贅沢なスピリット

 先日、原宿はKDDIのデザイニングスタジオまで、IS12Tの実機を見に行ってきたのでその雑感などを。
 まずは写真を中心に貼っていきます。
 ※残念ながら端末を評価するというレベルでのまともな写真はございませぬ。
  自分の写真撮りの下手さを呪うレベルです。グギギギ……。
  メインとしては、別端末との比較写真になります。

 左が私物のHTC 7 Trophy。
 右が言うまでも無く皆さんご存知の、IS12T。
 写真では丁度USBケーブルで充電中で、Windowsロゴが点灯しているのがわかります。

 端末サイズ比較。
 縦はTrophyのほうが若干短いですが、横幅はほぼ互角。IS12Tのほうが細長い分、スリムに感じました。
 分厚さ比較。ちょっとIS12Tがななめってますねぇ……とはいえ、IS12Tのほうが薄かったです。さすが。

 次は愛機、T-01Bとの比較。
 サイズ、厚さともにIS12Tの勝ち。まぁかたやスライド式キーボード付きなのだから致し方なし……。

・さわってみた感想 ※OSの感想についてはMangoβで慣れているので、割合します

 まず手にとって驚くのがその軽さ。軽い、あまりにも軽すぎる。スリムなデザインの見た目で軽そうに見えますが、それよりもさらに軽く感じました。この軽さならば長時間手で持ってても苦にならないでしょう。というか本当に1460mAhのバッテリーはいってるの!?
 しかしあまりに軽すぎるのと、HTC製のようにラバー加工されていない手触りのせいか、なんかものすごくやすっぽさすら感じてしまいました。軽さを追求した思わぬ弊害と言ったところでしょうか……。ただ、私は普段から重い端末ばかり持ち歩いているので、そのせいかもしれません。あと慣れればなんてことないでしょう。
 出来ればポケットにいれてみてどう感じるかとかもチェックしたかったんですが、そのまま間違えたふりしてもちかえtt  いやいや、流石に展示物をポケットに入れるのはまずいだろうと思って未チェックです。

 色について。
 当初マゼンタ画像が出回ったころ、どぎついピンクやなぁ……と思いましたが、実機は思ったほどピンクでなく、赤が混じっている感じ。というかマゼンタって色を僕知らないんですが、もしかして赤系統の色なんですか?(駄)
 他、写真は撮ってませんがシトラスとブラックもありました。ブラックはともかく、シトラスもさほどど派手という印象はそんなに感じなかったです。写真で見てるとど派手に見えるんですけどね。私はブラックが欲しいんですが現状持っている端末が黒多めなのでシトラス狙っていこうかなぁ……。

 画面サイズについて。
 愛機T-01Bが4インチ、Trophyが3.8インチで、IS12Tは3.7インチ。
 3.8インチのTrophyは小さいと気にならない程度でしたが、先日HTC 7 Proも買って3.6インチをさわったところ、これが思ったよりも小さい。触り始めはそんなに小さくないかなと思ってたんですが、ちょっと使ってたら小さかった。なのでIS12Tの3.7インチにも不安を感じたのですが……ギリギリOKなレベルのサイズ。これなら操作に苦はさほどない、かな。
 とはいえ私の指は結構大きいほうなので、偏った意見だと思いますのでご参考までに。

 カメラについて。
 高性能! 以上!!
 いや他に何を書けと。画質はかなりいい感じのものが撮れていました。あ、あとTrophyに入れているMangoβでは出来ないんですが、写真撮るときに画面を指でタップすると、その位置に自動的にピントをあわせてくれる便利機能がありました。あれはOSの機能なのか、IS12Tの機能なのか、そこはわかりません。
 あ、ちなみにカメラフラッシュは付いてます。

 ハードボタンについて。(戻る、ホーム、検索)
 ぶっちゃけ押しにくい。もう少し、もう少しだけ縦幅を取ってほしかったです。
 ただまぁイライラするほど押しにくそうでもなさそうです。というか私の指が大きいだけですね、はいすいませんでした……。
 それは置いといても、私としてはやはり誤タッチがほぼ無くせられそうなので、ハードボタンが物理キーなのは大歓迎です。

他、気になって近くにいた店員に尋ねてみたものなど。
Q:メール未読のときとかに点滅するランプってないの?
A:ありません。ただしロック画面で確認できますし、タイルにも表示されます。

Q:フラッシュを簡易ライトとして扱えるアプリとかはプリインストールされてないの?HTCのやつみたいなの。
A:ありません。(あれあるとかなり役に立つからほしいなぁ災害のときとか、と呟いたことに対して) なるほど確かに。ご要望として本社にお伝えしておきます。

 他の質問は割合。

 総評。
 やはり細かいところで不満はあるものの、個人の好みによる所以も大きく、全体的にはいい感じの端末に仕上がっていると思います。前の記事でも書きましたが、端末の差別化が難しいWP7で「最高クラスのカメラ」「防水、防塵」「1460mAhの安心な量のバッテリー」「カラバリ」「物理ボタン」と、かなり個性豊か且つ受け入れやすい要素を取り揃えていると思います。現状海外含めて発売されている端末含めても、上位に食い込む出来だと思います。
 とはいえやはり初物。不安は付きまといますしまだ国内で対応しているサービスも少ないです。AndroidやiPhone黎明期のころのように、多少は不便な思いもすることになるでしょう。しかしそれでも私はこれを、推したいと思います。
 先日、DoCoMoの株主総会で、DoCoMoは来夏の発売を検討しているとの発言があったそうです。私はDoCoMoユーザーなのですが、来夏では遅い、遅すぎるよ。ということでauにMNPすることを確定しました。DoCoMoさん10年間ありがとう。……他にも同じ考えの人は多そうな気がします、はい。

 以下に、少ないですが他の写真(主に俺得なもの)などを乗せておきますので、ご参考までに。

 あ、あともらったカタログの写真なども。
 スキャナで取り込め?ねぇよそんなもん。

 いやぁ発売がほんと楽しみですね。


持ち物が少ないほど、心配事も少ない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中