけど、海外展開もしてるようなので(シェア考えれば当たり前ですが)、WP8対応版が出てくるのを期待したいところです。もちろん、外伝や続編の移植も……ね。

・総評

ストーリー:★★★★

音楽  :★★★★★

ゲーム性:★★★★

はまり度:★★★★

お手軽度:★★★★★

こんな感じでしょうか。

というわけで、Chaos Ringsの魅力は伝わりましたでしょうか?上にも書いた通り操作が手軽にできるので、「スマフォゲームはバーチャルパッドが苦手で……」と敬遠していた方は、試用版もありますので一度遊んでみることをオススメしますよ!

しかしこうやってレビュー書いてみて、いかにレビュー書くのが難しいのかよくわかりました……世のレビューブログ書いてる人達を軽く尊敬しますね。今後これだけの労力を費やしてもいい、と思えるアプリがまた出てきたら、また書くかもしれませんね。

※本記事中のSSはLumia900Whiteで取得しています

※これら画像の著作権は全て株式会社スクウェア・エニックス様に帰属します

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中